1
/
5

「食材で笑顔を繋ぎたい。」私がえがお八百屋を選んだ理由。

初めまして!
えがお八百屋インターン生の笹川鈴夏です。

今日は、何故私がえがお八百屋でインターンをしようと思ったかをお話させて頂きます。
えがお八百屋を選んだきっかけ、実際の面談の様子などリアルな声をお届けします!

<プロフィール>



食べることが大好きな大学三年生。
教育学部に所属していて、外国にルーツをもつ子どもに向けた教育支援など、
多文化共生教育について学んでいる。
人の笑顔を見ることが好き。
5月にえがお八百屋インターン生として入社。

人の役に立ちたい。長期インターンを探すきっかけ

私が大学三年生になった時に真っ先に思い浮かんだ言葉が「就活」でした。

教育学部には所属しているものの、
しがらみの中で教育をする教員にはなりたくなくて、
でも他に何がやりたいか全くわかりませんでした。

インターネットで就活のことを調べているときに、
まずは自己分析をしよう!という文言を見つけて
実際にやってみることに。

すると、人の笑顔を見たときに強い幸福感を感じるということが分かりました。
「人の役に立つ仕事をしたい」
この気持ちが、私の中で仕事を決める大きな軸となりました。

ただ言われたことをやるだけではなく、
自分で考えたことを具現化できるような環境に身を置きたい。
そういった気持ちからベンチャー企業に焦点を置いてインターン先を探しました。

目指すものは、安全な食材が並ぶ食卓。えがお八百屋との出会い



すると出てきた「えがお八百屋」の文字。
コロナ禍で事業を起こして、まさに今だからこそできる事だと感じました。
さっそくお話をさせて頂くことになり、カフェでフランクな面談をしました。

代表の君さんがどのような気持ちで事業を起こしたのか、その考えを聞けば聞くほど
私はえがお八百屋に惹かれていきました。
具体的には、いかに安心して食材を食べられる生活を送るかということに
フォーカスしている点に魅せられました。

とはいえ、君さんは料理が苦手らしく…(笑)
ちゃんとしたものを食べたいけど手間はかけたくない!
そんなワガママな願いも、農薬不使用の野菜なら叶うということを知りました。
皮まで食べられるのはもちろん、土がついていても食べられるくらい安全で安心な野菜なんだとか。
その話に衝撃を受けた私は、是非それを自分自身で体験して、
また世の中の人に発信したいという気持ちが高まりました。

そこからテストとして企業比較と考察を行いまとめたレポートを
提出して、晴れてえがお八百屋のインターン生として入社することができました!

まだ入社したばかりですが、スタートアップの企業で勤めていると
とにかくスピード感があって毎日が新しい経験の連続でとても楽しいです!
写真は君さんとリモートワークしている様子です。
大きい大根が届いて興奮しています(笑)

人と人との笑顔を繋ぎたい。その思いで頑張っていきます!

またしばらくしたらインターンを始めてみて自分の中でどんな変化が起きているか
シェアしていけたらなと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
是非ホームページもご覧くださいませ!

えがお八百屋ホームページ
https://egaoyaoya.net/

株式会社 HRCでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング