Connect×チーム/組織づくりをするエンジニア

採用広報担当の西村です。今回から社員インタビューを通してコネクトムの人・職場の雰囲気を伝えていきたいと思います!今回はエンジニアの選考を担当しているシステムソリューション部 部長、土屋尾 拓郎(どやお たくろう)さんにインタビューしました。


よろしくお願いします!まずは現在の仕事内容を教えてください。

今やっていることは、目標策定とそのモニタリング、採用、育成をやっています。また、急速に拡大している中での体制変更や人員増加に対する受け入れ体制の構築などをしています。個人のミッションとしては新たにプロダクトオーナーとしても動きはじめることにもなったので、そのための準備なども行っています。

他にはメンバーとの1on1を隔週サイクルでやっています。1on1は目標に関しての話をすることがメインの目的ではありますが、チーム外で落ち着いて深く話せる場があることが大切だと思っています。

会社員→フリーランスを経て見えた、やりたいこと

中途入社が多いコネクトムですが、土屋尾さんも中途入社ですよね。そもそもなぜこの会社に入社しようと思ったのですか?

コネクトムへ入社したのは約3年前で、その1年くらい前にフリーランスのwebエンジニアとして活動をしていました。コネクトムに入社しまた会社員としてやることになったので、フリーランスとしての活動期間は1年にも満たなかったですが、フリーランスをやっているなかでいろいろ思うことがありました。

当時もすでにwebエンジニアは超売り手市場で、フリーランスとしての仕事も溢れている状態でした。一方で、「僕はコレ(= フリーランスとして・エンジニア個人としての価値発揮)をずっとやっていきたいか?」と考えたときに、違うだろうなとすぐに思いました。

なぜかというと、今の需要に甘んじてしまうと自身の市場価値が下がりそうだと感じた(怠け者(笑)なので、フリーランスとして自身を律しながら成長できるイメージが沸かなかった)のと、あとは単純に孤独感がありました。

フリーランスでも一緒に仕事する人は当然いるんですけど、つながりは比較的希薄だと当時感じていました。いまはフリーランスだからといってつながりを持ちにくいとは当時ほどは思っていないですが、それでも自らの働きかけ次第の部分はかなり大きいと思っています。

それよりは、会社という旗印のもとに人が集まって、今まで個人として価値を発揮していたところを、組織で価値を出せる仕事をしてみたいなと思ったんです。

そういった思いが悶々とあり、何人かの人と相談するなかで運良く紹介されたのがコネクトムでした。


当時のコネクトムは?

コネクトムは当時なにをしていたかというと、toSTORE(トストア:コネクトムの自社プロダクト)の前身にあたるプロダクトを扱っていました。

このプロダクトは社外のもので、訳あってコネクトムが譲り受けることになったのですが、そのタイミングで「(今後の自社の成長を考えると)社内でプロダクトを内製できる組織をつくるべきだ」、という話が持ち上がっており、エンジニア組織の立ち上げを引っ張れる人物を探し始めたという状況でした。そんなかで光栄にも僕に白羽の矢がたったというわけです。そういった意味で、僕はこの会社のエンジニアの1人目といえますね。


コネクトム入社の決め手は何でしたか?

当時の転職活動でコネクトム以外にも迷っていた会社はありましたが、選んだ決め手は、”コネクトムが一番難しそうだった”からです。組織作りの0→1にチャレンジできる環境というところが最も魅力的で、難易度が高く自身を成長させられると思いました。


その後、実際働き始めてみてどうでしたか?

人集め・プロダクトづくりなどいろいろやりはじめたものの、しばらくはちゃんと俯瞰して組織作りは全然できていませんでした(苦笑)

入ってすぐにやったことは初期のtoSTOREづくりで、この立ち上げをとにかく急いで、死に物狂いでやっていました。

初期プロダクトが落ち着いたあとは自分でコード書くシーンを減らし、そこからは本腰を入れて組織づくりに取り組むようになってきました。


入社後、一番苦労したことはなんですか?

精神的なことでいうと…結構最近ですね(笑) 専門職として組織づくりを行っていく中で、関心としている領域が事業開発の領域に一気に広がったのがこの1年でした。

組織づくりをやりたいという思いは入社当初から変わらずぶれていない。ですが、各プロダクトチームが大きくなってきて自分も視野が広がっていく中で、今までの専門性を活かしつつ、事業の視点をもっと組織づくりに取り入れられるのではと葛藤しているシーンがありました。

最終的に、事業に近い立ち位置から組織の意識の方向付けができるようになるには、どうしても事業開発をリードする経験が必要だという結論になり、新たなチャレンジ = プロダクトオーナーとしての成長の機会をもらえることになりました。

エンジニアリングの専門職からプロダクトオーナーというロールチェンジは社内では事例が無いので、そういった意味ではメンバーに向けた一つのロールモデルになれれば良いなとも考えています。

メンバー同士がお互いに「一緒にやりたい!」と思ってパフォーマンスを発揮しているチームをつくりたい

組織作りへの思いをいろいろと話していただきましたが、これからのコネクトムをどうしていきたいか、是非お伺いしたいです。システムソリューション部部長としてまずはプロダクトtoSTOREをどうしていきたいとお考えですか?

ミッション(= “Feel good”、パートナーと共に気持ちの良い購買体験を作る)を体現したプロダクトにしたいです。

現時点のプロダクトがミッションを体現できているかというと、まだまだ発展途上です。

現在、会社としてはマーケティング支援の領域を7Pに拡大しようと動いています。そうやって個人への最適化を目指すことで”Feel good”をつくっていこうとしています。

個人的には、商品やブランドに対して、みんなに好かれなくてもいいんだけど超コアなファンが作れるような、そういう方向性に関心が強いです。


チームについてはどのようにしていきたいとお考えですか?

コネクトムにジョインする最初から一貫しているのですが、「楽しさ」を求めたいなと。

仕事上で成果によってもたらされる楽しさはもちろんそうで、目標に向かった一体感があり、強い信頼関係でつながっている仲間と日々仕事するなかで生まれる楽しさを目指しています。


楽しさが大事だと思っている・重要な価値観である理由は?

人が生きているなかで仕事にかけている時間はとても長くて、仕事が人生そのものではないですが、人生を構成するとても大きな要素と考えています。ですので仕事において自身が成長したり、やりがいを感じたり、そうじゃないともったいないですし、欲を言うならやはり楽しさを求めたい。

個人的にはワークライフバランスとか、仕事とプライベートを分ける考え方はすこし苦手で、分断されているわけではなく、仕事もプライベートもそれぞれがそれぞれの一部として、無理なくその状態に皆がいれるような組織を目指したいです。


大切にしている考え方は?

チームを中心にして考えることです。

「THE TEAM」という書籍にチームの定義がありますが、書籍にあるように「共通の目的がある集団」 = チーム としたときに、会社の中をみまわしたときに自分が所属しているたくさんのチームがあります。それらのいろんなチームがどうやってよりパフォーマンスを発揮していくかをいつも考えています。

コネクトムの魅力はなんと・・・

インタビューも終盤になってきました。少し話を変えますね。会社の好きなところは?

おじさんが多いのがいいですね(笑)とても頼れます

僕(86年生まれ)より年上の人は結構多いです。別におじさんを集めていたわけではなくて結果的にそうなったんですけどね(笑)

技術的にも頼れますし、若手にとってはかなり学びを得やすい現場だと思います。


確かに落ち着いた雰囲気がありますよね。ベンチャーだと20代が多いってイメージですが、コネクトムの場合30代以上で活躍されている方も多いですね。

そうですね、あとはみんな優しいです。朗らかな人が多い。

話しかけて嫌な顔をされることはないし、ちゃんといじってくれる(笑) 面倒見がいい人が多いです。あとは、落ち着いているおじさんたちの熱さをもっと引き出すことが僕の腕の見せどころだと思っています。


ありがとうございました!最後にコネクトムに興味を持っている方へメッセージをお願いします!

「こんなこときいていいのかな」とか思わずに、選考に希望することなどあれば柔軟に対応できますので気軽に言ってほしいですね!(飲みにいきたいとかも全然可能です!)

人となりやその人の仕事のパフォーマンスは実際一緒に働いてみないとわからないと思っています。でもそれは当然こちらの一方的な都合ではなく、興味を持っていただいている方にとってもそうだと思っていますので、お互いにお互いのことを最大限知るための努力はしたいなと。

ですので、可能な限り選考上の要望に応えたいと思っています! まずは話を聞きに来るところからどうぞ!お待ちしています。


↓コネクトムについてもっと知りたい方はこちらもご覧ください!

「toSTORE(トストア)」プロダクトサイト

■求職者向け「会社説明資料」

株式会社コネクトム's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more