1
/
5

【役員インタビュー vol.1】


株式会社コインパーク
取締役 営業本部長
Sales Dept. Genaral Manegar

本間 靖士 Honma yasushi

コインパークに入社される以前は何をされておりましたか?

大学を卒業した後、飲食関連の方でアルバイトからの正社員登用として飲食業界に就職しました。その頃飲食というと今とは違い、24時間営業が先駆けになっている状態だったんですね。人手を増やさず24時間営業に切り替えていくという中で、自分の目指している方向性とは違うのと飲食業界での未来が見えにくく感じ始めたことをきっかけに転職を決意しました。

イメージとしては何か会社として強みがある環境で、なおかつ営業未経験でしたのでまずは営業として力をつけるべく無形商材を扱える業界を探していました。その時コインパークとご縁があり採用していただきました。

営業としては初めて未経験で採用された中途社員でした。

中途採用第1号の営業職採用だったんですね!
未経験から現在の役員になるまでに壮絶なストーリーがあったかと思うんですがいかがでしょうか?

そうですね、営業としてかけていく中で、当然お客様から学ぶことが非常に多いので お客様からお叱りを受けたりなど、営業マンとして失敗することは勿論ありました。

同じ過ちを起こしてしまうことは、お客様からの信頼を自分で裏切ってしまうことになるので、失敗を繰り返さない取り組みは重要でしたね。その中で営業に励み責任者まできたタイミングで大阪支店の立ち上げを任され、0から土台を築き上げました。その後、東京に戻ってきてからは一旦は営業から離れ、コインパークのメンテナンス管理部門の統括をしていたという時系列になります。

当時を振り返っていただいて、その時代での営業活動は現在と比べると結構大変でしたか?

そこは今より大変でしたね。今では技術が普及していて、土地の所有者をネットから調べることは可能なのですが、その時代は登記所まで足を運び手で写すという作業をしていましたからね。今ではそれこそ1日に何件もの訪問が出来ていますが、今と昔では1件1件の重みはかなり違うとおもいますね。笑

いきなり営業になるということで不安もあったかと思うのですが、ワクワク感の方が強かったですか?

そうですね、わくわく感の方が強かったです。それまでは食事とか飲み物など形のある商品をお客様に提供するサービスをやっていた所からの、駐車場の営業ですからね。未経験で出来ることの可能性と、特に駐車場をやりたいと思っていない人をどうしたらやっていただけるのかという所に楽しみやワクワクを感じていました。

何もないところから自分で作り上げていく、オーナー様も駐車場を運用することで経済面もそうですが、実際自分の土地が駐車場になりお客様が快適に使っていただける光景を見ることが出来るのは営業をしていて良かったなと思える最高の瞬間ですね。自分のお客様をどんどん作っていきたいと前向きな気持ちになるんです。

実際これまで営業をご経験をされ、"営業マンとしてのやりがい"と"逆にここはちょっと苦しい"という部分を教えていただいてもよろしいでしょうか?

そうですね営業的な喜びというのは、自分のお客様同士のつながりから仕事が生み出せることは非常に大きいです。地主さまからのご契約も多いですが、横展開で新たなお客さんを紹介していただいたりと新たな顧客ができるっていうのは確かなやりがいだと思います。数年かけて1回の付き合いではなく、2回目3回目のリピーターになり、お客様の紹介を得られる流れがあるというのは、ほかの仕事とはちょっと違うかなと。

大変なところでいうと、本当にこの業界は小さいところから大手まで競合他社はかなり存在しています。そこから自分という存在をお客様に選んでいただくということは、まず一つの営業の壁かなと思っています。

やはり自分の大事な資産を赤の他人がいきなり来て直ぐに貸すかとなると、信頼が得られていなければ必ずうまくいきません。そうした中でのお客様とのコミュニケーションが非常に重要なんです。同時にこれは、本当にすぐできるものではないと思っています。相手がやりたくないと思っている状態から、駐車場を運用してみたいと判断していただけるまでは大変だなと感じながら営業をしていました。

ただその苦悩を越えてこその達成感ややりがい・楽しみがあると思いますね。

なるほど。やりがいも大変なことも表裏一体みたいなところですよね。
営業において大事にしている軸などはいかがでしょうか?

そうですね、ただ駐車場を提供するだけではないところに弊社の大事な部分があります。

例えば駐車場を設置したことによるお客様への経済的なメリットは勿論ですが、それを設置したことによる近隣環境への影響なども考慮しております。駐車場を作ったことにより多くの人々が快適に過ごせる未来を見据えた環境を作り上げることになります。

レイアウトや看板関係もしかりです。

これは印象に残ってるなと感じたエピソードを教えてください。

やはり初めて契約が取れたことは非常に印象に残ってますよね。ご提案をさせていただいた後、契約してくれるかどうかの保障がないままご理解を得るまでに1ヶ月程かかりましたから。契約時に涙が出そうになったので間違いないです。笑

今となっては、若い子たちが初契約をしたときは凄く気持ちがわかりますし、達成感をチームのみんなと味わえることは本当に素晴らしいことに感じます。ただ継続的に結果を出すことが一番大切であり、そこからが最も難しいところだと思います。

今後どういう組織を作っていくか、また現在どんな組織があるかを教えていただきたいです。

今本社で第一事業部と第二事業部に分かれていて、横浜営業所と大阪支店4つの部署を構えています。営業であれば営業チームというように孤立しているわけではなく、各事業部に営業と駐車場の管理をする管理係、駐車場の造成をする工事係、営業事務といったワンチームでやらせていただいています。情報交換がしやすい環境で全員仕事が出来るんです。非常に風通しが良く目標に対して成果を上げやすい体制が出来ていると思います。



今後人を増やしていくにあたってどのような事業計画を整えていく予定ですか?

やはり我々の業務は土地ありきの事業なので、将来的にはそれこそ地方であったり支店の数は増やそうと考えています。その為には潜在的なニーズを拾い上げていき基盤作りから0ベースで作っていかないといけないですね。

コインパークが力を入れてシェアを広げていくということは、まだまだできるとは思っています。同時に採用と拠点拡大を進行出来たらいいなと考えていて。ただ時代も時代ですし駐車場をただ作るのではなく、電気自動車や自動運転など何か付随したサービスも展開はしていきたいですね。

具体的な数値面で中長期的にこうなっていたい等の目標はありますか?

現在弊社は26期で、28期には売上100億円達成を考えています。この業界ももちろん変化が多いわけで、中々先を読みづらい部分ではありますが、まずは5年を見据えた拠点拡大をメインとしていますね。人数としては現段階から30人程でしょうか。営業を増員していきたいですね。

どんな人が向いてるか?

自分の目標に対してコツコツ積み上げていける人は営業で強いと思います。実際に営業活動は断られるケースが非常に多いのでアグレッシブな行動が取れ、質も求めることもできる人。

あの頃の自分にアドバイスするなら全部頑張れよといいたいです。ただ若いころはお客様に寄り添って信頼関係を築くことが一番大事だとこれまでの経験から感じています。

最後に応募者に対してのメッセージがあれば教えてください。

自分がやればやる分だけ成果が帰ってくることは第一に伝えたいです。頑張った分はしっかりと見ていますし、評価やチャンスを与えられる環境は絶対にあります。昨今のこういった情勢ではありますが共に頑張っていける方からのご応募を是非お待ちしております。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
未経験としてコインパークに入社され役員の立場まで上り詰めた本間さん。これまでのご経験から伝えられることや今後の方向性など大変魅力のある内容をお伺いすることが出来ました。

今回のお話で入社後のイメージが少しでもできたら嬉しいです。
コインパークについて少しでも興味を持っていただけた方は、ぜひ一度面談に来ていただきたいです。新卒社員も参加する座談会や面談の場で気軽に話しましょう♪

株式会社コインパークでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
今週のランキング