1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ミーハー学生だった私が、広告代理店でテレビCMとか売ってて良かったと思った3つのこと。

Photo by Matt Chesin on Unsplash

はじめまして。

株式会社一広グループホールディングスのW(仮名)です。

弊社はテレビCMも多く扱っている総合広告代理店。

私は営業としてテレビCMをはじめ、ラジオ、新聞、雑誌、WEBなど、

様々な広告を企業様にご提案しています。


学生時代から憧れていたテレビCMにも何本も携わってきた今、

改めて就活時代の自分や転職活動中の皆様に伝えたい

「広告代理店の営業ってこんなに楽しいぞ!と思った瞬間」を3つご紹介させてください。


1:テレビやメディアの公開前の情報を知れた時!

ミーハーな私にとって、最初は衝撃でした…。


2:広告の成果が出て、お客様に喜んでいただけた時!

これは広告業界に限った話でもないかもしれませんね。代理店の営業は大変なこともありますが、お客様に「ありがとう!」と言っていただけた瞬間、全てが報われた気がします!


3:SNSでの反響を見れた時!

やはりテレビは影響力の大きい媒体ですので、CM放映後にTwitterなどに反応を書き込んでいただけるこもあります。そうした書き込みを見つけた瞬間は、クライアント様のお役に立てているという喜びと共に、世間に影響を与えているとやりがいを実感します!

大勢の人の生活の中に、自分が関わったものが出回るという喜びは病みつきになりますよ!


広告の仕事って楽しいです…

学生時代からミーハーで、華やかなテレビCMに憧れて広告業界を志望していた私。

一広を選んだ理由も「全国ネットのテレビ局とも関わりが深く、テレビCMの実績も多数ある」という点に惹かれたからです。

一広は100人規模の会社なので、自分の力で一からお客様を獲得しなくてはいけません。電話をかけるのも、アポを取るのも、提案内容を考えるのも、プランニングするのも、基本的には全て自分です。

でもそのぶん、最初から最後まで自分が関わることができるのが仕事の魅力!

クライアントから頼りにしていただけますし、「このCMは自分の仕事だ!」と胸を張って言うことができます!

最初のきっかけは「テレビCMに携わってみたい」とか「芸能人にあってみたい」とか、そういった動機で良いんです。そんなミーハーなあなたの心を撃ち抜くやりがいが広告営業にはあります!

※この記事は社員へのインタビューをもとにライター・佐藤ショウタが加筆修正したものになります。

株式会社一広グループホールディングスでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう