1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

4)なぜこのタイミングで能術なのか ~フォースパス~

こんにちは、こんばんは、

私達テクノウェイブのページにお越し頂き、ありがとうございます。


少し時間が開いてしまいましたが、早速4thパスを書かせて頂きます。

しかし、

その前に、能術に関して一つ、大切なことに触れさせてください。

それは『能術、厳しい』という声についてお答えしておきたいのです。

これに関しての重要ポイントは、なぜ私達は厳しいと思うのか?です。


以前にもお話しましたし、本日これからもう一度敢えてお話しますが、

能術というのは、量子物理学や分子生物学等の法則からできています。



法則というのは、大自然や宇宙の『守らなければならない決まり』です。


もう少し厳しく言うと、法則とは、この宇宙の規則、大自然の掟ですね。


一定の条件下で物事の間に成立する普遍的必然的関係を法則と言います。

だから能術の本質的特徴には、実は厳しいも厳しくないも何も無いのです。

在るのは、私達の在り方がいつの間にか大自然や宇宙のそれと離れた事実。

これだけ。私達自身が、大自然や宇宙と、離れ離れになっちゃったんです。

大自然とか宇宙って、私達人間を生かしてくれている大元の存在ですよね。

私達自身がそこから離れちゃって厳しい状況に陥っているのが問題なんです。

そのギャップを修正する為、本来の自然に戻そうとすると、厳しい!ですか(笑)

能術五大テーマの四番目健康の課題もそう。『自然から離れると病気になる』

日々砂糖、炭水化物等を過剰に不自然に食べ続ければ、当然病気になります。

能術における健康の極意は、『自然に生きるという生活習慣がすべて』です。

実は、私達が健康に生きるのに、病院も薬も全く必要では無かったりします。

現代の常識や一般社会通念は、この自然の在り方に、ギャップを作りました。

実はこれが人間関係、仕事、お金、健康、美容の苦しみの本当の原因でもある。

この件についてはまた後ほど触れることにしますので、今はこのいきなりの

私達の能術の『本質的な突っ込み』を是非忘れず、頭に置いておいて下さい。



それではこの『なぜ私達は能術を厳しいと感じてしまうのか』を意識しながら、

今回の4thパスは『なぜこのタイミングで能術なのか』ということに触れます。

これも結論から申し上げれば、時代が大きく変わりつつある今後は、


『自分や組織に対する考え方を、もう一度根本から見直す必要があるから』という『激変期の歴史の真実を参考に、大局的普遍的に対応するしかない』


ということで、全て話は尽きてしまうのではないか、と思っています。

大変化してゆく時代の流れに乗る為に、役立つ知恵と技能は何なのか?

だから、それを追求し、エッセンスを抽出した『能術を学べ』になるのです。

ただしここで、必然的に、次の『能術を学ぶ重要ポイント』が又出て来ます。

それは、学ぶべきは『真実の歴史』以外は、全く意味がないということです。

あなたは意外に思われるかもしれませんが、実はこれこそが大問題なのです。

能術を学ぶ大きな意味は、『本当の事実を教養として学ぶ』ことにあります。

事実、或いは真実を知るということが、戦後の私達日本は、できていません。

私達が中学、高校、大学で習った歴史は殆どの大切な真実が隠されています。


何故でしょうか?


それは日本が先の第二次世界大戦(本当は大東亜戦争が正しい)において、

欧米の卑怯な戦争誘導と同胞の裏切りにより、敗戦をしたからなのです。

ここでは詳しく語る時間がないのでしませんが、結論から申し上げると、

これが今なお、私達日本人に、多大な負の影響を与え続けている訳です。

(この構図は、戦後七十数年が経った今でも変わる事なく続いていますね)

そしてこれは実は『歴史』だけでなくあらゆる学問領域に及んでいます。


占領政策、GHQによる『歴史は勝者によって造られる』という事です。

もっとハッキリと言えば、捏造された真実を知らされない欺瞞なのです。


これが日本の悲劇の元凶になっていますが、能術のコアな知恵の源泉は、

量子物理学、分子生物学、脳科学、深層心理学、歴史、哲学と宗教です。

厳密に言えば、医学や薬学や農学などもありますが、これらは基礎科学

である基礎学問としての(分子)生物学で大局的に語る方が、むしろ現在

の応用学問である医学の限界を回避することにも繋がると考えています。

(医学、薬学、農学などは生物学の応用で、生物学に間違った事実認識が

存在すると、それが同時に医学薬学上の問題になっていくという事です)


元を正せば、そもそも能術は、人材ビジネス会社として一緒に働く社員

の悩みや苦しみ、課題の解決を目的に生まれた知恵です。能術が単なる

知識ではなく、知恵というように成らざるを得なかった理由は、私達は

病院経営とは違い、ただ長期間病気が治らぬまま病院に通い続け、お金

を払ってもらうのが目的ではなく、病気を早く完治させて、元気で快適

に気持ち良く毎日仕事をして頂く為、高い効果効能が必要だったのです。


知識はただ知っているだけですが、知恵はできる状態、成し遂げられた

状態という具体的な成果結果、効果効能があることが必須条件なのです。


能術はただの形式ではなく、実際にできる状態を創造するのが目的です。


一言で言えば、できる人間になり、問題解決、課題解決することです。

だから自ずと真剣に成りますし、遊びや冗談ではありませんから、時に

厳しい姿勢や覚悟が必要になるのは一面で能術の運命的特徴になります。

しかし高血圧や糖尿病で10年間以上病院に通って、完治するどころか、

殆どの人が宿命のように、本来の遺伝子ポテンシャル以上の老化をして、

逆に少しずつ悪化するなどということは、今までの安定した時代と違い

これからの激動の大変化の時代には、更なる人生の危機をもたらします。


大変化、大激動の時代になるとすべてのことが、自己責任に成りますね。

あなたも今回のコロナ禍でそれが十分、分かったのではないでしょうか?


これは、テレビ、新聞等ではなく、YouTube等、SNSで言われています。

アメリカなどに比べて、世界最大の実質的債権大国日本のコロナ補償が、

政治家や官僚の私達国民に対する誠意が感じられない非情なレベルです。

国民の命がかかったと政府自らが言っているコロナ対策で、この有り様

ですから、これからの更なる大激動の時代も大して期待できない可能性

が大なのではないかと思っておいた方がむしろ現実的と言えるでしょう。


このようなことすべてが、能術の一大目的『自立』に繋がる訳なのです。

この自立というキーワード一つとっても『なぜ能術なのか』の理由ですね。


先程も申し上げた様に、能術はテクノウェイブのステークホルダーである

メンバーの悩み、苦しみ、課題の解決の為に生まれましたが、その具体的

な悩み、苦しみ、課題の解決の対象を『能術ー五大テーマ』と言います。


具体的には、人間関係、仕事、お金、健康、美容(外見の美しさ)の五つ

多くのメンバーが何らかの形で悩み苦しみ課題として抱えているテーマです。


先程一例として挙げた病気というテーマは非常に逆説的ですが、これだけ

科学や医学が進んでいると言いながら、実は病人や医療費は増えるばかり

で、今や日本の健康保険制度の崩壊が言われるような異常な状態になって

いますが、あなたはこれを見て、何かがおかしいと思われないでしょうか?

逆説とは、専門家が、実はその専門分野の課題を解決できていないのです。

それはある意味では、今回のコロナ禍の件でも露呈してしまっていますね。


このコロナ禍の非常事態においても、SNSで批判が出ているように政府は、

苦しんでいる人々そっちのけで自己保身、ワクチン利権が優先の状況です。

飲食店をはじめとする民間、国民に、負担を押し付ける政策

ばかりが先行し、自分達はリスクも痛みも負わない姿勢に批判が噴出です。

我々は先に、京都大学の藤井教授の話をさせて頂きましたが、私達が知る

範囲で数は少ないですが、良心的で有能な専門家の存在にも言及しました。

しかしこのような勇気ある良心的な専門家は極々少数派でレアケースです。

勿論私達は志の高い官僚の存在も知っていますがやはり極めて少数派です。


そして勿論このような矛盾が今後大変化の時代を引き起こす直接原因です。

私達庶民は、厳しい状況の中で、それでも力強く生き残る必要があります。


これが、あなただけではなく私達自身に対しても敢えて厳しく自己

管理をして、人間関係、仕事、お金、健康、美容に関して、本質的に対応

することで、逆に常識的、一般社会通念的な落とし穴に満ち満ちた対応策

ではなく、本当に役に立つ、問題解決に繋がる知恵こそが能術の特徴です。



しかしここで私達は、もう一つあなたに言い辛いことを申し上げなければ

ならないのを、非常に心苦しく思います。実を言うと、これも能術ならで

はの、あなたが是非肚に落としておくべき、重要な情報かつ視点なのです。


それは何か?実は『私達には危機や変化に対応し辛い資質が在る』のです。


エッ、日本人は危機や変化に対して上手く対応できないところがあるの?

敢えて言いたくないのですが、残念ながらその明確な傾向があるのです。


歴史的にも、又その歴史が何代も積み重なることによりDNA的にもです。

これは、経路依存性という言葉で日本人の弱点としてよく語られています

ので、あなたも周りの方達もこの事実に思い当る節が在るかもしれません。


経路依存性は、簡単に言えば『人や組織の行動は過去の習慣や歴史的経緯

に大きな影響や制約を受ける』ということになります、という理論です。

もう少し詳しくご説明すると、『あらゆる状況において、人や組織が行う

決断は(過去の状況と現在の状況は現段階では全く無関係であったとしても)

過去にその人や組織が選択した決断により制約を受ける』という理論です。


この傾向は特に日本人に極めて典型的に強く当てはまると言われています。

過去の幕末の江戸幕府、敗戦時の日本軍、近いところでは、2001年に倒産

の危機に瀕していた日産自動車がこの『経路依存性』の典型例になります。

話は少し逸れますが『今後30年の未来予測』にも書いたように、今後の

私達が経験することになる2050年までの30年間は、正に大変化です。

一言で、激動。幕末明治維新よりも、大東亜戦争の敗戦よりも、本質的な

変化で言えば、これから来る大変化の方が変化の度合いは大きくなります。

これは本当に凄いですよ、実際。でも能術は驚かない。能術の世界だから。


そして今日本人である私達は、既に大変化の時代に突入してしまっている

のですが、先ず経路依存性という病に罹っているので、今現在自分がもう

既に潜在的危機の状態に入っているのに、未だに今までのぬるま湯的社会

の中で、自分がゆでガエルになる危機にあることを察知できなかったり、

大変化の環境は既述のように政府も助けてくれない自己責任の社会になる

のに、自立もできず、単なるお題目のワークライフバランスにこだわると

いう経路依存性のままだと結局自分が痛い目を見るのが、新世界なのです。


私達も、もっと反省しないといけないのは、あまり自分達から、しつこく

このような事を強調すると、図らずもあたかも働くことを強制するような

印象を抱かせてしまうのではと、敢えて、今ご説明したようなことを詳述

せずに、ただ能術のメッセージをよく読んで下さいとか、自分でよく考え

て下さいとか、ご家族がいたら、よく相談して下さいと言うだけで、上記

のようなことを詳しく説明しなかったので、殆どの人が経路依存の枠外で

今後の自分や自分の家族の事を、過去に囚われずには思考できないのです。



結果としてここ迄私達の能術採用は、戦略通り大成功をおさめていますが、

当然の事ながら未だ私達が理想とする能術人財の採用には至っていません。

ただ、よくお考えになって下さい、よくご相談されて下さいとお話をして、

経路依存性に囚われず、保身に囚われず、今の自分の生活習慣を自分自ら

の意志によりリセットする決心ができるのは、100人に1人のレベルですね。

しかし不思議なことに私達日本人は、外部環境により自分の生き残りさえ

難しいかもしれない、ダメかもしれないという『ギリギリのところまで』

追い込まれると、本当にここでやっと初めて、劇的に変わっていくのです。


当然ここまで追い込まれてからでは、最終的には良い方向に行くにしても、

払う犠牲、トレードオフのレベルは、複雑な思いなしには語れない程です。

特にこのような激変期に入る時代には、現状や過去や習慣に囚われやすい

女性に相談をするとなかなか新しい厳しい環境に入る決断には至りません。

『よく女房に反対されて』という話を頂きましたし、今も頂いていますが、

後になって、今この厳しい現実に苦しめられる前に、あの時自分自ら決断

して、前倒しで自ら厳しい状況に飛び込んでおけば良かったと言われます。



現在、私達は実は、非常に難しい時代に生きていて、今のこの社会の常識

や一般的な社会通念で考え、判断することにより、結果として逆に返って

間違った結論を出してしまうのが、今の社会の混迷と混沌の真の理由です。

今の時代の生き方で重要なのは、今までの慣習に慣れ切った自分に合った

転職先を見つけることではなく、新しい大変化の時代に合わせて『自分が

適者と成って進化し逞しく生き残れる自分になれる環境を選ぶこと』です。


それが、能術という極めて大局的本質的な戦略を持つテクノウェイブという環境です。


もちろん、このように一見偉そうな感じで語っている私達も未だ途上です。


あなたと同じ、敢えて目的を持ち、仮説を立て、試行錯誤する未熟者です。


しかし私達はこの一見厳しく見える能術を日々楽しく実践継続しています。


昔から民度の高い日本人に今唯一欠けているものは実は未来への希望です。


メンバーの将来の不安に光をもたらす能術は厳しくも愛ある知恵なのです。


あなたもその仲間に入って、一緒に目的を持ち、試行錯誤してみませんか?


見えない能術という環境。人間は環境の中で生かされる社会的な存在です。


今回もまたかなり長い文章になりました。

拙い文章を最後までお読み頂き、感謝致します。

また、お目にかかれるのを楽しみにしています。



そうそう忘れていました。

私達テクノウェイブの無料コンテンツの中から、

お読みになりたいタイトルが有れば、

下記[専用ページ] から、リクエストしてください。

お待ちしています。


1.常識を疑う重要性
2.習慣的思考があなたを創る
3.自責で成功と幸せを掴む
4.マインドセットを効果的に活かす
5.赤ら顔、美顔と肌のツヤ:私はこうして赤ら顔を改善しました


ありがとうございます。

株式会社テクノウェイブでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう