1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【102秒で読める社員インタビュー】広告営業に入社を決めた理由を聞いてみた。

こんにちは!一広グループホールディングスの採用担当・佐藤ショウタです。
皆様の転職活動の一助になれればと思い、現役社員に「ズバリ、うちに入社を決めた理由」を突撃インタビューしたいと思います。
記念すべき第1回目。協力いただいのは、私の席から2mぐらい離れた席にいた営業社員Mさんです。

※102秒は私が読むのにかかった実際のタイムです


一般広告事業部 営業担当 Mさん
新卒入社の生え抜き組。テレビCMをはじめ幅広い広告媒体を使いこなし、クライアントの課題解決を成す敏腕営業社員。提案力と行動力で多くのクライアント様から信頼を集めている。

──Mさんは一広でどんな仕事をしているんですか?

M:広告営業をしています。広告を通してクライアントの課題解決をする仕事です。
お客様先に伺い、課題をヒアリングし、その情報をもとに社内、社外の人を動かして課題解決のための提案を行うのが主な仕事です。フロントに立つ責任の大きな仕事ですが、課題を解決し、お客様の信頼を得られたときはとても大きなやりがいを感じますよ。


──今回のテーマが「なぜ当社に入社を決めたのか」ということなのですが、スバリ入社を決めた理由はありますか?

M:売り物が決まっていないこと…ですかね。
広告営業は形あるモノを売っているわけではありませんし、特に当社は総合広告代理店として幅広い媒体を扱っています。ですから、お客様のニーズにあわせて様々な提案を行うことができるんです。その自由度に惹かれて、入社を決めました。あと、テレビCMに強いという点にも魅力でした。


──Mさんは新卒入社ですよね?やはり就職活動は広告業界を中心に受けていたのですか?

M:いえ、当時は広告に限らず、あらゆる業界の営業職を受けていました。営業をやりたいというのは決まっていたのですが、自分の性格が好奇心旺盛というかミーハーな部分がありまして…。様々な業界に興味が湧いて、様々な企業に応募していましたね。


──もしかして最終的に広告会社を選んだのも、そのミーハー精神があったから?

M:そうかもしれません(笑)
先程お話した「売り物が決まっていない」という点が道を決めた理由だとすれば、興味を持ったきっかけは、やっぱり「広告ってカッコいい!」という思いです。カッコいいですよね、広告。


──実際に広告の営業としてお仕事してみて、どうですか?

M:楽しいですよ!本当に!もちろん大変なことも多いですが(笑)
結局のところ自分はミーハーなので、テレビから自分が携わった仕事が流れてきたりすると、素直に嬉しいです。モデルの方や、女優さん、俳優さんとの撮影に立ち会う時は、やっぱりテンション上がります。他の仕事ではなかなか出来ない体験かもしれませんね。


──最後に、いま転職活動をされている方に一言お願いします

M:あるがままに、わがままに!自分のやりたいことを信じ抜いてほしいです。
もしご縁があれば、一緒に仕事をしましょう!

以上、現役社員に「なぜ一広に入社を決めたのか」を語っていただきました。

一広に興味をもつきっかけにしていただけたなら幸いです。

あなたに良い出会いがありますように…。

株式会社一広グループホールディングスでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう