This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

17 Live(イチナナ)は「夢を叶える場所」!大規模プロモーションの裏側をマーケティングチームに聞いてみた!

こんにちは! 17Media Japan採用担当の松永です。
社員インタビュー第8弾、今回はマーケティングチームの3名!

最近「17Live(以下、イチナナ)」の広告を渋谷駅や山手線車内、TVCMで見てくださった方も多いのではないでしょうか?
大規模プロモーション秘話など、マーケティングにお詳しい方も、それ以外の方にとっても、とても面白いセキララトークを聞くことが出来ました!

是非ご覧ください!

(写真 左:Naho 中央:Sho  右:Kyon )

◆皆さんのご経歴を教えてください!

Sho)
ミクシィに新卒入社し、広告営業部で広告の販売やタイアップ企画などをしていました。
他にも様々な経験をさせていただき、次第にTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアの広告枠を取り扱うようになり、広告代理店的な動きをしていたこともありました。
そういった経験を経て、当時関わっていた主要メンバー数人で独立しました。

Kyon)
2011年に新卒で経営コンサルティング会社に入社しました。
そこでは、経営コンサルタントとしてプロモーションや経営・事業計画立案のサポートなどを通して企業のお手伝いをさせて頂いていました。

その業務の中でプロモーション系の仕事が増えてきて、ある時から
「PRがうまくいけばこれ、経営に良い影響を与えられるかも」
と思ったたんです。

ただ、あくまでもクライアントのプロモーションで自分たちが決済権を持っているわけではないので、提案したプロモーションが進められないこともあります。自分のアイデアを形にしたいという想いが強くなり、転職を決意しました。

「事業会社でPRとして自社商品やサービスを知ってもらう仕事がしたいな!」という動機でUSJに入社しました。
「USJで広報やってました」
っていうと、
「取材勝手にきますよね?」
とか思われるんですけど、意外とそんな簡単なものではありません。
番組や雑誌でどういう企画をどういう内容でやってもらうかまで企画書に全て落とし込んで、営業活動をやるので、皆さんのイメージする華やかなイメージとは少し異なるかもしれません。

イベントのPRプランを考えたり、イベントをしたりと、大変でしたが自分の中ではとても良い経験になりました。

USJには5年くらいいたのですが、マーケティングの恩師にもそこで出会うことができ、広報としてすごく成長させてもらいました。
経験を積んだことによりある程度自分の中で、

「こうやったら成功するんじゃないか」
とか、
「もしこれ自分がUSJじゃなかったらどこまで何が出来るんだろ」

という想いが湧いてきて、
「エンタメだけどテーマパークではない。場所がなく、扱うものが見えないもの。」
というサービスを自分の力でどこまで持っていけるかな、と思ったのがキッカケで転職を決意しました。

17Media Japanと出会って、初めはもうとにかく「元気のある会社」みたいなイメージでした。
最終面接で会社に来させてもらった時に、あまりにも元気すぎて、この元気に付いていけるかってなって不安になった部分があったんです(笑)。

でもその時代表のHiroさんから

「これって人とキャリアを作っていく仕事なんだよ!」

って聞いた時に、

「人を楽しませる、人を笑わせる」ことが大好きななので、17Media Japanに専任の広報がいない中、一人で何が出来るか?という点で、チャレンジしたいなと思って最終的に入社を決意しました!

Naho)
今は、優秀なメンバーがそろっていますが、Shoさん・Kyonさんの入社前はデジタルマーケも広報もいなかったので、広報経験が全然ない中、プレスリリースなどPR業務を手探りでやっていました。

広報ってちゃんと戦略立てて走らせなきゃいけないのですが、兼務で担当していたのでそういうものも立てられないままとりあえず
「プレス出さなきゃ!」
と日々の業務に追われている状況だったため、Kyonさんが入社してくれて本当に助かりました!

入社前に会った時には、
「イチナナに来て〜!」
って、言ってました(笑)。

Kyon)
「そう、Nahoさんに来て!って言われたの覚えています(笑)」

◆Nahoさんはこの中で一番最初に17 Mediaに入社してくれたんですね!

Naho)

そうですね、私が2017年10月入社で、この会社だと結構ベテランの類に入るかもしれません。

私の経歴としては、IT企業を何社か経ているのでやってきたことは多岐に渡るのですが前職のメタップスでは、アプリプロモーションの支援事業をしていまして、オンライン広告メディアのアライアンス業務を担当していました。
具体的にはメディアリレーションの構築から広告メニューの販売、自社サービスのアプリ分析ツールとネットワーク連携に関わる仕事をしていました。メタップスでの5年間はどっぷり広告事業をやっていたのですが、広告だけでなく、よりサービス内部に携わっていきたいなと思い出したのをきっかけに転職を考え始めました。

そんな時に、出会ったのが代表のHiroさんです。

17 Media Japnが伸びている良い会社だとちらほら聞いていたのと、元々、エンタメには興味があり、今後働くにあたって関わっていきたい業界だと考えていたのでとても魅力的でした。

私の経歴からすると初めての業界になるのですが、私自身、知識・テクノロジーは人工知能(AI)や機械で代用可能になると思っていて、そういうインテリジェンスな部分より、もうちょっとクリエイティビティな部分にフォーカスした方が、今後5年、10年後を考えた時に私にとって正しい選択なのではと考え、17 Media Japnでならそういった部分の成長を実現できると感じ、転職を決めました。

あと、Hiroさんの人柄も決め手です(笑)


◆Shoさん、具体的に今ちょうど動いているマーケの施策を教えください!

Sho)
自分はデジタルマーケティングを担当しているのですが、主に獲得系のパフォーマンスアド常時まわしています。Facebook、Twitter、Googleなどの主要な媒体でのユーザー獲得を目的としています。


他にも、認知形成を目的としたプロモーションをおこなっていて、ファネルでいうAwareness(認知)やConsideration向上をオフライン施策と同時期に行いつつ、パフォーマンスアドの効果を最大化させる施策など。


「どうやったらクオリティユーザーを効率的に、かつ最大ボリュームで獲得できるか」


を網羅的に考えています。

ーtoB向けのマーケティングでは「マーケティングに魔法はなくて愚直にやっていく」と聞いたことがありますが、toCだからこそtoBにはない面白い点とか、いい点だと思うところはありますか?

「魔法がなくて愚直にやっていく」のは、toBだとまさにそうですし、toCでも基本はそうですなんですけども、一方で、魔法のようなことも稀に起こります。

例えばミクシィでは、ソーシャルの力でバイラルが走って、指数関数的にユーザーがガッと増えるみたいな経験をしたことがありました。

愚直にやるだけでなく、バイラルを生む仕掛けという企画が機能したから跳ねるということもありえます。
そういったマジックモーメントみたいなものが起こる瞬間が起こり得るので、魔法に近いという感覚に陥る事がやっぱりあると思うんですよ。

その他にイチナナのデジタルマーケをやっている中で、ライバー(配信者)とオーディエンス(視聴者)の両方からのフィードバックがあることは非常に嬉しいなと思っています!

ライバー側で考えると、ある意味彼らの人生を作っているという感覚を持っているので、責任があるというか、そこがやっていて面白いですかね。


ーそうですね。Shoさんが頑張ってユーザーさんを増やしてくれた分だけ、ライバーを応援してくださる方も増える。その点では、ゲームとは異なりライバーの生活を変えることに繋がりますね!

そうですね、やはり人が関わっているので。あと、17 Media Japanに入りたいと思った大きなきっかけの一つが、代表のHiroさんにミッションを聞いた時、

真っ先に「夢を叶える場所だ」という答えが返ってきたことです。

そういう夢を叶える場を作る仕事っていうのは絶対面白いと思ったんですよね。


ー2017年8月頃は「イチナナ」はまだ、全然知られてない感じだったんですよね。でも、先日いきなり渋谷駅に広告がバーンと出て、なんか突然現れた会社みたいな印象の方が多いと思うんです。


◆Nahoさん、そういった広告を出すまでの背景を教えてください!

Naho)
そうですね。今一応マーケティング施策全体のスケジュール管理だとか制作進行といったディレクション部分を私が担当しています。

直近のメインとしての業務は、渋谷のOOHを中心にやっています。(※OOH:交通広告や屋外広告など、家庭以外の場所で接触するメディアによる広告の総称のこと)
去年末に企画があがって最短のスケジュールを組んで進めた結果、今年の2月、3月に広告を集中して出す事になりました。その広告が世に出たのを機に、皆さんに認知されるようになったと思います。

また、年末からテレビCMを打ってるのですがその効果も結構大きいと思っています!
テレビCMもそもそもやる予定ではなかったんです。
「CMは2~3月にはやりたいよね」
っていう話をしていたんですけど、ある時「年末に、やっちゃおう!」となり、その後は慌てて準備を始めたような形です。

12月上旬に話が出て、1ヶ月以内に、企画もない、枠も買ってない、という状況で、、、
「え、キャスティングとか、ど〜する!?」
という話も出ながら、最後は勢いで進めました(笑)。

テレビCMの企画に関しては広告代理店さんから数種類の企画案をもらって、その中の一つに今のCMで起用されている17 ベイビーの動画があって、
最初はみんな何も言わなかったんですけど終わった後に、

「BABYいいんじゃない?、、、BABYでいこう!」

と、凄い勢いで進んでいきました。

CM放映が12月29日からで、入稿したのがその1週間前ギリギリだったんです。
制作期間は2週間くらいで、普通だったらそもそも3~4ヶ月位の準備期間を要して行うことが、1ヶ月で全て行われたんです。
とても大変な時間ではありましたが、「17 Media Japanだからこそ出来る」といったやりがいはありました。

また、社内のみんなもテレビCMや屋外広告のディレクションでの努力という見えにくい部分をしっかり見てくれていて、
「MSP(Most Support Player)」
という社内表彰をいただいたんです。
普通こういった裏方業務が表彰されることはないと思うのですが、
数字にできない業務に対してもきちんと評価してくれる社風があるのは、私が17 Media Japanを魅力に感じるポイントの一つでもあります。

★テレビCM★
https://www.youtube.com/watch?v=8EbCFr9O9Wk&feature=youtu.be


★渋谷スクランブル交差点にて★



★JR山手線車内と、渋谷駅構内にて★

Sho)
意思決定のスピードが早いからできるんだと思います。
一定規模の企業だったら、やはり決裁までミーティングの場を設けて、企画内容を説明して、修正して、稟議を通して、などで走り出すまでに1~2週間かかったりすることもあります。

17 Media Japanの場合だと、意思決定者がその場にいて、

「OK」

とか。
その場で決まって、ポンポン進んで行くので、意思決定でスタックする時間が少なかったから出来たことだと思いますね。

Naho)
私もCM自体やるのが初めてで、段取りとかも勉強しながら進めていきました。
すごいいいところが、代表のHiroさんが私の後ろの席に居るんですけど、すぐ質問もできるし、質問をしてくれるし、
「なんかちょっと違くないですか?」
という意見も潰さないので、
「納得した上でどっちがいいかを判断する」
という、社風がうちのいいところの一つです。

◆Kyonさん、広報はどんなことをやってらっしゃるんでしょうか?

Kyon)
華やかなイメージを打ち砕いてしまいますが、広報はすごく地味な裏方の仕事だと思っています。
何をやっているかっていうと、広告とは全く違って、自社の情報を「第三者の口」を使って良いものだと伝えて行くということです。
その「第三者の口」というのが消費者の口コミだったりとか、あとはマスメディアですね。
TVや雑誌をうまく活用しながら自社のサービスの良さを伝えていく。
というのが大きな役割となっています。

もちろん、広告で結構認知は取れると思うんです。
特に渋谷辺りの方は、もう「イチナナ」っていう名前は知ってるけど、
「じゃあそれがどんなアプリで、何が良くて、どうしてイチナナを使った方がいいのか」
っていうメリットを、どう伝えていくかっていうのを考えています。

広告と違って費用がかかっていない分、情報のコントロールが出来ないんです。
どこで何が、どんな口コミが広がって、どういう風に伝わっていくのかコントロール出来ない。だからこそ、自分たちが言いたいことを言ってもらえるようにするために、放送、紙面などのメディアと交渉しながら進めて行く役割です。
なので、ちょっとShoさん、Nahoさんとは色が違うかなって思っています。

ーUSJと17 Mediaとの知名度が大きく違う分、メディアに対するやり方ってどう変えているんですか?

全く認知は違いますね。
確かに、
「USJです、って言った方がメディアに行きやすい」
ですが、私がUSJに入社した時と今の現状って実は近いなと思っています。

会社が何を目指しているかだったりとか、だから何をするの?
っていう戦略の部分を何回もメディアに説明して、理解してもらうというところは同じフェーズだなと思っています。
どちらかというと、認知よりちょっと難しいなと思っているのは、
「見せられる絵が少ないこと」。

「テーマパークだとジェットコースターに乗って叫んでいる人が居る、タレントも叫ぶ」
それが面白い絵になるっていうのがあるんです。

でも、ライブ配信アプリって楽しいんですけど、すごいはしゃぎながら見ているかっていうと、そうじゃないじゃないと思うんです。
心の中ではエキサイトしてくれているオーディエンスの様子だったりとか、Liverさんにも協力してもらって、

「どう自分の気持ちを画面を通じて伝えて行くのか?」

をストーリとして伝えて行くのかが今後キーになってくるし、一番自分の中で苦労するポイントじゃないかなと思います。
例えばwebや新聞で記事を書いていただいたりして、ストーリーや良さを伝えられるようにメディアとうまく付き合いながらイチナナの魅力を伝えていきたいと思ってます。

ー今後予定している動きで言えることはありますか?

Kyon)
今はまだメディアの中でもイチナナを使ってくれている方は少ないと思うので、
「とにかくメディアを知ってもらう、触ってもらう」
ために、私が今目指しているのは、
「3月中に関係者全員にダウンロードしてもらう」
ということを考えています。

また、オフラインのイベントが17 Mediaの強みだと思っています。
オフラインのイベントの派手さとか、いい意味でちょっと異様な光景さがすごく魅力だと思うので、その武器を使ってどこまで取材に繋げられるかは考えています。

◆この記事を読んでくれている方へメッセージお願いします!

Sho)
マーケ志望者だったら誰しもマーケティング全般を経験したいのではと思います。
例えば自分はこれまでデジタル専門だったんですけど、やっぱりオフラインも経験したい、ブランドマーケティングもやりたいと思っていました。

17 Media Japanではそれが叶います。

色々な領域のスペシャリストが揃っていて、お互い学びあえる環境があるので。

デジタル担当、PR担当、クリエイティブ担当、オフライン担当などといった具合に組織のストラクチャーは役割/担当がはっきり別れているのですが、共通のプロジェクトを横断的に遂行するひとつのチームとして機能しているので、様々な視点に触れられます。

例えば、Kyonさんと一緒に企画を考えた場面では、PR的な考え方、ストーリーの作り方、パブの取り方など、「そんな露出のさせ方もあるのか!」と非常に参考になりました。

つまり、スペシャリストがいながら、互いに協力をしていくことで、学びもあり、より良いものを作っていける。

自分の専門分野を持ちそこで力を発揮しつつも、全般的なマーケティングについて学べるとても良い環境だなと思います。

◆インタビュアーから一言

マーケティングチームの素敵な3名をご紹介しました!
プロフェッショナルな方々に続々とジョインいただけて本当に嬉しいです。

ただ単にアプリを広めたいだけではなく、ビジョンを持って、仲間と協力できる環境、本当に楽しいですね!

17 Mediaではデジタルマーケティング職、PRスタッフ職を募集しています!

ぜひお気軽にオフィスに遊びに来てください!

お待ちしております!


★株式会社17Media Japanでは一緒に働く仲間を募集しています!


デジタル・マーケティング
4,000万DL!?日本だけが知らない超有名企業!デジタルマーケ職を募集!
“一緒に夢を叶える場所” それが私たちが運用するライブ配信アプリ「17 Live」です! 私たちが展開する17 Liveは、世界9カ国で展開し4,000万人を超えるユーザーを持つライブ配信アプリ。17 LIVER(ライブ配信者)とAUDIENCE(視聴者)が一緒に夢を叶えるプラットフォームとして運営しています。 スマホさえあれば、アプリをダウンロードするだけでライブ配信・視聴、“いいね”や“コメント”なども無料で利用できる手軽さで人気になり、毎月のライブ配信時間は約500,000時間を上回ります。 AUDIENCEが応援したい17 LIVERにアプリ内でチャージしたポイントでギフトを贈ることができるのがライブ動画配信の特徴の一つ! 自分が応援したLIVERが有名になっていく喜び、才能を活かしきれていなかったLIVERが夢を叶えていく喜び、そんな夢が溢れているプラットフォームだからこそのドラマが毎日生まれています! ◇台湾発の17Live。世界、そして日本でも広がっています! 世界での「17 Live」の状況 ・2015年7月にアプリリリース後、世界で最も早く1,000万ダウンロード突破 ・世界9カ国に展開(台湾・日本・香港・韓国・ベトナム・タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシア) ・ユーザー数は4,000万人超え(2018年2月時点) ・中国・米国でApp Store DLランキング1位を獲得 ・毎月約500,000時間のライブ配信 日本での「17 Live」の状況 ・たった6ヶ月でDL数1,280%増 ・40歳以上の利用者が約40% ・10代〜50代まで幅広い世代に人気 ・9歳〜70歳までの17 LIVERがライブ配信中 若者はもちろん幅広い世代の方に利用して頂いています。
株式会社17Media Japan


Product(アプリ企画)
エンターテイメント市場に新たなムーブメント!アプリ企画を大募集!
“一緒に夢を叶える場所” それが私たちが運用するライブ配信アプリ「17 Live」です! 私たちが展開する17 Liveは、世界9カ国で展開し4,000万人を超えるユーザーを持つライブ配信アプリ。17 LIVER(ライブ配信者)とAUDIENCE(視聴者)が一緒に夢を叶えるプラットフォームとして運営しています。 スマホさえあれば、アプリをダウンロードするだけでライブ配信・視聴、“いいね”や“コメント”なども無料で利用できる手軽さで人気になり、毎月のライブ配信時間は約500,000時間を上回ります。 AUDIENCEが応援したい17 LIVERにアプリ内でチャージしたポイントでギフトを贈ることができるのがライブ動画配信の特徴の一つ! 自分が応援したLIVERが有名になっていく喜び、才能を活かしきれていなかったLIVERが夢を叶えていく喜び、そんな夢が溢れているプラットフォームだからこそのドラマが毎日生まれています! ◇台湾発の17Live。世界、そして日本でも広がっています! 世界での「17 Live」の状況 ・2015年7月にアプリリリース後、世界で最も早く1,000万ダウンロード突破 ・世界9カ国に展開(台湾・日本・香港・韓国・ベトナム・タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシア) ・ユーザー数は4,000万人超え(2018年2月時点) ・中国・米国でApp Store DLランキング1位を獲得 ・毎月約500,000時間のライブ配信 日本での「17 Live」の状況 ・たった6ヶ月でDL数1,280%増 ・40歳以上の利用者が約40% ・10代〜50代まで幅広い世代に人気 ・9歳〜70歳までの17 LIVERがライブ配信中 若者はもちろん幅広い世代の方に利用して頂いています。
株式会社17Media Japan


ライバープロデューサー
4,000万DL!?ライブ動画配信企業にてライバープロデューサーを募集!!
“一緒に夢を叶える場所” それが私たちが運用するライブ配信アプリ「17 Live」です! 私たちが展開する17 Liveは、世界9カ国で展開し4,000万人を超えるユーザーを持つライブ配信アプリ。17 LIVER(ライブ配信者)とAUDIENCE(視聴者)が一緒に夢を叶えるプラットフォームとして運営しています。 スマホさえあれば、アプリをダウンロードするだけでライブ配信・視聴、“いいね”や“コメント”なども無料で利用できる手軽さで人気になり、毎月のライブ配信時間は約500,000時間を上回ります。 AUDIENCEが応援したい17 LIVERにアプリ内でチャージしたポイントでギフトを贈ることができるのがライブ動画配信の特徴の一つ! 自分が応援したLIVERが有名になっていく喜び、才能を活かしきれていなかったLIVERが夢を叶えていく喜び、そんな夢が溢れているプラットフォームだからこそのドラマが毎日生まれています! ◇台湾発の17Live。世界、そして日本でも広がっています! 世界での「17 Live」の状況 ・2015年7月にアプリリリース後、世界で最も早く1,000万ダウンロード突破 ・世界9カ国に展開(台湾・日本・香港・韓国・ベトナム・タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシア) ・ユーザー数は4,000万人超え(2018年2月時点) ・中国・米国でApp Store DLランキング1位を獲得 ・毎月約500,000時間のライブ配信 日本での「17 Live」の状況 ・たった6ヶ月でDL数1,280%増 ・40歳以上の利用者が約40% ・10代〜50代まで幅広い世代に人気 ・9歳〜70歳までの17 LIVERがライブ配信中 若者はもちろん幅広い世代の方に利用して頂いています。
株式会社17Media Japan


イラストレーター
最先端のエンターテイメントを学びたい方集合!イラストレーター募集!
“一緒に夢を叶える場所” それが私たちが運用するライブ配信アプリ「17 Live」です! 私たちが展開する17 Liveは、世界9カ国で展開し4,000万人を超えるユーザーを持つライブ配信アプリ。17 LIVER(ライブ配信者)とAUDIENCE(視聴者)が一緒に夢を叶えるプラットフォームとして運営しています。 スマホさえあれば、アプリをダウンロードするだけでライブ配信・視聴、“いいね”や“コメント”なども無料で利用できる手軽さで人気になり、毎月のライブ配信時間は約500,000時間を上回ります。 AUDIENCEが応援したい17 LIVERにアプリ内でチャージしたポイントでギフトを贈ることができるのがライブ動画配信の特徴の一つ! 自分が応援したLIVERが有名になっていく喜び、才能を活かしきれていなかったLIVERが夢を叶えていく喜び、そんな夢が溢れているプラットフォームだからこそのドラマが毎日生まれています! ◇台湾発の17Live。世界、そして日本でも広がっています! 世界での「17 Live」の状況 ・2015年7月にアプリリリース後、世界で最も早く1,000万ダウンロード突破 ・世界9カ国に展開(台湾・日本・香港・韓国・ベトナム・タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシア) ・ユーザー数は4,000万人超え(2018年2月時点) ・中国・米国でApp Store DLランキング1位を獲得 ・毎月約500,000時間のライブ配信 日本での「17 Live」の状況 ・たった6ヶ月でDL数1,280%増 ・40歳以上の利用者が約40% ・10代〜50代まで幅広い世代に人気 ・9歳〜70歳までの17 LIVERがライブ配信中 若者はもちろん幅広い世代の方に利用して頂いています。
株式会社17Media Japan


UIデザイナー
エンターテイメント市場に新たなムーブメント!UIデザイナーを募集!
“一緒に夢を叶える場所” それが私たちが運用するライブ配信アプリ「17 Live」です! 私たちが展開する17 Liveは、世界9カ国で展開し4,000万人を超えるユーザーを持つライブ配信アプリ。17 LIVER(ライブ配信者)とAUDIENCE(視聴者)が一緒に夢を叶えるプラットフォームとして運営しています。 スマホさえあれば、アプリをダウンロードするだけでライブ配信・視聴、“いいね”や“コメント”なども無料で利用できる手軽さで人気になり、毎月のライブ配信時間は約500,000時間を上回ります。 AUDIENCEが応援したい17 LIVERにアプリ内でチャージしたポイントでギフトを贈ることができるのがライブ動画配信の特徴の一つ! 自分が応援したLIVERが有名になっていく喜び、才能を活かしきれていなかったLIVERが夢を叶えていく喜び、そんな夢が溢れているプラットフォームだからこそのドラマが毎日生まれています! ◇台湾発の17Live。世界、そして日本でも広がっています! 世界での「17 Live」の状況 ・2015年7月にアプリリリース後、世界で最も早く1,000万ダウンロード突破 ・世界9カ国に展開(台湾・日本・香港・韓国・ベトナム・タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシア) ・ユーザー数は4,000万人超え(2018年2月時点) ・中国・米国でApp Store DLランキング1位を獲得 ・毎月約500,000時間のライブ配信 日本での「17 Live」の状況 ・たった6ヶ月でDL数1,280%増 ・40歳以上の利用者が約40% ・10代〜50代まで幅広い世代に人気 ・9歳〜70歳までの17 LIVERがライブ配信中 若者はもちろん幅広い世代の方に利用して頂いています。
株式会社17Media Japan


Webデザイナー
4,000万DL!?日本だけが知らない超有名企業!Webデザイナー募集!
“一緒に夢を叶える場所” それが私たちが運用するライブ配信アプリ「17 Live」です! 私たちが展開する17 Liveは、世界9カ国で展開し4,000万人を超えるユーザーを持つライブ配信アプリ。17 LIVER(ライブ配信者)とAUDIENCE(視聴者)が一緒に夢を叶えるプラットフォームとして運営しています。 スマホさえあれば、アプリをダウンロードするだけでライブ配信・視聴、“いいね”や“コメント”なども無料で利用できる手軽さで人気になり、毎月のライブ配信時間は約500,000時間を上回ります。 AUDIENCEが応援したい17 LIVERにアプリ内でチャージしたポイントでギフトを贈ることができるのがライブ動画配信の特徴の一つ! 自分が応援したLIVERが有名になっていく喜び、才能を活かしきれていなかったLIVERが夢を叶えていく喜び、そんな夢が溢れているプラットフォームだからこそのドラマが毎日生まれています! ◇台湾発の17Live。世界、そして日本でも広がっています! 世界での「17 Live」の状況 ・2015年7月にアプリリリース後、世界で最も早く1,000万ダウンロード突破 ・世界9カ国に展開(台湾・日本・香港・韓国・ベトナム・タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシア) ・ユーザー数は4,000万人超え(2018年2月時点) ・中国・米国でApp Store DLランキング1位を獲得 ・毎月約500,000時間のライブ配信 日本での「17 Live」の状況 ・たった6ヶ月でDL数1,280%増 ・40歳以上の利用者が約40% ・10代〜50代まで幅広い世代に人気 ・9歳〜70歳までの17 LIVERがライブ配信中 若者はもちろん幅広い世代の方に利用して頂いています。
株式会社17Media Japan


ライブ番組ディレクター
4,000万DL!?ライブ動画配信企業にてライブ番組ディレクターを募集!
“一緒に夢を叶える場所” それが私たちが運用するライブ配信アプリ「17 Live」です! 私たちが展開する17 Liveは、世界9カ国で展開し4,000万人を超えるユーザーを持つライブ配信アプリ。17 LIVER(ライブ配信者)とAUDIENCE(視聴者)が一緒に夢を叶えるプラットフォームとして運営しています。 スマホさえあれば、アプリをダウンロードするだけでライブ配信・視聴、“いいね”や“コメント”なども無料で利用できる手軽さで人気になり、毎月のライブ配信時間は約500,000時間を上回ります。 AUDIENCEが応援したい17 LIVERにアプリ内でチャージしたポイントでギフトを贈ることができるのがライブ動画配信の特徴の一つ! 自分が応援したLIVERが有名になっていく喜び、才能を活かしきれていなかったLIVERが夢を叶えていく喜び、そんな夢が溢れているプラットフォームだからこそのドラマが毎日生まれています! ◇台湾発の17Live。世界、そして日本でも広がっています! 世界での「17 Live」の状況 ・2015年7月にアプリリリース後、世界で最も早く1,000万ダウンロード突破 ・世界9カ国に展開(台湾・日本・香港・韓国・ベトナム・タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシア) ・ユーザー数は4,000万人超え(2018年2月時点) ・中国・米国でApp Store DLランキング1位を獲得 ・毎月約500,000時間のライブ配信 日本での「17 Live」の状況 ・たった6ヶ月でDL数1,280%増 ・40歳以上の利用者が約40% ・10代〜50代まで幅広い世代に人気 ・9歳〜70歳までの17 LIVERがライブ配信中 若者はもちろん幅広い世代の方に利用して頂いています。
株式会社17Media Japan
株式会社17Media Japanでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=40&width=40
29570543 10212273345054756 5977149196376191707 n
Anonymous
C295017e a900 4f0e 872a 216348c31683
19961143 1502665843128524 7737607655389145491 n
9 いいね!
Anonymous
Picture?height=40&width=40
29570543 10212273345054756 5977149196376191707 n
Anonymous
C295017e a900 4f0e 872a 216348c31683
19961143 1502665843128524 7737607655389145491 n
9 いいね!
28f2c30c a8b5 4a56 8042 93c86b0604bf?1506433771
株式会社17Media Japanに遊びに来ませんか?
こんにちは!最後までお読みいただきありがとうございます!弊社ではデジタルマーケ、PRアシスタントを募集しています。... さらに表示
28f2c30c a8b5 4a56 8042 93c86b0604bf?1506433771
株式会社17Media Japanに遊びに来ませんか?
こんにちは!最後までお読みいただきありがとうございます!弊社ではデジタルマーケ、PRアシスタントを募集しています。ぜひ気軽にオフィスに遊びに来てください!
10835967 8f1b 4a0b 8ca9 958494860a17?1519782251
デジタル・マーケティング

アジアで最も注目されている企業が日本上陸!デジタルマーケ職を募集!
他の募集を見る

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon