1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

デジタル技術による圧倒的な変革で水処理インフラの生産性倍増を実現 取り組む課題の大きさからすれば、10%や20%の改善では足りない。狙うは、大きく水処理インフラの生産性の「倍増」だ。そのためには、世界に未だない革新をEnd to Endで実現することが求められる。つまり、プラントの建設から運用までの全体をデジタル技術で最適化し、そのポテンシャルを最大化することで、あるべき姿を創造する。加えて、技術導入のボトルネックであるセンサーなどにも独自の解を見出すべく、自社ラボでの研究開発に挑む。

なぜやるのか

地球の水不足問題の解決に向けて画期的なデジタル技術の発明とその事業化を通じて水インフラを抜本的に変革する 世界では「2050年に50億人(地球人口の50%)が水不足に晒される」という社会課題が顕在化している。従来の水インフラは、ハードウェア技術、経験・知見、そして現場の重労働に支えられてきたが、それらの改善の範疇では、この巨大な課題を解決することはもはや適わない。今こそ、新しい技術の力でブレークスルーを引き起こす必要がある。我々は、デジタル技術(AI・IoT×Simulation)による革新でこの課題解決に挑む。ただし、それは簡単で成功しそうだからではない。むしろ困難で失敗と革新の余地が大きく、それが我々にとってとてもエキサイティングだからだ。

どうやっているのか

Simulation×AIによる持続可能な社会インフラを実現するため、下記のValueを掲げて取り組んでいます。 ◆ 地球人目線 地球と共存する水インフラを考える ◆ 最前線 未踏の壁に挑み、未来を開拓する ◆ エンターテイナー 不確実性をテクノロジーで驚きに変える ◆再構築 既成観念に囚われず、根本から見直す