1
/
5

【メンタルヘルスコラム】4人に1人が経験する!5月病とのつき合い方

こんにちは!キャル株式会社 採用・広報担当の戸床です。

若葉が輝く季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

さて今回はメンタルヘルスに関するお話をお届けいたします。

ゴールデンウィークを過ぎた頃に注意が必要なのが、「五月病」です。

新入社員や人事異動など環境変化のあった方が、新しい環境への適応がうまくいかず、なんとなく体調が悪い、やる気が出ないなど心身に不調があらわれる状況を言われています。五月病は正式な病名ではありません。医学的には、「適応障害」、「抑うつ状態」などの病気と関係があるとされることが多いです。


ストレス対処法を多くもっておこう

五月病への対応策としては、ストレスをためないことが大切です。上手に気分転換できるように、日頃からご自分に合ったストレス対処法を多く身につけておきましょう。

-親しい人たちと交流する
友人や知人と話をすることで、不安やイライラした気持ちが整理されて、自ずと解決策がみえたり、アドバイスがもらえたりします。

-笑う
笑いによって、ナチュラルキラー細胞が活性化され、自律神経のバランスを整えたり、免疫力を正常化させたりする効果もあります。日常生活に笑いをとりいれましょう。

-仕事から離れた趣味を持つ
自分の好きなことができる時間を大切にしましょう。仕事から解放されているという実感が、仕事への意欲も高めます。趣味を介した、仕事とは関係のない人々との交流は、新たな人間関係を生み、生活の幅を広げます。


自分の「考え方のクセ」に気づき、自分にやさしくなろう

疲れを感じる背景として、自分で自分を追い込んでしまっている面もあるかもしれません。自分の「考え方のクセ」に気づいて、自分にやさしくしてあげましょう。

-「全か無か」思考(完璧主義)
物事を「白か黒か」「成功か失敗か」の両極端に分けてしまう考え方です。「できなかったこと」ではなく、「できていること」に目を向けてみましょう。

-過度の「一般化」
否定的なことがあると「いつもこうだ」と一般化してしまう考え方です。「本当に毎回そうだろうか」と自分に問い直してみましょう。そうでないときを発見できれば、少し、気持ちが落ち着くはずですよ。

-「すべき」思考
自分の基準でしか行動できず、うまくいかないと罪の意識を持ったり、相手に腹が立ってしまう考え方です。否定的に断定せず「〇〇であればよい」程度の言い方、考え方に変えてみるといいかもしれません。


新しい環境に適応するためにはたくさんのエネルギーを必要とします。ここでご紹介した対処法をやってみる元気もないという方もいるかもしれませんが、それは、心と身体がもう十分頑張ったから休みたいというメッセージ。まずはゆっくり休んでエネルギーをチャージしてあげましょう。長くいきいきと働き続けるために、自分と上手に付き合う方法をたくさん見つけていきたいですね。

皆さんの今日が良い一日になりますように★

会社の雰囲気を知りたい・一緒に働くメンバーについて知りたい・まずはカジュアルに話してみたいなど、お気軽にご連絡ください。

キャル株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう