1
/
5

[社員インタビュー]カルチャーが違うからこそ面白い。メキシコ出身のサマンタがビズメイツで働く理由。

みなさん、こんにちは。
ビズメイツ人事の亀田(カメダ)です。

ビズメイツは「もっと多くのビジネスパーソンが世界で活躍するために」というゆるぎないミッションのもと日々事業展開をしています。
約3年で社員は7倍に増え、国籍な経験など様々なバックグラウンドを持ったメンバーが働いています。
そして、2020年からは新卒採用もスタートしました。

そんなビズメイツメンバーをインタビューを通してご紹介。

今回はタレントソリューション事業部にて、『G Talent』のリサーチ担当をするサマンタのインタビュー。来日し働いている理由やビズメイツ入社理由、現在の業務内容などを聞いてきました!


登場人物
サマンタ
メキシコ出身。大学時代には日本や韓国での留学を経験し、
その後メキシコで日系メーカーに就職し人事総務部署の立ち上げを行う。
ビズメイツ入社後は外国人人材紹介事業の『G Talent』にてリサーチ業務を担当。
あだ名は『サミー』



大学時代とメキシコでのファーストキャリア

-メキシコとカルチャーが違うからこそ面白い。「一目惚れ」だった日本留学


-どんな学生時代だったのか教えていただけますか?

サマンタ:
母国のメキシコの大学に通っていました。途中で、日本と韓国への留学を経験しています。
日本への留学のきっかけは、大学1年生の時に日本人の友達が出来て、凄く優しくて仲良くなったこと。
そのうちの1人から「日本に来ない?」と誘ってくれて。実家に1か月泊まらせてもらったんです。
その時、私は日本語が全く話せなかったのですが、携帯を使って、友人の家族とコミュニケーションを取っていましたね。そのホストファミリーが凄く優しくて、毎日毎食おいしい手料理をごちそうしてくれました。

日本に滞在する一ヶ月の中で、友達と一緒に遊んだり、観光したり、プリクラを撮ったり、夏祭りに行ったり、日本の魅力を感じることができました。実は、それが初めての海外旅行だったので一目惚れだったのかなと思います。(笑)
世界で一番安全な国、日本人と仲良くなりたい、カルチャーがメキシコと全く違うからこそ面白いと思って、その後日本に留学することを決めました


-大学卒業後は、日系企業で就職したんですよね?

サマンタ
大学を卒業して、メキシコにある日系大手の自動車部品メーカーに就職しました。
メキシコで新工場を立ち上げる計画があり、人事総務兼通訳として働くことになりました。
通訳は、社長が英語もスペイン語も話せない日本人の方だったので担当していいて
採用はゼロから立ち上げました。
採用計画を立てたり、面接を行ったり本当に幅広く行っていましたね。
経理業務やビル管理の仕事もやっていました。
私自身がその会社の4人目の社員だったので、その後は自分が採用した方と一緒に働くという環境で、
仕事もやりやすい環境だったなあと思います。最終的には150名規模にまで大きくなりました!



ビズメイツとの出会い

ーその後は日本に来日して、ビズメイツに入社という形ですか?

サマンタ
はい。メキシコの会社は2年間勤めました。
留学した経験も活かして、日本に行きたいなと思ったんです。


―なぜ日本で就職したいと思ったんですか?

サマンタ
留学したときにも思いましたが、日本は治安やインフラの良さが優れています。
暮らしやすい環境でスキルアップしたいと考えたのが大きかったですね。
やっぱり、メキシコ人より日本人の方が仕事でしっかりしてて、日本人の仕事の仕方を学びたいと思ったのも理由の一つです。実際、メキシコの日系企業で働いてた時に「改善」という言葉を学んで、その言葉を実現させて、仕事はどんどんやりやすくなりました

―なるほど。日本とメキシコでは、きっと仕事のスタイルも全然違いますよね。その後、ビズメイツに出会ったんですね。きっかけや入社理由を教えてください。


サマンタ
日本への留学時代の経験とメキシコでの採用の経験を活かせる仕事をしてみたいと思っていた時に
ビズメイツからのスカウトメール頂いて、それをきっかけに選考を受けることになったのですが
面接官の方がオープンマインドですごく楽しい面接だったんです。
それと、日本で働きたいけれど、外国人が務めている会社・グローバルな環境がいいなと思っていたこともありました。日本の企業で、外国人社員がいる企業はあまり多くないです。
ビズメイツは日本人以外も働いているので安心だなと思い入社を決意しました。


―確かに、海外から来たメンバーがいるのといないのとでは安心感が違いますよね。今の業務内容を詳しく聞いてもいいですか?


サマンタ
タレントソリューション事業部で、ITエンジニアに特化した人材紹介サービスの『GTalent』のリサーチという業務を行っています。主に求職者の応募対応、履歴書のスクリーニングやSNS広告の管理、他には求人広告がメインで、『G Talent』ブログの記事を広めることもしています。
リサーチャーとしては毎月データを集めて、求職者やクライアントの人事の方たちに対して、現在のマーケットの理解してもらえるような色んなコンテンツを作成しています。例えば、ITスキルのトレンド、ホットな求人などについてのコンテンツを作成して、『G Talent』ブログから発信しています。


▼G Talentブログについてはこちら

「求職者の人生を変えることの重みを認識」する。

―仕事を通じてのやりがいを教えてください。

サマンタ
実際にこの仕事をやってみて思ったのは、「求職者の人生を変えることの重みを認識」しました。
特に外国人が日本で仕事を見つける上で人生を充実させるお手伝いができるなと。
自分自身のキャリアプランと社会貢献が両立できる仕事だと感じています。

日本での働きやすさ、働きづらさとビズメイツの環境

―日本で働き始めてもうすぐ1年が経つと思いますが、日本で働く良さや、メリット、逆にここは働きづらいなあって思うところはありますか?

サマンタ
日本で働くメリットは教育体制が整っていることだと思います。スキルアップして、学んだことをすぐアウトプットできる環境がある。また、メキシコより雇用が安定していると思います。
新型コロナウイルスの影響もありましたが、それで今の職場で不安感を感じたことはありません。違和感を感じる部分としては、「本音を隠すコミュニケーションスタイル」ですね。日本人特有のものかもしれないのですが、時々違和感を感じることがあります。

―ちなみに部署全体ではどんな雰囲気で仕事をしていますか?

サマンタ:
『G Talent』は、私以外にも台湾や中国、韓国、そして日本というメンバー構成のチームです。凄くダイバーシティな環境で、仕事がやりやすい仕事中に外国人の壁を全く感じずに働けているし、上司であるディレクターとのコミュニケーションはスムーズにできています。

―『G Talent』はビズメイツのなかでも比較的グローバルなチームですよね。上司(ディレクター)との1on1もよくやっていてコミュニケーションをとっているイメージがあります。


👇タレントソリューション事業部 ディレクターの高比良のインタビューはこちら




「クライアントや市場を深く理解していきたい」

―今後の目標はありますか?

サマンタ
「クライアントのニーズを理解すること、そして市場や市場にいる人材を深く理解すること」ですね。

―今後、こんなメンバーと一緒に働きたいなどはありますか?

サマンタ
「情熱を持ってる人」がいいですね!仕事のアプローチの方法を変えて、自分の情熱を育つことができる人と一緒に仕事したいです。あとはオープンマインドで、インターナショナルなマインドがある方と一緒に働けたら嬉しいですね。


番外編 

~休日の過ごし方と好きな食べ物~

―休日の過ごし方は?

サマンタ
保護犬の散歩ボランティアをしています。
メキシコの実家では、5匹の犬を飼っているのですが日本の今住んでいる家は犬を飼えないので。
30匹以上の犬の散歩をするので、同じ道を行ったり来たり…小さい犬から大きい犬までいるので、腕が痛くなりますが楽しいです。(笑)
あとは、レストランに行くのが好きで、最近はメキシコ料理が恋しくなって都内のメキシコ料理屋さんに行くことが多いです。タコスもおいしいし、そのお店にしか置いていないメキシコのビールがあるんです!食べることが好きなので、他にも色々なレストランに行っています。
あとは、日本のコンビニのおでんが好きで、売っていれば夏でも食べてしまいますね(笑)


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
ビズメイツでは、様々な仲間が働いています。それでは次回の更新をお楽しみに!
少しでも会社のことが気になったら、是非オフィスに遊びに来てくださいね!

ビズメイツ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

【英語×海外事業】新規事業|海外アライアンス開拓リーダー
【英語×海外事業】新規事業|事業企画、アナリストリーダー
【英語×海外事業】新規事業|営業マネージャー候補
【Bizmates】カスタマーサポートリーダー
【Bizmates】フィールドセールス(東京)
広報リーダー

ビズメイツ株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings