アパレルから“今どきの仕事”インフルエンサー事業への挑戦!

こんにちは!スターミュージックの広報担当です!

弊社では音楽事業をはじめとしてインフルエンサー、広告事業も展開しております。

音楽を武器に様々な業界と仕事ができることが強みです。

そこで今回はアパレル業界から弊社に転向された広告事業部 メディア運用課 / 課長の石井さんにスターミュージックの魅力や仕事について伺いました。

アパレルからインフルエンサー事業へ転身した思い

--経歴について教えてください!

私は、外資系アパレルブランドで7年間働き、その後2018年4月にスターミュージックに入社しました。現在は広告事業部メディア運用課の課長として、インフルエンサーマーケティングをメインにマネジメント会社やキャスティング会社と連携して、案件の進行を担当しています。

--なぜアパレルからスターミュージックに入社を決意したのですか?

私のこれまでの経験を活かし、新しいことにチャレンジしたい!と思ったからです。

当時、Instagramが流行り出していて、モデルや、著名人、アパレル業界の関係者など、私の周りの多くの知人がインフルエンサーとして活躍していました。そんな中、私はこのままアパレル業界に留まるか悩んでいた時に、今の上司から「石井さんのアパレル経験や人脈を広告業界で活かしてみないか?」と熱く誘われました。

私は、直ぐにスターミュージックで働くイメージができ、「新しい業界でチャレンジしたい!」と強く思い入社を決意しました。

--ご自身が仕事をする上で、大切にされていることを教えてください。

コミュニケーションを一番大切にしていますね。

インターン生や女性スタッフが多いので、彼女達が働きやすく、企画提案や、情報共有が円滑に行える環境にする為、私からできる限りコミュニケーションの時間を作るようにしています。例えば、出勤時に挨拶のみで仕事に取り掛かるのではなく、女性スタッフとは、ファッションやメイク、食事の話などするように心掛けています。男性スタッフとは、退勤後「この後どこに飲みに行く?」などフランクな雑談で盛り上がっています(笑)

現在、スターミュージックでは、全国各地より約1,000名のインフルエンサーが登録をしています。必然的にメールや電話での連絡も多くなるので、インフルエンサーさんとのやり取りは、案件の内容が正確に伝わるように言葉一つ一つに気を配っています。

--自分を表す # ハッシュタグを教えてください!

「#特攻隊長 」ですね(笑)

気が付くと色んな場所で盛り上げ役になっていることが多いです。

最近は嬉しいことに、取引先との打ち上げやインフルエンサーの誕生日会など、多くの人が集まる場所に招待されることが増えてきました。基本的に人見知りはしないので、すぐ仲良くなろうと、ついつい話し過ぎてしまいます・・・

初めてお会いする方には、”馴れ馴れしい”と思われていないかたまに気になります(苦笑)

流行の最先端にいるスターミュージックだからこそできる事

--ご自身が働いていて、嬉しい瞬間はどんな時ですか?

第一に部署で掲げた目標に対して、100%以上の結果が出たときです。

目標に向かってチーム一丸となって進行していくなかで、案件によってどのインフルエンサーが商材にマッチするかなど、マーケティングからクリエィティブまでかなり慎重に行います。

そんななか、私たちのプランニングとインフルエンサーとの投稿が世の中に出て、商材がヒットした時は、今までチームでやってきた仕事が報われた気持ちになり大変嬉しいです!

チームの成長が私の成長だと思っているので、新しく入ってくるスタッフにもこの喜びを共有したいと強く思っています!

最後にいつも厳しい事業部長に、新規の案件を任せられたときは、信頼されていると実感が湧き、「新たなチャレンジ!」と思いますね。

--石井さんにとってスターミュージックで働き続けるメリットは?

最先端の流行をすぐにキャッチできる事です。

私が携わっているインフルエンサー事業は、いわゆる“今どきの仕事”です。時代の流れに沿った仕事をしているので、流行りの知識や情報をキャッチしないといけません。そこで常に情報収集する姿勢が求められます。

これは音楽やメディアに限らず、他の仕事でも絶対に必要なスキルだと思っています。

スターミュージックで働き続けることで、このような知識やスキルが身に付くことは最大のメリットだと考えています。

スターミュージックで働くことで広がっていく人々の輪とは

--入社して一番記憶に残るエピソードについて教えてください。

初めて担当したインフルエンサーの結婚式に招待されたことです。

私が入社して間もない頃は、右も左も解らず我武者羅に働いていました。今思い返せば、進行ひとつ上手くいかず、インフルエンサーに迷惑をかけてしまった事もあるかもしれません・・・そんななか、結婚式に招待して頂き、「石井さんと一緒にお仕事をさせて頂きありがとうございます」と温かいメッセージを頂き、更に3次会まで招待して頂いたことは、一生の良き思い出です。今でもその方とは、一緒にお仕事させて頂いております!!

--スターミュージックの好きなところを一つ教えてください。

コミュニケーション能力に長けた人がとても多いところですね。

スターミュージックのビジョン「いつの時代も心を豊かに~always be happy~」の元、事業部問わず、コミュニケーション能力に長けた、魅力的なスタッフが沢山います!

執務室は、常に心地よい音楽が流れていますし、オープンスペースなのでスタッフ全員と気軽にコミュニケーションが取れるところがいいですね!

事業部の打ち上げや、全社員揃っての忘年会や夏のBBQなどは、役職関係なく皆さん盛り上がっています!!そんな時、いつも話さないスタッフとの意見交換や他事業部のスタッフからアドバイスをもらったりして、今後の仕事に役立てています!

--現時点で考える自社の魅力は?

スターミュージックは音楽をメインに事業を展開しているので、弊社に登録している人気インフルエンサーの楽曲・映像制作からリリース、多種多様なイベントにキャスティングする事が可能です。音楽事業部のスタッフは、皆さん各部門のエキスパートばかりなので、とても頼もしいです!音楽事業部と連携して、スターミュージックならではのコンテンツ制作はとても魅力的だと感じます。

私が思う最大の魅力は、自分の意見や企画を何時でも事業部、社内に提案することができ、最短で実行できる会社だと思います。今後「広告×エンタメ」でチャレンジしたい方!お待ちしています!!

--現時点で考える事業部の課題は?

広告事業部の業務は一つ一つが売り上げ、数字に直結します。

任される業務も多く、数字に直結するのでより結果を求められる部署です。プレッシャーがかかる事も多いので、チーム全体が、同じマインドで協力しあって目標をクリアすることが直近の課題です!

-今後、どのようなメンバーと一緒に仕事をしたいですか?

自分自身のビジョンが明確で、やる気のある方とお仕事がしたいです。

ビジョンは何でも良いと思います。自分の半年後・1年後・3年後のビジョンが見えてる人は成果が出やすいですし、明確な道筋があるだけで成長スピードが全然違います。

どうなりたいのかをしっかり考えて仕事に取り組める人だと良いですね!

株式会社 スターミュージック・エンタテインメント's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more