Wantedlyを使うと運命のチームやシゴトに出会えたり、シゴト仲間のつながり管理が簡単になります

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

なにをやっているのか

私たちコンコアーズは建設産業のスマート化を目指す建設xITのスタートアップです。

現在は建築生産者のための写真共有プラットフォーム「Photoruction(フォトラクション)」(http://www.photoruction.com)のβ版を提供中で、大手ゼネコンから町の工務店まで幅広くご利用いただいています。

建物を建てるにあたって写真を数万枚撮影するため、整理や管理が煩雑になっていますが、Photoructionはそれを解決するSaaSです。

会社設立からまだ1年経っていませんが、資金調達の実施やBASE社現役のCTOで「モバツイ」開発者の藤川氏のジョインなど、着実に体制を強化してきました。

(メディア掲載)
・資金調達
https://thepedia.co/article/1983/?order=10&
http://thebridge.jp/2016/12/photoruction
・藤川氏が技術顧問に就任
https://thepedia.co/article/2200/?order=4&
http://thebridge.jp/…/fshin2000-joins-photoruction-as-a-tec…

また、インターネット業界の経営者・幹部が一堂に集まるイベントIVSの新規サービス発表の場であるLaunch Padで入賞(https://www.youtube.com/watch?v=a1GCp5LgcQ8)するなど業界からも注目されているサービスです。

なぜやるのか

代表である中島は日本を代表する大手建設業で設計や現場監督を経験してきました。

そこで、建設産業はまだまだ『不』が多い業界であり、IT化という点でも他と比べて圧倒的に遅れていると実感すると共に、テクノロジーの力で多くのことを解決できると思いました。

建設業は3K(キツイ・キタナイ・キケン)の代名詞と言われていますが、今後10年で130万人の労働人口が不足すると予測され、多くの人がますます過酷な環境の中で働くことになるでしょう。

「まずは働く人を楽にしたい。そして業界をテクノロジーの力で3Kではなくスマートと言われるように変えたい」

そういった単純な想いでPhotoructionを開発しています。

大変なチャレンジですが、日本のGDPの1割を担い就業人口500万人という巨大産業のスマート化は非常にやりがいがあり意義のある仕事です。

どうやっているのか

チームはITと建築それぞれのスペシャリストで構成されてます。

ユーザーヒアリングを通じて、どうしたらユーザーにとって価値のあるものになるのか、双方の視点から議論し複雑な要件をシンプルなUIに落とし込んでいきます。

代表含めて全員がエンジニアなため、一丸となって開発を進めることが可能です。

今後は機械学習やIoTなど、技術的にチャレンジングな領域にも取り組んでいきたいと思います。

ソーシャル

私たちについて

コンコアーズは「建設の世界を限りなくスマートにする」をビジョンに掲げる建設×ITのスタートアップです。
現在は建築生産プラットフォーム「Photoruction(フォトラクション)」の開発・運営を行い大手建設業から小さな工務店まで幅広くご利用いただいてます。
共に巨大な既存産業のスマート化という大きなチャレンジをしてくれる仲間を募集しています!

CONCORE'S株式会社の募集

もっとみる

地図

東京都渋谷区鶯谷町15-10 ロイヤルパレス渋谷302

Page top icon