1
/
5

RIZAPグループ新入社員が学生時代に力をいれていたこととは?〈若手社員紹介Vol.4〉

こんにちは!

RIZAPグループ22卒内定者の沼部一輝です!

今回は『若手社員紹介シリーズ』vol.4!
新入社員が学生時代に力を入れていたことにフォーカスしていきます。

◆質問内容◆
・就活中の軸とは?
・なぜRIZAPグループを選んだのか
・就活生へのメッセージ! など

就活生の皆さんが今後のキャリアを考えるうえで参考になるような内容になっていますので、ぜひ最後までご覧ください!

今回ご紹介する若手社員は、RIZAP(株)スタジオ管理部店舗管理ユニットでRIZAPの店舗出店や管理をされている木村美緒さんと、健康コーポレーションD2C事業部商品企画ユニットで健康・美容系の商品企画・開発・マーケティングをされている蔵原海人さんです!

〈インタビュー①教育系NPO団体でインターンをしていた 木村美緒さん〉

氏名:木村 美緒
入社年度:2019年
部署:RIZAP(株)スタジオ管理部店舗管理ユニット
就活時見ていた業界:人材・教育

※ユニットとは、一般の「課」に相当する組織になります。

Q.現在の“仕事内容”と“やりがい”

RIZAPの全業態の店舗出店業務、既存店舗の管理メンテナンスを担当しております。

出店は立地分析~物件選定~関係各所との打合せ~契約締結~交渉~内装レイアウト調整~工事マネジメントの全てを担っているのが特徴です。

完成した店舗を見に行くと、それまでの各所との調整が凝縮された空間に身がしまります。今回よりもっと良い店舗をつくっていこうと、次に向けてのモチベーションが沸く瞬間です。

Q.学生時代に打ち込んでいたこと

教育系NPO団体でのインターン活動に打ち込んでいました。高校から授業枠をいただき、高校生とボランティアスタッフが話をする中で、高校生本人の自己理解や自己内省を促す、いわゆるキャリア教育プログラムを提供している団体です。

200人以上の高校生、ボランティアスタッフ、NPO職員と対話を重ねる中で、人それぞれが自分のなかにないたくさんの価値観を大事にしていることを感じました。表出している数字や目の前の人の言葉、行動を自分の価値観やこれまでの経験だけから決めつけず、その背景を想像するということの大切さを学びました。

Q.就活の軸

「人の生活の基盤ではなく、人がより幸せになるサービスにかかわりたい」という思いがスタートでした。より細かく考えていく中で、誰かを幸せに“させる“ような仕事ではなく、誰かが自分自身で自分を幸せにしていく過程に携われる仕事をしたいと思い、人材業界、教育業界を中心にみていました。

Q.RIZAPグループを選んだ理由

1.自分の描く就活の軸と一致していたから。
2.早いうちに多くの経験を積むことができると感じたから。

1つ目はRIZAPのトレーニングを通して痩せる/筋肉をつけるという目先のゴールではなく、その先にある利用者の思い描く幸せまでを見据えている姿勢に惹かれました。また、それを達成するためにRIZAPが大切にしていたマインドと、自分が大切にしている価値観がマッチしていたことも決め手でした。

2つ目は失敗を前向きにとらえ、スピード感を持って挑戦していく社風を説明会で聞き、そのような社風なら自分も色々なことに挑戦できるのではないかと思ったからです。

Q.入社前とのギャップ

最初の配属から関わる取引先が多い部署だったので、自分が思っていた以上にいろんな会社があり、会社も人も働き方も千差万別だなと驚きました(笑)。RIZAPでいうと、誰もが名前を知っている企業にも関わらず、時に勇み足で大きく踏み出すところに驚きました。走りながら考えるところとスピード感は想定以上でした。

Q.RIZAPグループの冬インターンや早期選考を目前に控える就活生に一言

大学生活と並行しての就活は大変だと思いますが、新卒での就活は人生一度きりです。ぜひ、色々な会社や面接官、他の就活生との出会いを楽しんでください。社会のこと会社のことはもちろん、自分のことをいろんな面から知るいい機会だと思います(^^)

自分の内側をたくさん知り、外の世界をたくさん知ることで自分が「これだ!」と思える会社との出会いがきっとあると思います。

大変だと思いますが、応援しております!

〈インタビュー②地方創生のゼミ活動に打ち込んでいた 蔵原海人さん〉

氏名:蔵原海人
入社年度:2021年
部署:健康コーポレーションD2C事業部商品企画ユニット
就活時見ていた業界:人材・マーケティング・広告

Q.現在の“仕事内容”と“やりがい”

現在仕事は、D2C事業部商品企画ユニットで健康・美容系の商品企画・開発・マーケティングを行っています。やりがいは自分の考えを企画として形にし、社長に制作の直談判ができることです。また、その過程を経て、商品の開発・マーケと一貫して商品を作り上げることができるのはとてもやりがいです。

Q.学生時代に打ち込んでいたこと

地方創生のゼミ活動に打ち込んでいました。私生活では関わらないような地方に潜り込み、声を聞き、地域を見ると、そこには可能性があります。その可能性を着地型のビジネスモデルでどう落とし込むかに尽力していました。

具体をお話しするとジビエ(狩猟によって食材として捕獲された野生の鳥獣)の地産地消販促などがあります。表向きは販促ですが、裏は畑などの深刻な鳥獣被害などもあり、どうにかすべき問題でした。「地域」「媒体」「大学」を巻き込んで大きな一つのものを成し遂げる、とても良い経験となりました。自分の言動で周り人の行動も変わることに気づけた良い経験です。

Q.就活の軸

就活の軸は「人の可能性を最大化できるか」でした。業界は人材、マーケティング、広告など幅広く見ていました。「人の可能性」と大きく括っていますが、誰かが本気で作った商品に本気で向き合い、届くべき人に届いてこそ制作者・商品の価値が最大化されるという価値観のもと、マーケティングや広告も受けていました。

Q.RIZAPグループを選んだ理由

感覚的な話なのですが、面接で初めて泣いたのがRIZAPグループでした。ここで自分の本気度を確認することが出来ました。なぜここまで本気になれたのか考えると、理念に共感しているのは前提の元、他社と比べ若手が中心となって活躍している為です。どの事業を見ても若手社員が主力級に活躍されていました。就活の軸でお話しした「人の可能性を最大化」は自分も例外ではなく、人、環境を見て自分の可能性を最大化できると感じたためです。

Q.入社前とのギャップ

ポジティブなギャップがほとんどです。その一つとして社員の「親しみやすさ」を挙げます。入社前の社員のイメージはスーパースター軍団で話しかけるのもままならないと思っていました。しかし実際に入社するとスーパースターでありながら親しみを持って話しかけてくれます。お陰様で、人間関係で悩んだことはありません!

Q.プライベートで行っている趣味や活動

プライベートでは就活支援団体のコンサルや、フットサル、食べログ巡りをしており公私ともに充実しています。フットサルに関しては、RIZAPグループで1チーム作り、社会人フットサルに参加しています。「負けず嫌い」を全面に出しながら学生時代の部活の教え「スポーツに年齢は関係ない」を体現しています。(それも受け入れてくれる優しい社員の皆様です!)。スポーツを通すコミュニケーションは普段の仕事では味わえないような新鮮さもあるのでオススメです!

Q.RIZAPグループの冬インターンや早期選考を目前に控える就活生に一言

前提、就活に正解はありません。

結局は自分次第でどうにかなると思っています。自分を知り、会社を知り、ここでなら「成りたい自分に成れる」と思えるような環境があれば腹を括って飛び込んでみるのも吉です。「後悔先にたたず」とも言いますが、後悔しないよう、今を精一杯生きることに尽力するメンバーが弊社には揃っています。正解を選ぶのではなく、選んだ道を正解にすることが大事です。尽力した先で、一緒に働ける日を楽しみにしています!

お二人とも就職活動では「人」がキーワードになっていたのではないでしょうか。

RIZAPグループの理念は『「人は変われる。」を証明する』です。
お二人のような「人」をキーワードにした就職活動の軸をお持ちの方にはぴったりの環境であると言えます。
人に寄り添う事業を共に作っていきたい方はぜひ弊社の選考やインターンにご参加ください!

また、RIZAPグループでは、1年目から裁量を持って主体的に仕事を進めることのできる環境があります。学生時代から主体的に活動されていた方はもちろん、社会人になってからそのように働きたいと考えている方をお待ちしております。

以上若手社員紹介でした!

⇩他の記事はこちらから!

前回の記事

次の記事

RIZAPグループはこのような方々を歓迎いたします!!

  1. RIZAPグループの価値観に強く共感できる方
  2. 生産性高く、主体的に物事を進めていける方
  3. 爆速で変化する環境で大きな裁量を持ち、圧倒的な成長を成し遂げたい方
RIZAPグループ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング