芸能事務所出身の2人がイチナナに入社した理由とは・・・

こんにちは!株式会社17 Media Japanのelenaです。

今回は芸能事務所出身のLeonさん、Royさんの2人にインタビューをしました!
2人は6年のお付き合いのようで、和気藹々とした雰囲気の中でインタビューができました。
ぜひ、ご覧くだください。


2人の今までのキャリアを教えてください


Leon:私は大学卒業後、着うた・着メロ関係のWeb会社に新卒入社し、1年ほど勤務したのち、芸能事務所に入社して約6年勤めていました。

Roy:私は高校卒業後、自動車部品の製造会社に就職して、その後水道屋さんに勤めていました。あ、よく社内で〇〇シアンだったんでしょ、と言われるのですが、普通の水道会社です(笑)。そこで3年半勤務して、そのあとLeonさんと同じ芸能事務所に入社。そこでは約5年勤めていました。


ー そこで初めてLeonさんと出会ったのですね。


Leon:もう芸能事務所時代からあわせると約6年一緒ですね。

Roy:長い付き合いです。年齢は私が一つ上ですが、前職の芸能事務所もイチナナも社歴はLeonさんが先輩です。今まで早川さんと呼んでいたのでイチナナに入社してから、Leonさんと呼ぶことに違和感があり、ねぇねぇと呼んでいたときもありました(笑)。

ー イチナナの社内はイングリッシュネーム文化なので慣れるまで時間かかりますよね。

Leon:私もなぜイングリッシュネームがLeonになったのか覚えてません(笑)。でも、今はこのイングリッシュネーム気に入ってますけどね。


2人がイチナナに入社した理由はなんでしょうか?

Leon:前職の芸能事務所でタレントマネジメントを行なっていたときから、ライブ配信事業のことは知っていました。ライブ配信などの動画コンテンツが勢いを増し、そこからHIKAKINさんのようにスターが生まれたりと、ついに芸能界と一般の方との境目がなくなったと感じました。そこで今後のキャリアを考えたときに、今まで芸能業界で培ってきたマネジメントを、今度は一般の方に活かせないかと、挑戦の意味を込めて入社しました。

Roy:私はLeonさんと反対でライブ配信のことは知らなかったです。家庭の事情もあり神奈川の方で転職先を探していまして……


ー 知らなかったのですね。エンタメ業界に携わっていたのに(笑)。


Roy:恥ずかしながら知らなかったです。でも、Leonさんとは退職後も連絡をとっており、転職の相談もしていたんです。連絡をしていくなかで、Leonさんに「せっかくエンタメ業界に携わっていたのだから活かした方が良いのでは?」とイチナナを紹介してもらいました。


ー Leonさんの言葉が背中を押してくれたのですね。


Roy:はい。本当にLeonさんには感謝してます。

Leon:Royも芸能事務所で学んだ「マネジメント」という要素を、よりイチナナを通して濃いものにできると思ったので、今のRoyの活躍を見ていて誘って良かったと思ってます。



現在の業務について教えて下さい!

Leon:私はトップライバーがより17 Liveで活躍できるように育成・マネジメント・プロデュースなどを行なうプロデュースチームに所属しています。トップライバーは、これまで17 Liveの前線で活躍されているので、プレッシャーによる負担も大きいです。そのプレッシャーに押し潰されないように、チームメンバーは日頃からライバーに、直接お会いしたり、電話やLINEで常に連絡を取り、ライブ配信ではない領域までサポートすることもあります。その結果、何か困ったときにはすぐに連絡をくれるまでの信頼関係を構築でき、モチベーション維持、向上にも繋がっているのかなと思っています。


ー ライバーと信頼関係を構築することも大切なのですね。


Leon:そうなんです。一見、地味かもしれないのですが、それがライバーの次なる一歩に繋がる大事なことなので、チームメンバーや私個人としてもとても大切にしています。

ー 前職の芸能事務所との違いはなんでしょうか。

Leon:イチナナはプラットフォームであるため、芸能事務所とは立場上違う部分が多いですが、これまでのマネジメント経験が活かせる点と新たに学ぶ点が多くあります。共通して言えるのは、1人1人に合った一番の「最適解」を見つけることだと思ってます。

ー 1人1人に合った一番の「最適解」を見つけることとはなんでしょうか。

Leon:ライバー1人1人に個性があり、何パターンかの決められたマネジメントではなく、その人にしかないオンリーワンのマネジメントを見つけ出さなければならないので、そういう意味では芸能界も一般の方も同じことだと私は思います。


Roy:私は、ライバーが所属している事務所や芸能事務所との対応、新規開拓を行なうエージェントチームに所属しています。Leonさんのチームは直接ライバーとやり取りを行うのに対し、私は法人の方々とのやり取りを行っています。

ー ライバーとやり取りを行うことは少ないのですね。

Roy:そうです。主にモデルやアイドルの方々が所属している事務所など、法人とのやり取りを行っています。そのなかで、ライブ配信の仕方や各ライバーに合ったイベントを紹介し、ライバーの活躍の場を提供できるよう担当の方と折衝しています。



イチナナの魅力とはなんでしょうか?

Leon:メンバーの志しが高いところですね。最低限の上下関係はありますが、常にディスカッションが行なわれていますし、会社として向かうべきミッションを自分ごとのように捉え、より良いサービスを創り上げようと一丸となっているところですね。


Roy:私もそう思います。それに、メンバーが平等に意見を言えることも魅力ですね。イチナナは新しく入ったメンバーでも、役職がないメンバーでも意見をどんどん言えます。入社して1年経たないLeonさんが最近チーフになったことからも、頑張った人にはさらに活躍できるポジションが与えられるという魅力もあると思います。

ー Leonさん、チーフになられて一言お願いします。

Leon:Royが言ってくれたみたいに、イチナナは成長スピードが速く、様々なプロジェクトも増え、役職を与えられる機会が多くあると思います。私としても今あるチームをより強固なものにし、ライバー、オーディエンスの方々に、より良いサービスを提供できるように邁進したいと思います。



どんなメンバーと一緒に働きたいと思いますか?

Leon:自分の軸を持っている人ですね。会社に勤めていると、会社の方針やプロジェクトが成長によって変化するのは当たり前で、そこに流されてしまうのではく、一本の大きい自分の軸を持ち、変化に応じながら前に進んでいくことのできる人ですね。また、自分がイチナナで何をしたいか明確であり、ライブ配信という新しいコンテンツを体現しエンターテインメント業界を伸ばしていきたいと思っている人ですね。


Roy:Leonさんが言うと本当かっこいいなぁ〜(笑)。私は、人の気持ちを考えられる人ですね。前職の芸能事務所でもそうだったのですが、タレントの気持ちを考えることは大前提でしたし、今もその気持ちは変わらないです。相手がライバーでも法人の方でも、相手の気持ちを理解し、先を読み、相手がどんなことを求めているのか考えられる方ですね。


Leon:Royにしては真面目な回答だ(笑)。


Roy:いつも真面目です(笑)。


では、最後に一言お願いします


Leon:ライブ配信はこれから伸びてくる業界であり、今まで活躍していた人たちがライブ配信に集まってきて、その中でのシナジーは中々体験できるものではないと思います。イチナナだからこそ感じることのできる、勢いある雰囲気やスピード感が社内にはあります。ぜひお待ちしております!


Roy:Leonさんの言葉で締まってしまいましたね(笑)。


Leon:締まってないから...(笑)。


Roy:はい(笑)。Leonさんの言うように、ライブ配信という勢いのある業界だからこそ、吸収できる経験もたくさんありますし、いまだない可能性を探しだせることもあると思います。少しでも興味ある方や、知らないけれど、きたら面白いと感じるところもたくさんあるので、ぜひお待ちしております。


Leon:しっかり締まったな。


Roy:良かったです。


Leon:2人でインタビューは初だから緊張したな。


Roy:ですね(笑)。でも2人でインタビューすることもないので良い経験になりました。




インタビューにご協力ありがとうございました。
イチナナでは一緒に働いてくれるメンバーを募集しています!

株式会社 17 Media Japan's job postings
Anonymous
Anonymous
169838 127886463940573 6604743 o
Picture?height=40&width=40
3 Likes
Anonymous
Anonymous
169838 127886463940573 6604743 o
Picture?height=40&width=40
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon