事例もない。部署もできたばかり。ほぼ「0→1」を楽しめる人には最高の環境 | 営業・マーケティング部森川

海外の成長国に投資できるソーシャルレンディングプラットフォーム『CROWDCREDIT』を運営するクラウドクレジット。FinTechベンチャーとして、さらなる成長に向けて営業・マーケティング部を発足しました。その中でもマーケティング部門は新規ユーザー獲得に欠かせない重要なポジション。今回は人事部の村松がクラウドクレジットにおけるマーケティングの役割やビジョンについて、営業・マーケティング部長の森川さんにお話を聞きました。

銀行から音楽ベンチャーへ。異彩を放つ森川がクラウドクレジットに転職した理由

村松:まず、森川さんのキャリアについて教えてください。

森川:新卒で日本の銀行に入社後、支店で法人融資を4年半担当して、その後の1年間は本部で管理業務をしていました。法人融資をしていた時は、200社ほどを担当していましたが、「リーマンショックの前後で本当にお客様のためになる金融業務ができているのか」という疑問が日に日に強くなりました。

また、法人のお客様を担当する中で、自分が融資したお金を使って行われている“実業”側で仕事をしてみたい、金融以外の幅広いスキルを身につけたいと考えるようになり、縁があって音楽教室を展開するベンチャー企業に転職しました。

そこでは、多店舗展開のための共通オペレーションを考えてPDCAを回しつつ効率化を図ったり、音楽講師の報酬体型や人事制度を整えたり、ホームページへの流入を増やすための施策を考えたり、新規事業の立ち上げで海外の楽器工場に買い付けに行ったり。とにかく幅広い業務を担当しました。

村松:そこからなぜ転職しようと思ったのでしょうか?

森川:音楽教室を運営するベンチャーである程度のことはやり切ったので、転職を考えました。また銀行を退職した後も、金融自体は好きですし、グラミン銀行や持続可能な開発(Sustainable Development)についてはずっと興味を持っていました。そんな中でなぜクラウドクレジットを選んだかというと、理念や目指す世界観に共感したからです。

「お金のあるところからお金のないところにお金を融通する」というのは金融の当たり前の考え方なのですが、国の構造であったり、業界の環境や体制であったり、いろんな障壁があって実際にはなかなか難しい。そんな時に、当たり前である「金融のあるべき姿」を追求するクラウドクレジットを見つけて、「ここだ!」と直感したんです。

「会社の成長はマーケティング担当の目標達成率にかかっている」といっても過言ではない

村松:森川さんが入社された時は営業・マーケティング部はなかったと聞いています。どういった背景で営業・マーケティング部は立ち上がったのでしょうか?

森川:私はファンド組成担当者として2016年2月にクラウドクレジットへ入社しました。当時は社員数も10〜15名程度で。私を含めほぼ全員が金融業界のバックグラウンドを持った人たちでした。営業・マーケティング部が立ち上がった背景としては、会社の成長に伴い「マーケティングを強化してユーザーが増えても、提供ファンドをある程度準備でき、オペレーションもその負荷に耐えられるタイミング」を迎えたから。前職での経験から私に白羽の矢が立ち、立ち上げを任されることになりました。

村松:現在はマーケターの採用を強化していますが、マーケティングの方針を教えてください。

森川:2018年まではどちらかというと新規ユーザー獲得に力を入れてきましたが、2019年は既存顧客の活性化にも注力したいと考えています。私たちのビジネスは、一度ファンドに投資して終わりではなく、償還後に戻ってきた資金を再投資いただくことが重要になります。そのためにUIUXなどの使い勝手や、運用状況を分かりやすく伝えるレポーティング体制を強化していきます。

加えて、ネット投資家にどうアプローチすれば効率的なリード獲得ができるかを検討しています。具体的には、大手証券会社など当社株主との協業を進めています。

村松:マーケティング強化にはどんな背景があるのでしょうか?

森川:クラウドクレジットを更に成長させていくためには、事業計画に沿った目標を達成し、いま以上にPDCAを高速で回す必要があります。そのためにはマーケティングに強いメンバーの増員が欠かせません。

村松:新たに加わる仲間にどんなお仕事を任せたいですか?

森川:先ほどお伝えした方針に沿って、新規ユーザー獲得と既存顧客の活性化、金融機関との連携などをお任せしたいと思います。ただ、これら全てを1人で担当することは容易ではありませんので、まずは私が担当している新規ユーザー獲得業務から引き継ぐつもりです。ある程度の型はできていますが、まだまだ改善の余地がありますのでこれまでのルーティーンのプラスαを期待しています。

私も含め当社には数字に強い金融業界出身のメンバーが多いため、費用対効果は常に意識しています。短期・中期・長期の視点でロジカルに考えて施策をプランニングしていくため、マーケターとして成長できる環境です。

「何もかも自分たちがつくる」それを楽しめる人には最高の環境

村松:そんな中でクラウドクレジットのマーケティング担当ならではのやりがいはどんなところにあると思いますか?

森川:会社の成長と自分の成長が比例すること、また自分の成長と実績が会社の価値に直結するところです。

マーケティング部の立ち上げ当初は、会社のステージと比例して広告予算も少額で、リスティングやアフィリエイトを限定的に実施していました。しかしながら会社が成長しステージが変わると、予算が拡大しただけでなく、テレビ出演の機会があったり、大手ネット証券との業務提携が始まったりと、個人の経験がどんどん積みあがっていく実感があります。今後も更なる成長に向けてこれまでとは違う施策を考える必要があり、毎日がエキサイティングです。また当社はこれまで複数回資金調達を実施していますが、その時の会社の時価総額が自分の実績に直結します。プレッシャーはありますが、この部分が担当者としてのやりがいです。

もう1つ、当社のマーケティング担当ならではのやりがいでいうと、事例を自分たちでつくっていけること。当社のビジネスモデルは独特なので業界の前例がありません。広告代理店に聞いたり、自分で調べても事例がないケースがほとんどなので、「他社がこうだから」「過去の事例がこうだから」という常識に縛られることなく、自分たちで実績をつくっていくことができます。

村松:森川さんが描く、今後の展望について教えてください。

森川:これまでは金融リテラシーの高い投資経験者を中心に、ネットでの投資経験者をターゲットにしてきました。しかしながら、当社の商品は“投資商品”という側面とは別に“社会インパクト投資”という側面もあります。ガイアの夜明けで当社を紹介してもらった時、“社会インパクト”の側面に共感いただき多くの方が当社のユーザーになってくれました。

私自身、クラウドクレジットの“社会インパクト”という側面に共感して入社しましたので、この魅力を広めていければと考えています。

村松:最後に読者にメッセージをお願いします。

森川:新しい部署をつくっていくことになるのでまだ答えがなく、何をやるにしても自分たちで考えていく必要があります。ただ、会社を世の中にどうアピールするかを0ベースで考えることができるので裁量も大きいですし、自分の成長が会社の成長に直結していることを実感できるでしょう。それを面白いと思える方でしたら、きっと楽しく働けると思います。

クラウドクレジット株式会社's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more