1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「三年で退職をして、次の道へ進みたい」 第ニ章

新卒としてインオーダーに入社

入社してからは、コンサルティング営業として、

京都の企業・お店の採用活動のお手伝いをさせていただきました。

日々の仕事は、必死。

まさか自分が営業するとは・・・と思いながらも、

お客さんの今後の展望など熱い話を聞くと、目頭が熱くなったり、

お客さんの思い描く人が採用でき、お客さんと大喜びしたり、

大変なことも勿論、たくさんありましたが、

とても充実した日々を送っていました。

当時の上司は私が目指す道を知ってくれていたので、

「そんな対応していたら、アカンのちゃう?!」と

私の対応で不適切なところがあったら、正してくれたり、

「退職後も必ず役に立つから挑戦してみろ!」と

チームリーダーになることを後押ししてくれたり・・・

今、思っても、退職すると決まっている私に対して、

私の成長を思い、接して頂けたことは感謝しかありません。

結果的に、3年半、勤め、インオーダーを退社しました。


夢への道から一転

その後、東京へ住まいを移動し、

アルバイトをしながら、求職活動を行っていました。

半年後、憧れのフェアトレードを運営している会社に内定を頂きました。

現実は、葛藤の日々。

現地の人と関わりたいのに関われず、

経理補助・直営店の販売・発送準備などの業務を行ってばかり。

なかなかやりたいと思える仕事が出来ず、悶々。

扱っている商品の中にフェアトレードの服があるのに、

私はファストファッションの服に身を包んでいたり…

自分の中に矛盾点があり、

未熟すぎる私は、そんなことを考えてばかりで、

ついには

体調を崩してしまいました。


自分の憧れていた、夢焦がれていた仕事だったのにも関わらず、

自分から身をひいてしまいました。


(今、振り返ると未熟故の結末で、皆様にお話していて、本当に恥ずかしいです。)


インオーダー再入社に至るまで

その後、結婚・出産を経て、

不動産会社の社長室で仕事を始めました。

仕事内容は、代表が全社に対し、新たな取組みを開始する際に

その仕組みを作り、全社に発信し、実行する仕事をしていました。

ゼロからイチを作り上げる面白味を日々感じていましたが、

代表の思いと社員の思いに大きな乖離があることに

違和感を感じながら仕事をしていました。

そんな時にインオーダーの代表・松岡より(実は同期入社です)

「関東にあるオフィスで、良かったら働かないか」というお声かけを頂きました。

私の中で

インオーダーの考えが好きで

インオーダーで働いている人が好きで

インオーダーで働いている自分も好き。

大学生時代から常に「やりたいこと」を持っていたのに

今はなにもない!

「なりたい自分の姿」も明確にない!

そしてもう一度「やりたいこと」が見つかるのではないかと思い、再入社を決めました。

出戻りの自分を受け入れてくれるか

とても不安でしたが、

笑顔で受け入れてくれたメンバーには

本当に心から

感謝しています。


今、思うこと

そして今、私の心の中もやっと少しずつ変化しています。

このストーリーを書くにあたり、自分の人生を振り返ることで、

自分の好きなこと・大切にしたいことは何かが見えてきました。

単語にしてみるとこんな感じ。

♯人材

♯営業事務

♯英語

♯ボランティア

でも「♯ボランティア」は仕事にはしません。

ここから私が生きていく中でどんな形であっても関わりたいと思っています。

ここに1本、線を引けたことが私の中では変化・進化。

例えば、子供と一緒に地域のボランティア活動をする、

海外から来る留学生や技能実習生のフォローをするなど・・・。

決して、それを生業にすることなく、でも人生のどこかで関わっていたいと

思っています。

ここが明確になっただけで視界良好!!(笑)


インオーダーは

「会社」というコミュニティを<道具>として捉え、

自分の思い描く「なりたい自分」に近づく為に、

働ける場所だと、経験上お伝えすることができます。

つまり、みなさんが挑戦したいと思っている夢も「今スグ」ではなく、

社会人として働き、レベルUPしてから、目指すのも良いのではないかと思います。

インオーダーには「こうなりたい」という思いを持っているメンバーが今も今までもいます。

退職後、それを叶え、中学校の教師になった人、海外で仕事をしている人、起業をした人、

様々なタイプの人がいます。

今は次のステップのために成長するタイミングだ!と思っている方、

または、

自分がどこを目指したいのか全く見えないという方、

インオーダーは「一生働き続けられる会社」を求めるよりも、

「一生働き続けられる自分創り」を目指し、 自身のキャリアを創れる場です。

そんな当社に少しでもご興味を持たれた方はぜひ「話を聞きにいきたい」を押してくださいね!

株式会社インオーダーでは一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング