1
/
5

「好きなことを仕事にする」銀行員からブランド責任者に

__2020年1月に株式会社Coogeeに入社した岩谷香映さんは、入社半年後に自社で運営を行うアパレルブランド「&lottie」の責任者に抜擢されました。実は、彼女はまだ新卒1年目。いわゆる第二新卒での採用でした。新卒で入社したメガバンクからなぜブランド事業を行うCoogeeに飛び込んだのでしょうか。

新卒でメガバンク入社も…自分の中に感じた“違和感”

「大学では賃金格差や雇用問題など、社会に関する問題を学びました。勉強の他は、普通の大学生。オルチャン時代から韓国のアパレルやメイクが好きで、大学時代はK-POPグループのBTS(防弾少年団)にハマり、韓国にも度々行っていました。」

勉強とアルバイト、趣味に明け暮れた大学生でしたが、就活を迎えると急に焦りを感じたそうです。

「私はインターンをしたことがなかったので、就活が始まってから全力で取り組みました。希望したのはメーカーや金融です。飽き性なので、ひとつのことを続けるのが苦手。だから色々なことが勉強できて、人のためになる仕事をしたいと思い銀行を受けたんです。」


__その甲斐あって、岩谷さんは三井住友銀行に入行。支店の運営や銀行業務をこなしていましたが、入社後に「本当にやりたいこと」について考える時間が増えたといいます。

「銀行はとても勉強が多く、地方の寮生活。私生活は充実していませんでした。この先ずっとこうして生きて行きたいのか、と自分を見つめ直した時に、“好きなことで生きていきたい”とやっと気がついたんです。」

そうして自分の内面とひたすら向き合い、行き着いたのが、ずっと好きな韓国だったといいます。銀行を退職後、すぐにCoogeeを見つけたといいますが、その時の応募では採用には至らず。別のアパレル系ECに転職が決まりました。

好きを仕事にするための行動力でCoogeeに入社

__転職先の企業では、主にインスタグラムやツイッター、LINE@などの投稿・配信やインフルエンサーへのギフティングなど、銀行での業務とは全く異なるSNSマーケティングの世界に飛び込みました。

しかし、会社都合でまたも転職の機会が訪れます。どうしても諦められなかったCoogeeのWantedly募集ページを見たところ、偶然にも再度募集が行われていたそう。

「本当に運が良くて『これは受けるしかない』と再挑戦し、入社できました。韓国に行って仕事ができるのも魅力でしたし、業務が様々で、色んな経験ができるところも良かった。3社目ですが、今が一番充実してます」

Coogeeは「&lottie」の他、韓国コスメの「Milk Touch(ミルクタッチ)」「CILY(シリー)」の日本展開、また韓国モデルのテリ(taeri)らの日本のエージェント、その他にもアジアや韓国を軸とした様々なクライアントワークを行っています。

入社後は鈴木ヒロユキ社長と共に行動し、まずは会社全体の仕事を見ていたといいますが、徐々に「&lottie」の業務にシフト。入社半年で責任者にまでなりました。

入社半年で責任者に。仕事のやりがいとは?

__「&lottie」は韓国での買い付けの他、自社のオリジナルアイテムやコラボアイテムの製作も行っています。

「最近では吉木千沙都(ちぃぽぽ)さんとのコラボアイテムを発売して好評をいただきました。私はデザイナーに指示を出したり全体のディレクションをしたり、またSNSの投稿や売上管理など、幅広い業務に携わっています。」

このインタビューの後にも、ラックから商品を取り出して自分で試着し、SNS用の写真を撮影。その合間には発注業務や、プレス対応を行うなど、まだ半年とは思えない活躍ぶりでした。

「ブランドはインスタグラムからのお客様が大半なので、毎日更新しなければと思っています。月間の企画を決めるのも仕事。大変な事も多いですが、考えた分結果が売り上げとして目に見えるのが楽しいんです。明確な目標があれば考えるのも苦だと思わないですよ。」

__新型コロナの影響もあり、まだ韓国出張には行けていないと語った岩谷さん。まだまだやれること、やりたいことはたくさんありそうです。

「今年は大阪の梅田阪急でポップアップショップを行いましたが、今度は東京でもやりたいですし、お客様と会う機会は作りたい。今は売り上げ目標を達成するのも一苦労ですがブランドを大きくしていって、色んなことができるような土台を作りたいです。」

「ミーハーだけどビジネスにも夢中」な若手も活躍できる場所

__「韓国が好き」という思いを形にした岩谷さん。一見ミーハーにも思われるかもしれませんが、鈴木社長は彼女の意外な一面を語ります。

「確かにミーハーなところもあるんだけれど、一方でホリエモンとかのビジネス書を読んでいたり、ビジネスへの興味が高いんです。年齢は若いですが、だからこそSNSの感覚もあるし、自発的に動けるのが彼女の良いところです。」

__Coogeeでは今後さらにブランドの立ち上げを計画しているといいます。いずれもインフルエンサーを軸としたブランドで、ゆくゆくはインフルエンサーによるブランド立ち上げのインキュベーションとなる構想なのだとか。岩谷さんのように、ミーハー心もありつつビジネスの視点を持ち、それを自分で動かしていける人には面白い仕事が数多くあるそう。

「業界経験者であれば尚いいが、それ以上に求めているのは自分の好きな分野で自発的に動ける事。男女関係なく、ブランドを任せられる人が来てくれたら嬉しいです」と鈴木社長。岩谷さんのように活躍の場を求めている人からのご応募を心待ちにしています。

文・構成=臼井杏奈

株式会社Coogeeでは一緒に働く仲間を募集しています
24 いいね!
24 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社Coogeeからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?