1
/
5

なにをやっているのか

⁂田島流の林業 約1,200haの山林を管理し、植林から伐採まで一貫作業を行います。 ⁂山林の買取り・委託管理 大事な山林を買取り、管理するほか、委託管理も請負います。 ⁂顔の見える原木販売 高品質の原木を、顔の見えるビジネスパートナーに直接販売します。 ⁂森の空間利用 手入れの行き届いた豊かな森林の資源活用をしていきます。 ⁂源流の森での農業 森の湧き水でつくった、こだわりのお茶やお米を生産・販売します。 ⁂防護服の販売 チェーンソー防護服 『SIP Protection®』を、国内総合代理店として販売します。

なぜやるのか

田島山業が育てる森の木は、50年の生育を経て世の中に送り出されます。その森は、時間と手間をかけて先代や先々代が植えた苗がようやく育ったもの。電信柱も木で立てられ、人々は下駄を履き、エコという言葉も普及していなかった時代に、未来を託された森を育てる。そして今、50年後の未来を見据えながら苗を植え、新しい森を育てる。合わせて100年あまりの時間と向き合う田島山業は、この森を今の時代に活かし、未来につないでいきます。

どうやっているのか

日本は、国土の約3分の2を森林が占める国。しかし、まちに住む人々が森と関わる機会は少なく、森が荒廃しているという事実を知る由もありません。先祖代々、田島山業が受け継いできた森を守るために、私たちは未来に向けて新しいプロジェクトの苗を植え始めています。その挑戦が、森と人との関わりを取り戻す。そう信じています。