1
/
5

未経験からのエンジニア!SESだけじゃない!Careconなら『受託案件』も!

エンジニアスクールは落選。壁を乗り越えるにはCarecon!!

ーー自己紹介をお願いします。

服部勇暉です。

現在30歳で、エンジニアになって3年目になります。

前職は電鉄系列の子会社で働いていました。

プログラミングは未経験の状態でCareconに入社しました。


ーーエンジニアを目指したきっかけを教えてください。

特に何かプログラミング的なことをしていたということではなかったのですが、元々パソコンは好きでした。

それで、パソコンを使った技術職で働きたいと考えたときにエンジニアにたどり着きました。


ーーパソコンがすきだったとはいえ未経験で飛び込むのは勇気がいりますよね。

転職活動を始めたときにまずはエンジニアスクールを受けたのですが…

実は、そこは審査で落ちてしまって…。

本当に何も知らない状態で挑んだので、スキルシートというものを書かなければいけなかったのですが、『何もわかりません』と書きました。

それがいけなかったのかな?と思い、転職活動をしながら独学で半年くらい勉強しました。


ーーどんなことを勉強しましたか?

ドットインストールや、後はアプリで出来るものを勉強していました。

プログラミングがどんなものかを掴むという意味で勉強していましたね。

自習だと限界があるな、と思ったのでやはり勉強がしっかり出来るところに行きたいなと思いました。


ーーそんな時にCareconに出会ったということですか?

はい。

独学で勉強した後もエンジニアスクールを考えていたのですが、転職活動中にCareconの営業の方に出会いました。

スクールは年齢制限があるところや卒業した後の私自身が希望する進路だと難しいなどいくつか壁があり悩んでいたのですが、Careocnなら私が希望する方向性に進んでいけるかなと思いました。


ーーどんな方向性ですか?

webエンジニアです!

Careconはカリキュラムもあって、育成もしてくれるし、webエンジニアとしてデビューしている方もいると聞いて、いいなと思いました。

スクールでは厳しいかなと感じていた年齢も、問題ないとのことでCareconでエンジニアを目指すことに決めました。


カリキュラムはきっちり半年で終了。エンジニアになるための道具の使い方を教えてもらいました。

ーーカリキュラムは大変でしたか?

実はあまり苦労しませんでした。(笑)

期間も会社が目標としている半年以内に終わったり、カリキュラム外で気になったことを深堀して調べたりもしました。

本当にコードを書くことが肌に合ってるという感じで、エンジニアにはなるべくしてなるのだなと感じましたね。


ーーすごいですね!カリキュラムはあまり満足出来なかったですか?

そんなことはないですよ。

エンジニアとして働いてみて、働く上で基礎がしっかり抑えられているなと思います。

正直、自分次第で学ぶ内容は濃くしようと思えばいくらでも出来ます。

カリキュラムではエンジニアとして働くための道具の使い方を教えてもらったという感じです。

仕事に行く準備が出来るようになるという感じで、カリキュラムを終えることができれば実際に現場に入ってタスクを振られてもドギマギすることはないと思いますよ。


--大工さんだったらトンカチやカンナの使い方をまずは教えてもらうみたいなことですか?

そうです。

今まで道具の名前は知ってるし何となくこう使うのかな?みたいな事は知っていたのですが、その正しい使い方を教えてもらいました。

具体的にはPHPやJavaScriptの書き方とかです。

GITなどのツールの使い方とかもそうですね。

それを上手く使いこなすかどうかはその後の本人の努力次第です。

武器を増やしていくかも本人次第です。


SESもいいけど…これからは『受託案件』!!一からCareconで作り上げることが楽しみです。

ーー今後の目標は何かありますか?

実はこれからCareconが受託案件を受けるという話が出ていて、そこに参画する予定です。

まずはそこが楽しみですね。

しっかり評価していただけるように頑張りたいなと思っています。


ーー受託案件はどういうことをしますか?

今のCareconエンジニアは、大半がクライアント企業様に派遣していただいて各現場の案件に参画しています。

そうではなくて、Careconが依頼を受けて、Careconとして成果物を作っていくということをします。


ーーなるほど、新しい取り組みですか?

前にいくつか受けていますがまだまだ少ないです。

会社的にはこれからどんどん増やしていきたいということだったので、これからは受託案件で頑張っていけたらなと思ってます。


ーーどんなところに魅力を感じていますか?

やってみて分かったのですが、SESだとその会社の社員さんがいて、私たち派遣がいるので結構色々なところに気を遣います。

プレッシャーも大きいです。

トラブルが起こった時の責任の所在だったり、派遣の立場として少し難しいと感じることもあります。

あとは、どれだけ派遣先で成果を出してもCareconにその成果が伝わって評価されるというのが中々難しいなと感じています。

受託案件だとそこはしっかり見せていけるなと思います。

色々な現場を経験するのが好きという方はSESの方が良い部分も多いと思いますが、私は自社でやれるほうがやりがいがあるなと感じています。

案件を選ぶ段階から参画させてもらえるので楽しみです。

『これ俺が作ったんだよ』というのを言えるような上流工程の部分などを担当したいという思いがあるので、是非Careconの受託案件でやっていきたいですね。


ーー最後にCareconへの転職を考えてる方に何かあればお願いします!

他の会社に比べてお堅い規則というのはあまりないので、楽しく働けます。

会社のホームページやWantedlyの会社ページを見ると部活やイベントなどがあったりとワイワイしている会社というイメージがあるかもしれませんが、全員がそういうわけではなくて、みんなそれぞれのスタイルで働いています。

私、友達多い方ではないのですが(笑)

それでも心地いい環境だなと感じています。

みんなそれぞれを受け入れている感じですね。


ーー多様性があるということでしょうか?

そうです!

みんなそれぞれです。

会社が色々イベントを考えてくれるのですが、参加は強制ではないです。

自分で深くかかわったりしようと思えばできる環境もありますよ。

あとは前のインタビューで言っていた方もいましたが、営業さんとの距離が近いので、自分のスキルも分かってくれていますし、次に行きたい案件とかの相談も気軽にできるのは本当に良いところだと思います。

***

Careconでは服部さんのようにSESも受託案件も興味があるエンジニアを全力で応援していきます。

少しでも気になる方やお話を聞いてみたい方はお気軽にご連絡ください!

いつでもお待ちしております!

株式会社Careconでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング