ビジネスサイドと現場をつなぎ、独自のサービスをつくる。最年少執行役員が見据えるビジョン

「クラウドクレジットを知った段階では、別の会社に行くつもりだったんです」と語るのは現在、執行役員兼システム管理部部長を務める宮田さん。もともと信用金庫でシステム開発をしていた彼は、なぜ当社に転職したのでしょうか。宮田さんの想いや仕事のやりがい、執行役員として描くビジョンについて、人事部の村松が聞きました。

前職で感じた疑問に『CROWD CREDIT』が答えてくれた

村松:まず、これまでのキャリアについて教えてください。

宮田:就活では「金融」を軸に面接を受けていました。実家が小さな会社を経営していたので、コンサルティング営業や中小企業の経営にも興味があって。大学の専攻も数学科で金融系を志望する人が多かったので、自然と金融業界を目指すようになったんです。そんな中、内定をもらった信用金庫で、2年目にシステム部へ異動してから約4年間、主に社内SEとして働きました。入社段階でのプログラミング経験はほぼゼロだったので、最初は大変でした。周囲のサポートを受けながら、システム設計や開発、データベース管理、社内ITヘルプデスクなど一通りの業務を経験することができました。

村松:希望の業界に就職し、仕事も順調だったように感じます。なぜ転職しようと思ったのですか?

宮田:前職は業務効率化に向けた社内のシステム改善がメインで、それ自体にもやりがいはあったのですが、徐々に「顧客向けのサービスをつくりたい」という想いが芽生えてきて。新しいことにチャレンジしたいと思ったことが大きいかもしれません。あと、業務に慣れていく一方で「このままでいいのかな」と自分のキャリアに危機感もあったので、「より大きく成長できる環境に身を置きたい」と思ったことも理由の1つです。

村松:成長できそうな企業がたくさんある中で、クラウドクレジットに決めた理由は?

宮田:ビジネスモデルが素晴らしいと思ったからです。実はクラウドクレジットに転職する前には、既にいくつかの企業から内定をいただいていて、その中の1社に行くつもりでした。そんなとき、クラウドクレジットからスカウトメールが届いて、気軽な気持ちで話を聞きに行ったんです。しかし、そこで杉山社長がビジネスモデルやビジョンについて熱く語ってくださって。「これだ!」と直感し、他の内定を断って入社を決めました。

村松:ビジネスモデルのどんなところにピンときたのでしょうか?

宮田:信用金庫に勤めていた頃から、「日本国内は預貸率が低く、低成長なのに対し、海外では真逆の国が多い。それを生かした金融サービスはないのだろうか?」という疑問を漠然と持っていて。話を聞く中で『CROWD CREDIT』はまさにその疑問への解答を形にしているプラットフォームだと思ったんです。

心から「価値がある」と思えるサービスを自分たちでつくれる




村松:クラウドクレジットに転職してからはどんなお仕事を?

宮田:現在は、社外向けの提供サービスに関するシステムと、社内向けの業務関連システム、その両方を取りまとめています。部署管理や計画管理以外には、部署内や部署間の調整、案件管理、プロジェクトの基礎検討、システム設計、データ抽出、業務フロー改善などがメイン業務です。

システム管理部門の詳細はこちらをご覧ください

村松:だいぶ幅広い業務ですね。どんなところにやりがいを感じますか?

宮田:やっぱり経営層と対話しながらサービス機能開発や改善に深く関われる点ですね。私の場合、クラウドクレジットのビジネスモデルに惹かれて入社しているので、サービスそのものに直接関わることができる点は非常に魅力的です。

また、サービスの裏側で動いているバックエンドのシステムや業務の流れを整え、ビジネスがよりスムーズにまわる仕組みを1から構築できるのも大きな醍醐味。前職では既に完成しているシステムや仕組みを改善していくことが多かったので、いまは裁量の大きさが桁違いです。

もう1つ、開発スタイルも魅力的です。信用金庫時代はウォーターフォール型の開発が多かったのですが、いまはアジャイル開発も多く、自分たちの仮説やアイデアを、随時サービスに反映して検証できる点もやりがいにつながっています。

村松:現在はシステム管理部長というポジションで部下も増え、2019年7月からは執行役員にも就任されていますよね。マネジメントにおいて気をつけていることはありますか?

宮田:自分が引っ張るというより、周囲の力を借りながら進めていくことを心がけています。誰だって頭ごなしに「こうしてください」って言われたら嫌じゃないですか。時に全員で話し合い、いろんな意見を大切にしながら、みんなが納得できるような形で進めていくことは大事だと思っています。

もちろん立場上、言うべきことはしっかり伝えないといけないこともあります。ただその際も、「なんでこうなってしまったんですか?」とただ問い詰めるようでは信頼関係は成立しなくなってしまう。「こういうことですよね、でもここで問題が発生しているので次からはこう進めていきましょう」と、相手の意見を聞きながら、方向性を伝えることを意識しています。いずれにせよ、周囲が気持ちよく働けるようなコミュニケーションは大切ですね。

いい環境がなければ、いいサービスはつくれない




村松:最後に、今後の展望を教えてください。

宮田:執行役員に就任したことで、よりビジネスに近いポジションになりました。これまではシステム管理部内の仕事がメインでしたが、今後は会社全体のことも考えていく必要があります。その中で、私自身が注力していきたいのは、ビジネスサイドと開発現場やユーザー部門の架け橋になることですね。

例えば、ビジネスサイドの意見や要望を100%サービスに反映しようとすると、「デメリットが大きいからやめた方がいい」「納期やコスト的に難しい」ということも当然あると思います。私の役割として、そこをビジネスサイドも開発現場もお互い納得できるよう上手く調整していきたい。また、業務体制がスムーズに回る基盤を整えなければ、日常業務を回すことで精いっぱいになってしまい、ユーザーが安心して使える便利なプラットフォームはつくれないと思うので。PDCAサイクルを回しながら、IT分野に留まらず、全社最適の視点を持って取り組んでいきたいと考えています。

その上で、「投資家さんたちにどう使ってほしいか」を考え抜いて、クラウドクレジットならではのプラットフォームをつくっていきたい。UXデザイン事業部と密に連携をして、「操作しやすい」「資産状況が把握しやすい」「分散投資しやすい」といったUXを追求しながら、私たちにしか提供できない、価値あるサービスをシステムの面からも実現したいですね。まずはそのための体制づくりに全力でコミットしていきま

クラウドクレジット株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more