1
/
5

もし”迷ってる・悩んでる”なら、必見!思わず行動したくなる言葉。

こんにちは、ハンドボール大好きプライスレスの齋藤です。


6月となり大手企業の選考も始まり、18卒学生では初日6/1に内定式なんてこともあるそうです。

とはいえ、この時期の学生さんは、迷ってたり悩んでたりする学生が多いかと!


そこで今回は、そんな学生の背中を押す言葉を伝えたいと思います!


「曖昧さの中でも進んでいって欲しい」


人事執行役員の諸戸が、最近の取材で答えたフレーズです。


これにはちゃんと理由がある。

統計データ上、

チェスで、次の一手を5秒考えて打った場合も、30分悩んで打った場合も、

86%の確率で同じに結果になると実証されてます。

これをファーストチェス理論と言います。


ということは、今皆さんが悩んでいることや、迷っていることは、

今すぐに意思決定をしても、来月まで悩み続けても仕方ないということ。


もちろん、最低限の量かつ正確な情報を集めた上で!です。

例えば、Web上の情報だけではなく、極力1次情報を仕入れてるとか。


ある程度の情報が集まったのならば、そこからはサクッと決めて、あとは

その選択を正解にする努力をするのみです!

もし間違っていても、それに早く気づいて軌道修正すればいいと思います。


ちなみに"SoftBankの孫社長"も同じような考え方を持っているそうです。

「どんなことでも10秒考えればわかる。10秒考えてもわからない問題は、それ以上考えても無駄だ」

だから、アリババへの出資決定も数分の商談で済んだのでしょう。スゴイ...


そして、就活の意思決定で悩んでいる学生がいれば、一言付け加えたい。

自分の人生は自分で決めて欲しい!


そうでないと最後の最後に他責なって心が折れてしまいます。

自分で責任をもって決めることで、選んだ道を正解にできると思います!


以上、少しでも行動に移すきっかけとなれば嬉しいです。


<追伸>

今月から全国各地の就活イベントに参加予定です。

ブログを見た人は「見た!」と、ぜひ一声かけてください!

クルーズ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
13 いいね!
13 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング