1
/
5

なにをやっているのか

埼玉県内には53の商工会があり、5万3500以上の商工業者が加入しています。 商工会は商工業者を支援するともに、商工業の振興により地域の活性化・発展に貢献するのが主な役目。 また、商工業者の代表として、商工業者の声を行政に建議・意見具申(伝える)するのも大切な役割です。 こうした活動を通じて、地域の商工業者の繁栄と地域の発展に貢献しています。 ◇商工業者への支援活動 ①相談業務 新規事業の展開や経営の効率化といった 【経営に関する課題や労務、金融、税務、資金繰り】などの相談に応じています。 さまざまな相談を通じ、職員がアドバイスするだけでなく、ときには専門家に繋ぐなど商工業者と一緒に課題を解決します。 ②情報の提供・講習会の開催 企業の経営体質の強化を目指し、日々の企業訪問や講習会・セミナーの開催などを通じて、最新の情報を提供しています。また、会員同士のネットワークづくりを行っています。 ◇まちづくりの推進 商工業の振興には、人の集まりや街の賑わいも欠かせません。行政などとも協力して、”産業の振興”や”地域の活性化”を図り元気で活気がある「まちづくり」をしています。 また、産業祭をはじめとしたイベントを開催し「地域を盛り上げる仕掛けづくり」をおこなっています。 ◇商工業者の意見を行政に 商工会は商工業者の代表です。 地域活性化や街づくりについて商工業者らの意見を、行政に建議・意見具申(伝える)しています。

なぜやるのか

私たち商工会は、 「企業・地域を発展させ、盛り上げたい!」 と考えています。 \私たちがまず地域のみなさまに信頼され、親しまれる組織へ/ 愛する地域を盛り上げる第一歩となるために、私たちは次のミッションを掲げています。 【1】公益的な立場から「地域の中小企業や個人事業主に寄り添い、課題を解決していくこと」 【2】魅力ある地域づくりと地域経済を発展させること 【変化と継承】 一見すると相反するものかもしれませんが、 バランスを取りながら、「企業の発展・地域の発展」をおこなっていきます。

どうやっているのか

商工業者の相談に乗る立場として、私たちに必要なのは職員個々のスキルアップ! 私たちは人材育成と運営体制の強化を図っています。 ■人材育成 商工会の会員の業種は幅広く、経営規模もさまざまです。当然、ニーズや課題も多様で、私たちは幅広い対応が求められます。 これからの私たちは、基本的な経営や各種制度に関する広い知識を身につける一方で、的確なアドバイスをするために専門性も身につけていかなくてはなりません。 また、相談者の課題を的確に把握し、解決のための提案ができる理解力や企画力も必要です。 ①最新の情報を把握する情報収集力や相手から信頼される人柄 ②困難があっても諦めない熱意 ③職員同士が連携して課題にあたるチームワーク また上記3項目を大切にしながら人材育成に励んでいます。 ■運営体制(OJT・研修) こうした人材を育成するために、充実した【研修制度】を用意しています。 各種知識(税務や労務、ITなど)を学べる研修には力を入れており、職員は多くのメニューから自分が身につけたい知識・能力を選択することができます。 3日間、5日間、1カ月の長期間の外部研修なども受講でき、働きながら担当する分野の専門知識を深めることができるのが魅力です。 また、入社後すぐに新入社員研修ではマナーやがあり、経営者にお会いするときのマナーを学びます。挨拶の仕方や名刺の渡し方など、基本的な振る舞いを身につけることは信頼関係を築くのに重要です。 「自分にできるかな。。」 と心配されるかもしれませんが、先輩職員からのOJTもあるので、心配はありません。