”子どもの頃の自分が感動できるものを” 転職して気づいた、デザイナーとして本当につくりたいもの

今回は、COMPASS立ち上げ期に一人目のデザイナーとして入社し、人工知能型教材Qubenaの開発を一から手がけた鈴木のインタビューです。デザイナーとしての原点や、教育系ITベンチャーであるCOMPASSへの転職を決断した理由、教育事業に携わる魅力について語ってもらいました。

プロフィール

鈴木雄大(すずきたかひろ)/デザイン部部長
名古屋工業大学大学院卒。卒業後サイバーエージェントに勤務。2015年、COMPASSに入社。

COMPASSに入社した理由

小学生時代、自作ゲームが教室内で大流行

−デザイナーとしての原点は何ですか?

子どもの頃から絵を描くことが大好きで、小学生の時は休み時間になると決まって一人で自由帳に絵を描いていたのですが、ある日ゲームを作ってみたんです。

それは当時流行っていたテレビゲームを題材にしたものでした。色んなキャラクターを顔・手・足などのパーツに分割して、パーツごとに番号を振っておき、サイコロの出目に沿ってオリジナルキャラクターを即興で描くというものです。そうするとヘンテコなキャラクターが出来上がるわけですね。嬉しいことに私の机の周りでは常に笑いが沸き起こっていました。本当に評判が良くて、休憩時間が終了しても友達が席に戻らないので先生に注意されることもよくありました(笑)。

この頃から、“自分が考え、作ったもので人を喜ばせたい”と思うようになったんですよね。これがデザイナーとしての私の原点だと思います。

中学・高校と、絵を描くのが好きだという気持ちは持ち続けていました。その流れで「分野として近そうかな」くらいの気持ちでデザインを学べる大学に進学したのですが、入学後は、デザインという技能・学問の奥深さに夢中になりました。特にグラフィックデザインが好きでしたね。

就職先を選ぶ際は、大好きなデザインが活かせる仕事で、かつ、自分で「何をつくるか」から関われる会社に絞って見ていました。そこで興味を持ったのがサイバーエージェントでした。

“子どもの頃の自分が感動できるものを作りたい”という気持ちに気づく

−COMPASSに入社する前、サイバーエージェントではどんなことをしていたのですか?

Amebaアプリのスマホ版ポータルサイトのページデザインやアメーバブログのエディター作成など幅広く経験させてもらいました。そして3年目にはソーシャルゲームを開発する部署に異動し、新規事業の立ち上げや既存サービスの運用にも携わりました。

−なぜ教育系ITベンチャーであるCOMPASSへの転職を決意したのですか?

簡潔に言うと、「誰も見たことのない、世界で一番良いもの」を作りたいと心から思ったからです。正直初めは”教育”という分野には全くと言っていいほど興味がありませんでした。ですが、代表である神野が本気で教育の世界を変えようとしている姿勢や最高の製品を作ろうとする想いが自分の価値観とマッチし、転職という決意を後押ししてくれました。

もちろん私が入社する時は、企業認知が皆無の状態でローンチ後もサービスの浸透と拡大には苦戦するのではというという不安もありましたが、今では大手学習塾との共同開発や学校法人への導入、フランチャイズ展開など、たくさんのお客様にコンテンツを届けられるようにまで成長させることができ、とても充実したやりがいのある日々を送っています。

− “教育”には、どのタイミングで興味をもったのですか?

COMPASSで働き始めてすぐに”教育”という分野に面白さを感じました。

実は転職時、昔から好きだったゲームを作る仕事がしたいと思って、コンシューマー系のゲーム会社も視野に入れていたんですよね。

でも、この会社で働いてからゲームを作りたいという想いは、“子どもの頃の自分が感動できるものを作りたい”という気持ちから生まれたんだと気がつきました。オフィスに併設されている直営塾「Qubena Academy」で自分がデザインしたコンテンツをとても真剣かつ楽しそうに勉強する子どもたちの表情を間近で見た時にそう確信しました。

私自身が子どもの頃に感動したものがたまたまゲームだっただけで、本質的には子どもの頃にはまって大人になっても一生覚えていて、思い出とか血肉になっているものを作りたかったんですよね。“教育”はまさにそれが実現でき、本質的に自分がやりたいことであると気づきました。

今は子どもが喜ぶもの、感動するもの、記憶に残るものとはどんなものなのかを考えながらプロダクトを作ることにやりがいを感じています。


誰も見たことのない、世界で一番良いモノ
子どもたちが感動するモノを作りたい。

COMPASSで働くということ

“未来を生きる子どもたちの可能性を広げたい”

−COMPASSでデザイナーとして働くことの魅力を教えてください。

ビジネスのためというよりは、ユーザーのために社員みんなが純粋にいいものを作ろうとしているところが私は好きですね。スピード感があって柔軟にコミュニケーションがとれるので誰でも自分の意見を発信しやすく、それを真摯に受け止めてくれる風土はとても魅力だと思います。

また他の教育系ベンチャーよりも優位な点として、直営塾を経営しているのでユーザーテスト・ユーザーインタビュー等で改善点を吸い上げて改善していくフローが整っています

特にUIデザインはエンドユーザーと直接コミュニケーションを取ることに手間がかかり、対象者が子どもだと余計にコンタクトを取りにくいものなので、COMPASSはとても恵まれた環境だと感じています。子どもとの接点は作ろうとすればいくらでも作れます。子どもたちと単に雑談するだけでもとても面白いし、勉強になりますよ。


自分の意見が発信しやすく柔軟かつスピーディな
コミュニケーションがとれる職場です

−入社したらどんなことができますか?

業務範囲は非常に多岐に渡り、UI・UX全般、グラフィックデザインやアニメーションを応用したコンテンツデザイン、広告・チラシ・パンフレット、オフィス・空間、イベントブースのデザインなどとにかく幅広いです。ただ一人ひとりがすべてをやるというわけではなく、たくさんの選択肢の中から挑戦したい領域を自ら選んで頂きたいと思っています。

−COMPASSのサービスを通じて世の中にどういう価値を提供したいですか?

弊社の企業理念にも挙げていますが、Qubenaで勉強時間を短縮し、余剰時間で勉強以外のことにも目を向けてもらい、子どもたちが可能性を最大限に引き出せる環境を創りたいです。将来的には、Qubenaを使うことで生まれた余剰時間を有効に活用するプロダクトも開発していきたいと思っています。

自分を含めて、多くの大人たちは、自分で人生の道を選んでここまで来たと錯覚しがちですが、生まれてから大人になるまでに与えられている選択肢って実はそんなに多くないと思っています。いろんな可能性に目を向けられる時間を増やし、可能性に気づくきっかけを無数に用意できれば、総当たり的に選択肢が広がりますよね。“未来を生きる子どもたちの可能性を広げたい”、そんな想いを抱く仲間と一緒に働きたいですね。

株式会社COMPASS's job postings
Anonymous
1005319c 2512 4141 ad48 b464b8281c9e
0bcff1c4 ec80 417c 97c3 aefe0c2773f6?1551107871
8ff7bf80 d35c 43f0 9e71 db8b53044b37?1511762844
3 Likes
Anonymous
1005319c 2512 4141 ad48 b464b8281c9e
0bcff1c4 ec80 417c 97c3 aefe0c2773f6?1551107871
8ff7bf80 d35c 43f0 9e71 db8b53044b37?1511762844
3 Likes

iOS

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon