Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

自社サービス「LENDY」
Credit Engine, Inc.は、2016年7月に誕生したスタートアップです。 機械学習を用いたオンライン完結型の中小企業向け融資サービス「LENDY」( https://www.lendy.jp/ )を開発し、2017年1月にリリース致しました。また、2018年1月にはランサーズとサービス連携したフリーランス向け融資サービス「フリーランスレンディング」をリリースしています。 その「LENDY」の運営で培ったノウハウを活かし、 金融機関等の事業者向けオンライン融資プラットフォーム「Credit Engine Platform」、クラウド会計などの外部データを取得し連携する「Credit Engine DataHub」を開発・展開しています。 現在、中小企業の経営者や個人事業主の方々が、事業を運営する上で資金が必要となった時に、実際に融資をうけるまでには様々なハードルがあります。必要書類の準備に手間と時間がかかる、金融機関の審査に時間がかかる、過去の財務諸表に重きをおいた審査ゆえにビジネスの実情を反映した融資とならない、企業規模が小さすぎて金融機関の融資対象とならない、等々です。 クレジットエンジンでは、そのような課題をTechnologyにより解決したいと考えています。具体的には、POSレジなどオンラインデータの活用によるペーパーレス化、機械学習技術の活用による審査スピードと審査精度の向上、リアルタイムデータを用いたビジネスの実情にそった継続的な審査です。 本サービスが銀行以外の新たな融資調達手段となり、経営者の方々が賢く借入を行うことができる、新たな社会インフラにしたいと考えています。 【メディア掲載】 Tech Crunch Japan http://jp.techcrunch.com/2017/01/30/creditengine/ The Bridge http://thebridge.jp/2017/01/credit-engine-seed-funding

なぜやるのか

MUFJ DIGITAL ACCELERATOR登壇(内山)
代表 内山
オンランレンディングサービスの開発は、代表の内山が、金融機関での融資経験や、東日本大震災の復興支援事業として中小企業の資金調達に関わっていた経験から強く感じた課題感が原点になっています。 「金融機関が求める資料をうまく作成できないためだけに、適切な評価がなされず、本来は融資を受けるべき中小企業に資金が届いてない。 どうやったら、この状況を打破できるのだろうか?」 一方米国では、このような課題を解決するものとして、資料作成が不要なオンライン融資サービスを提供するベンチャー企業が多数生まれ、既に社会インフラになりつつあります。 我々は、このオンライン融資サービスの提供を通じて、日本の中小企業が抱える資金調達上の悩みを少しでも解決したい、と考えています。

どうやっているのか

リノベーションしたオフィスです。
設立直後のスタートアップでありながらも充実したメンバーで、サービスの運営・向上に日夜励んでいます。 公認会計士試験合格者という異色のフルスタックエンジニア、 コンピュータアーキテクチャにも長けた機械学習エンジニア、 銀行での融資経験に加え、SaaS企業でのビジネス開発経験を持つ代表、 ユニークな人材が集結しています。 そんな多様なメンバーが、上下関係もなく、楽しくサービス開発を進めています。

Page top icon