1
/
5

【社員インタビュー Vol.14 / Webディレクター 】メディア事業拡大のキーポジション。0から答えを導き出すべく、自らの思考と行動力を発揮し攻守両面の戦略立案に着手。

攻守両面の戦略をしっかりと形作り、チームの仲間とともにメディア事業全体のグロースを目指します。

メディア戦略室 Kさん


ー仕事内容について教えてください。

大きく分けると3つあります。

1つめは、協業メディアの戦略立案です。協業先をどう見つけていくか、提携するためにどうアプローチしていくかという戦略を立てています。今後メディアの複数展開を行い、メディア事業全体をグロースさせていく上で、非常に重要な業務だと思っています。

2つめは、カスタムライフの運用保守。カスタムライフの記事を活用し、よりよい記事の作成方法や最も効率的な情報の更新方法などのルール策定を行っています。売り上げを維持、さらに高めることも重要ですので、どのようにしたら売り上げの高い記事になるのか、カスタムライフの記事を使って仮説・検証をしています。具体的に言うと、売り上げの高い記事・低い記事を分析し、SEOのトレンドで状態が悪くなっているものがあればすぐに見つけ出せるようなシステムを考えたりしています。

3つめは、マネジメント業務です。メディア戦略室はもちろんですが、協業メディアやインフルエンサーメディアがしっかりとスケジュール通りに回っているかなども含め、他の部署の動向を見ながら全社に関わる進捗管理を行っています。


ーカスタムライフに入社する前は何をされていましたか?

某大手企業で、飲食店に向けて販促支援ツールの営業をしていました。媒体に掲載し集客に繋げることが目的なので、他の営業担当が取ってくる飲食店よりも、お金をかけずに多くの人に認知してもらうためにはどうすればよいかを日々考えていました。媒体での検索アルゴリズムがどうなっているのかなど自分なりの仮説を立てながら、打ち出し方の工夫をしたり、提案を行ったりしていました。

また、契約したお客様の効果がきちんと出ているかの把握をし、効果が低いときには、ページ制作担当者になぜ現状の打ち出し方にしたのかなどのヒアリングを行い、自分なりに考えた市場のトレンドやお店の強みを伝え、表現方法などの改善提案をしていました。


ー社外への営業と社内の調整業務は今の仕事内容と通ずるところがありますね。では、カスタムライフへはなぜ入社しようと思ったのですか?

もともと新規事業についてのノウハウを学びたく、前社に入社したんですが、それができる部署に異動するまでに10年くらいかかりそうだったんです。それならば、大手企業にいるよりもベンチャーに行った方が、すぐにチャンスをつかめるかもしれないと考えるように。また、ネームバリューを持たずに実力で戦っていく力が身につくのではとも思っていたところ、ちょうど自分がやりたい方向性に近い内容でカスタムライフの求人が出ていたんです。



ー実際に働いてみて、やりがいやおもしろさなどは感じていますか?

そうですね。カスタムライフにはあまりルールがないんですよね。前社は大手ということもあり、あらゆるところで細かくルールが決められていたのでギャップはありましたが、カスタムライフでは自分で考えていろいろと作っていくことができるので、その作業がおもしろいです。

ルール以外にも、何もない状態や何も決まっていない中で、ゼロから考えて自由に動けるというのは魅力だと思います。自ら情報収集をして、頭を使って形作っていくのは非常におもしろいですし、自分にマッチしていると思っています。


ーでは逆に大変なことはありますか?

やりがいと表裏一体で、ルールがない点です。会社として1番よいルールは何なのか、いろいろな角度からの視点を意識しながら作っていくために、情報収集したり調整を行ったり、けっこう気を遣いながら整備していくので、大変なところではありますね。ルールがないからトラブルが起き、結果モチベーションが下がるというのが一番あってはならないことだと思うので、そのネガティブな要素をポジティブに変えていけるようなマネジメントや運営を行っていきたいと考えています。


ー今後の目標は?

今後のメディア事業を発展させるための戦略を立てていくことです。0→1で新しい協業先を見つけていく攻めの戦略はもちろんですが、守りの戦略もしっかりと形作って、チームの人たちが働きやすい環境にしていけたらと思っています。皆さんに働いていて意味があると思ってもらえるようにしたいんです。


ー最後にこんな人と一緒に働きたい!入社してほしい!と思うのはどんな人か教えてください。

先ほども言いましたが、カスタムライフは今まだルールが決まっていない状態です。なので、明確な答えがない環境下で答えを導き出していくことに興味がある人、そして自分はこうしていきたい!という想いと行動力のある人ですね。数字を扱う仕事でもあるので、頭を使って考えるのが好きな人と一緒に働いてみたいです。

また、社外の人とも関わることが多いので、さまざまなことを進めていく上で自己中心的ではなく相手のことを想って気遣いながら行動できるという点も大切だと思います。


ーありがとうございました。

株式会社カスタムライフでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
今週のランキング
株式会社カスタムライフからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?