1
/
5

《Red INTERVIEW #1》Redの中核を担う営業統括部長:吉川俊平《シゴト編:前半》

記事を開いていただきありがとうございます!                          株式会社Red 広報兼マーケティング部長の須永です!

今回スポットライトを当てたのは、Redの中核である営業部を取り仕切りながらCAMPUS(インターン)生の教育研修を統括している営業統括部長吉川さんです。                       爽やかなルックスと誰もが惚れる中身を兼ね備えた吉川さんに、仕事に対する思いや今後のビジョンなどについてお話ししていただきました!

CAMPUS(インターン)生達の成長に誰よりもコミットしている吉川さんだからこそ見えている景色、持っている価値観などについて深掘ったインタビューとなっているので、すでに働かれている方はもちろん、特に学生の方は必見です!

(ご覧いただけた方はぜひ♡のクリックをお願いいたします!)

---------------------------

吉川俊平 Shunpei Yosikawa

長野県出身/専修大学卒業                                    学生であるうちから株式会社Redの立ち上げに携わり、現在は営業統括部長を担いながらもプレイヤーとして現場で活躍しながら、CAMPUS(インターン)生の教育&研修を取り仕切っている。代表の久保田とはキャリアコンサルでサポートをしてもらったことがきっかけで交流を深めた。                 「みんなの人生の主役になる」という座右の銘を掲げ、どれだけ”人のため”になることができるかを目標に日々業務に取り組んでいる。

✔︎現在はどのような仕事をされていますか?

株式会社Redにて営業統括部長を担っています!                         日々プレイヤーとして結果を追求することはもちろん、CAMPUS(インターン)生の教育&研修を任されています。toCとtoBの2軸でアポインターと商談どちらも担当しているのですが、やはり教育&研修をする上で「現場で活躍している」ことは大切だという思いを持ってますね!個人の成績はもちろん、いかに学生が成長できるかを追求できるかが自分の使命だと感じているので、そこに関しては一切の妥協なく日々代表の久保田と打ち合わせを重ねながら改善と修正を繰り返しています。

(インターン生研修中の様子…人の字…ゴル◯松◯さんリスペクト?)

✔︎大変だった、苦労した思い出はありますか?

そうですね…やはり営業を始めたての頃はかなり苦労しました!(笑)                 初の仕事はアポインターだったのですが、最初の1週間は全く結果を出すことができずテレアポという仕事から逃げ出したくもなりました。しかしそこで挫けたり折れたりせず『どうすれば結果を出せるか』について主体的に考え、当時のメンターに積極的に自ら質問をしに行くようになりました。初めから答えを聞きに行くのではなく、あらかじめ自分なりの”答え”を考えてから質問をしに来る姿勢が良かったと、メンターの方に褒めてもらえたのは良い経験でした!今の自分の働き方にも、あの頃の経験は非常に活きていると思います!

✔︎テレアポという業務から得たモノは?

得たものはたくさんありますね!ただその中でもやはり相手に意図を伝える”トークスキル”や会話の”テンポ”、会話を続けるために必須な”抑揚”、こういったスキルは今でも本当に身について良かったと思います。現在はプレゼン・商談も担当しているのですが、非対面といえどテレアポを経験していたからこそ上手く返せたり、相手のニーズに刺さるワードを出せる場面があります。                 また、スキル以外の面でも得たものもあります。テレアポはとにかく数が重要視されるのですが、そうするとやはり成功体験が少なく心が挫折しそうになります。そこで諦めずに、”結果にフォーカスした思考”を意識するという考えがダイレクトに身についたことも、大きな経験です。今も楽なことより苦労することの方が多いですが、あの頃の気持ちを忘れずにいることで何があっても挫けない自信を持ってていると考えています!

株式会社Redは一緒に働く仲間を募集しています!                         お気軽にご連絡ください!

株式会社Red's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings