1
/
5

一度は断念した『子育てと仕事の両立』働くママが語るWILLCOで続けられる理由とは

こんにちは!株式会社WILLCO 広報部の上原です!

今回は、仕事と子育てを両立させるワーキングママにインタビューしてみたいと思います💪

『子育てと仕事の両立は可能なのか』『WILLCOで働きやすいか』『会社に直して欲しいところ』など...
ズバッと聞きいていきます!会社の細かなシステム上の話ではなく、働くママさんの正直思うところなどを深掘りしました。

それでは、早速行ってみましょう!!

△画像:宮宇地さんと2人のお子さん

1. 自己紹介
名 前:宮宇地さん
出身地:愛媛県
趣味・特技:料理が得意!食育アドバイザーの資格を持ってます!
      お酒大好き🍺
性格:ハキハキしてる

宮宇地さんには、旦那さんと2人のお子さん(4才と2才)がいらっしゃいます。
妊娠した際に働いていた会社を辞め、2人目出産後、他の会社に3ヶ月ほど在籍。

子育てと仕事の両立が厳しくなり、WILLCOへ転職されました。
今は、弊社のLEGAL JOB BOARDのライターとして活躍されています!

2. 子育てと仕事の両立って可能なの?

──すごいざっくりした質問ですが、子育てと仕事ってどちらが大変ですか?

そうですね、もちろんお仕事も大変ですが、私は子育ての方が大変なんじゃないかなと思います。
私の性格もあると思いますが、子育てだけになると疲れてしまうので、仕事が良い気晴らしになってます!

子育ての大変なところは、時間が読めないところです。
子どもによるとは思いますが、病気がちな子だったら病院につれて行かないといけなかったり、熱がでた時は保育園に迎えに行かないといけなかったり...。仕事だったら、頑張って早く終わらせられる業務が多いですが、子育ての場合頑張ってもどうにもならないことが多いですね。

唯一、子どもたちが静かになるのは、アンパンマンのゲームをしてる時かおやつを食べる時!笑

特に最近は自粛要請が続いていて、力の有り余った子どもたちがお家の中で暴れ回るので
その中で仕事をすることはどうしても効率が落ちてしまいます。

──なるほど。僕も年の離れた弟が2人いるので気持ちがわかります。難しいですよね。周りのママさんたちの仕事と育児の両立はどんな感じでしょうか?

働いている人が半分、専業主婦の方が半分、と言ったところですかね。

今でこそ在宅ワークでオペレーションしている会社が多いですが、以前までは「出社しないと働けない!」みたいな(ママ友が働く)会社が多かった印象です。要するに在宅ワークのシステムが整えられてなかったんですよね。

そうなると、子ども熱を出した場合、「残りはお家でやります!」といったことができないため、休みを取らざるを得ません。また、インフルエンザや水疱瘡(みずぼうそう)が流行る時期があって、子どもがかかってしまうと、1週間以上出社できなくなるので会社へ迷惑をかけてしまいます。

それが理由で退社し、やむを得ず専業主婦になる方が多いと思います。
(中には仕事が嫌いで、専業主婦になることを望んでる友達もいます笑)

今回の自粛要請のおかげでと言っちゃあれですが、在宅ワークが簡単に利用できるとなると
子育てとの両立がしやすくなるかもしれない!といった声も聞きます。

3. 「子育て」への理解について

──システムを整えることは第一歩として重要ですよね!ですが、周囲の(子育てへの)理解がないと両立は難しいかと個人的に思います。そのことについてはどう考えますか?

出産後に働いていた会社よりも、今の会社の方が周りの理解がある気がします。

やっぱり社長がイクメンなので、会社全体にもそういう雰囲気があるのかもしれませんね。笑

以前、子どもが熱を出した時も「早く迎えに行ってあげて!」「お大事にね」などと周りの方から優しいお声かけをいただきました。そういった皆さんの温かさを感じれるので、感謝の気持ちでいっぱいです。

──出産後に違う会社で働いていたそうですが、少しお話を聞かせてください。WILLCOとの違いはありますか?

2人目の子を産んだ後に仕事を探し、3ヶ月間だけ他社の営業アシスタントとして働きました。
100%在宅で正社員と好条件だったのですが、わけのわからない業務量があったりとか、その他にも融通が聞かない部分もあり退社しました。

昔、副業でライターをしていたので、『アルバイトでも良いから働こう』と思いWILLCOの募集に応募しました!WILLCOでは、契約社員として働かせてもらっています。
前職に比べて融通をきかせてくれるので、とても働きやすいです。出社出来ない時は、合間時間で勤務したり、休日働いたりして補っています。

以前は正社員でバリバリ働いてて、子供が生まれた後ライターや求人作成のお仕事をしている方もいらっしゃるみたいです!それぞれのライフステージや家庭環境に合った仕事をくれることがWILLCOの良いところだと思います。

まあ、同じような環境の人ばかりじゃ会社として成り立たないかと思いますが。笑

─確かに!子育てとの両立は『どんな職種に携わっているか』も大きく関わってきますね。ちゃんと社員一人一人と向き合ってくれているからできることですよね!

4. 働くママのこれから!

──人事の川島さんから、Webデザインの勉強をしているという話を聞いたんですが、それについて少しお話を聞きたいです!

はい、そうです!3月から1ヶ月ほどWebデザインの学校に通っていました。今は独学で勉強しています!
元々、資格を取ったりするのが好きで、ライターの仕事をしていくいうちにWebデザインにも興味が出てきて勉強をはじめました。

今の世の中を生き抜くためにも何かスキルを持っていたい!という思いもありましたが、お世話になっているWILLCOに恩返しをしたいという気持ちもあります。本当につくづく思うんですが、

子育てしながら仕事をするのは、私一人の力じゃできない
ことです。

だからこそ、それを可能にしてくれているWILLCOにはとても感謝しています。

デザインの勉強は空いた時間でできることなので
自分次第で意外とできるものだったりするんです。だから今後、実践的に使えるようになったら
、私がみんなに支えてもらった分新しいスキルを使って貢献したいと思います!

──僕も見習いたいくらいの向上心です!!ここまで、宮宇地さんがWILLCOのことを褒めすぎるので、なんか胡散臭い記事になりそうですよ。笑 もし『会社にもっとこうして欲しい』といったことがあれば教えてください!

褒めすぎましたか、すみません。笑
本当に思い浮かばないんですけど、将来的なお願いはあります!

ママさんの間で「小4の壁」という言葉があります。それは、子どもが小学校4年生になると学童に入る条件がいきなり厳しくなることを指します。家での留守番をすることもできますが、プレ思春期も始まるため親としては少し不安です。

私が入社した時に比べると社員の人数も倍近くなりました。会社が大きくなっていく中で、今までのように働き方を相談したり、できなくなるのではないかという不安もあります。もちろん、WILLCOはベンチャー企業なので様々な変化があり、周りに適応していかなければなりません。

私も柔軟に適応するよう頑張るので、今後また何かあれば相談させてください!よろしくお願いします🙇‍♀️

──なるほど、年を重ねれば楽になるわけじゃないんですね。まだ手のかかるお年頃だとは思いますが子育てとお仕事の両立これからも頑張ってください!貴重なお時間ありがとうございました!

5. WILLCOで長く続けられるわけ

──今まで話してきた内容を振り返ると、

・子育てへの理解がある
・(以前から)在宅ワーク、時短勤務、休日出勤が可能である
・社員一人一人と向き合い、ライフステージにあった仕事を割り振ってくれる

この3点があるからこそ、WILLCOで長く働き続けられるんですね。

これらは、文面で見ると簡単に見えますが、実現することはかなり難しいはずです。

現在、多くの会社が「働き方改革」「ワークライフバランス」を謳っています。しかし、一体どれだけ多くの働く主婦・主夫さんが働きやすい会社で働いているのでしょうか。子育て支援のためのシステムを有効的に活用しているのでしょうか。
移り変わる環境の中で、小手先だけのシステム・制度を変えることは、実質的な問題解決にはなりません。今まで培ってきた会社の価値観、文化をも変える必要があるのです。

子育てと仕事の両立は、私一人の力じゃできないこと

宮宇地さんの言葉がとても胸に響きました。どんなにシステムを変えても、制度を新しくしても、それを利用する「人」が変わらないと変化の意味を成しません。子育てと仕事の両立については、会社も当事者意識を持つべきだとわかりました。

今回の記事は、いかがだったでしょうか !

序盤のノリとは考えられないくらい真面目な締め方になりましたが、ご了承ください。笑

少しでもWILLCOのことを知っていたら嬉しいです🙇‍♂️

Wantedlyでは、他にも社長をはじめとした社員インタビューや、インターン生の実態なども記事にしています。ぜひ気になる方は読んでみてください!


↓社長の記事

↓新入社員突撃インタビュー

↓インターン生の実態


【リクルートサイト↓↓】

株式会社WILLCOでは一緒に働く仲間を募集しています
9 いいね!
9 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社WILLCOからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?