価値を最大化するエコシステム構築を目指して

CROSS Business Producersに入る前

CROSS Business Pproducersに入る前う比較的新しい学部で勉強をしていました。 この学部の特徴は、世の中の課題は複雑に絡み合っているという視点から、一つの専門に絞るのではなく、あらゆる分野を一緒に学ぶ、という方針です。そこで、実際に社会学、経済学、デザイン、プログラミングとあらゆる分野を学んでいました。 その中でも面白かったのは、コラボレーションを通じてアイディアを形にしていくプロセスを学ぶ授業。そこで、グループワークを通して、今の仕事でやっているようなこと、つまり、アイディア出しから、戦略策定、シナリオプランニングといったプロセスを学ぶことができました。

デザインに興味があり、自分が創りたいコンセプトを、それが創れる人に伝えることで具現化したいという観点から2年時にデザインのゼミに入りました。モノを作るところからそれを社会に出していくというところまでの一連のプロデュース方法を勉強しました。

更に学生時代サークル活動に注力をしていました。当時は、「学生から日本を元気にしたい」と考えていて、学生のすごさを見せるために行ったのが、大人あこがれの舞台でのイベント実施でした。その舞台が武道館。武道館でイベントをやるには莫大な費用がかかります。その資金繰り渉外担当を行っていました。イベント内容は、アーティストライブを基軸としながら大人顔負けの学生を集めて、ダンスやバンドコンテスト、ビジネスコンテストなど、色々なことを繋ぎ合わせたなどなど。イベントを実際にやり遂げ、その成果として一種の学生文化というものを創れたと思っています。この経験から、学生でもチャレンジすれば大きな物をつかめるのだから、社会人になったらもっとすごいことができるのではないのかと思い、すごいこと、当時考えていた文化を創造するようなプロセスに携われる企業へ就職したいと思っていました。

そこで選んだのがファーストリテイリング。代表の柳井さんの、「全世界で、お手軽な値段で悪くないクオリティの服が出回るようにしたい。そして、それはインフラになると思っており、全世界で服というインフラを創りたいのだ。」という話を聞き、それは自分がやりたい文化を創るということではないか、と思い入社を決意。 他には、会社の根幹事業を担える人材を速く育てるための新卒向けの訓練もファーストリテイリングにはあったことから、この会社は成長できる企業であったということも、入社を決めた理由でした。

入社してからは人事や店舗のマネジメントなど、店舗の商いに関わることを多く学び、経験しました。上司とのやりとりの中で仕事の進め方に疑問を持ち始めたころにおちついて自分が何をすべきで何がしたいかということを考えることが出来ました。この会社を続けるのも正解、辞めるのも正解。ならば、大変だけれども、自分がやりたいことを直接実現できるような道を掴みたい。そう考えて、ファーストリテイリングを離れました。

その後、独立したいと思っていたこともあり、まず経営やビジネスの勉強がしたいな、と考えていました。そこで、うちの会社の代表の三木がCROSS株式会社を起業したときき、興味を持ってコミュニケーションを始めました。三木とは自分が学生時代から知っていて、お互いのニーズも合致したので、CROSS株式会社に入社。

現在

主にCROSS代表の三木の右腕として、経営業務全般と定めた戦略をいかに実行していくかといった実行戦略リーダーを担っています。人の個性を見極め、世の中に対してeyeOpenさせること。それから戦略を実行する上で様々な壁をお客様と一緒にぶち破り成果を担保していくプロフェッショナルとして活動しています。 いくら良い戦略を定めても、実行イメージが具体的にわかなかったり、実際に実行するには壁がたくさんあり難しかったりします。そこでお客様と一番近い立場で状況を一人一人の個性を理解しながら必要な一歩を一緒につくり、モチベートすることに日々励んでいます。 こういったクライアント相手の仕事をメインとしつつ、ベンチャー企業というフェーズでこれから組織を創っていく段階なので、自社の戦略策定や組織作りに必要なコーポレート業務の重要な部分にも携わっています。

CROSSに入って印象的だった仕事は二つあり、一つは大手通信機器メーカーのエースとなる幹部社員数名と協働したプロジェクト。CROSSが独自で提供している、未来を予測する未来ビジョンというサービスから、予測したうえでの戦略策定、そして、策定した戦略の実行まで行いました。特に自分よりも年齢が上のクライアントたちと関係を温めながら、成果であるアウトプットを出していくというやり方でした。その中でも、彼らの想いを引き出したり、行動に落とし込んだり、なんらかの形にするというところで苦労しました。

二つ目はスイスにある世界トップランクビジネススクールIMDに、クライアントと行き戦略検討を行った仕事です。これは死ぬほど大変でした。クライアントと一緒にビジネススクールの授業を受け、学んだことを持ち帰って、学んだことをどのようにすべきなのかを参加者と討論しました。そこで面白かったのは、最新の理論を用いながら、何か形にしていくこと。同時に理論を学ぶ事の大切さも分かりました。その反面、学んだ内容を議事録やレポートに落とす作業や、スイスにいながら日本側のプロジェクトも回さなければならないので、日本向けに深夜に作業をする毎日。そして、授業は朝早く、大変に苦労をした日々でした。

CROSS株式会社について

CROSSの魅力として伝えたいことは、CROSSは自分の武器を認識して磨いて活かすことができる場だということ。それは周囲の人に関しても同じで、人の強みを「強み」として認識し、その強みの活かし方まで落とし込んでいく方法を持っている会社だと思います。 人の短所を見るより長所を見ながら仕事をする方がHappyだと思うので、その点、CROSSはHappyに仕事をする解を持っている会社です。

今後どういうことをしていきたいか

CROSSにおいて、これからも世の中の価値を最大化する仕事をしていきたいと思っています。その中でも、価値を最大化することができる体制やプロセスを組むという部分です。価値を最大化するためのエコシステム構築ともいえるかもしれません。そのエコシステムにその分野でのトップ層の人を巻き込んでいって、クライアントに対して成果を出していきたいです。世の中の価値とは、出てくるモノに対しては特に「これ」というものはないのですが、それはクライアントにとっての成果を出すことであり、クライアントが喜んでくれることであり、そのエコシステムの中で仕事をした人の満足が高いことであると思っています。

あとCROSS、自社に関しては、CROSSを魔法の会社にしたいと思っています。CROSSをフィルターとして、そのフィルターにものを通せば価値になる、みたいな。CROSSに相談すると必ず成果が出せる、そんな会社にしていきたいです。

CROSS Business Producers株式会社's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Like
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon