証券会社では得られない経験を求めて決断した、新たな挑戦の道【CHANGE STORY vol.25】

株式会社シーユーシー(旧社名:エムスリードクターサポート株式会社、以下CUC) が掲げるミッションは「医療という希望を創る。」です。ミッション推進のために欠かせないキーワードが『CHANGE(変化)』です。CHANGE STORYは、CUCで活躍している社員が「変化」とどう向き合っているのかを探るインタビュー連載。今回は経営管理部で財務を担当する鍋谷さんを紹介します。

社員プロフィール

鍋谷 美帆(なべや・みほ)

北海道大学 法学部卒業。2011年4月に新卒で大手証券に入社。在籍7年間で、企業のファイナンス取引や上場審査、グローバルファイナンス業務に取り組む。2019年3月にCUCへ中途入社。現在は経営管理部門にて、自社の中長期予算計画の立案から予実管理、ファクタリング事業などを幅広く担当。


企業のファイナンス支援に関わる様々な業務を幅広く経験

___ これまでのお仕事内容を教えてください。

前職では、大手証券で企業の上場前の審査や上場後のファイナンス支援業務を行っていました。

企業の経営支援の道に進んだのは、親が自営業をしていて、経営に苦労している姿を間近で見てきたのがきっかけです。そして大学時代、女性起業家が集まるイベントに参加したことで、上場を目指すスタートアップ企業の支援がしたいと考えるようになり、新卒で大手証券に入社しました。

入社後は、企業の社債や株式を発行する際の審査や、上場を目指す企業の上場審査業務を行いました。年次を重ねるにつれ、社債や株式発行時に必要なドキュメント作成をはじめ、企業・財務局・証券取引所・弁護士等との内容調整まで行ったりと、企業のファイナンス支援に関わる部分を幅広く経験させていただきました。

企業に対応をお願いしなければならないことが多かったため、依頼する際は重要な事項から優先順位をつけ、何をしていただく必要があるのか、それはなぜ必要なのか、ポイントは何かを具体的にご説明することを心がけていました。

目的や重点を意識した仕事の進め方が自然と身についていきました。



企業の成長には何が必要か?証券会社では得られない経験を求め、事業会社へ

___ なぜ転職しようと思われたのですか?

もっと企業成長の本質的な部分に携わりたいと考えるようになったからです。証券会社では、企業の資金調達の面での支援はできますが、事業成長の過程に直接携わることは難しい。年次を重ねるうちに、段々と物足りなさを感じるようになりました。

どうしたら企業経営はうまくいくのか、事業を成長させるには何が必要なのか。その答えを導く経験とスキルを求めて、事業の中から“成長過程が見える”事業会社に転職することに決めました。

___ 転職先としてCUCを選んだ決め手を教えてください。

事業会社といっても色々あるので、最初はITや建設、金融など、幅広く業種をみました。約1年間転職活動を続ける中で、次第に自分の中で転職の軸が定まっていきました。

まずは「成長市場」であること。

次に「程よい社員数と規模感」であること。歴史がまだ浅く、社員数が多すぎず、少なすぎないくらい。

最後に、「既存事業を今後どう伸ばすかに向き合っている」こと。

この全てにぴったり当てはまったのが、CUCでした。

医療は今後需要がまだまだ伸びる市場で、社会課題解決にも直結し、取り組み甲斐がありますし、配属先の経営管理は少数精鋭で個人の役割が大きかったこともポイントでした。

そして最大の決め手は、「人」でした。面接で色々な方と話す中で、事業にかける本気度と会社の風通しの良さを感じました。代表の濵口さんは、現状の国内外を取り巻く医療課題の話をされる中で、「将来、今の子供たちに負を押し付けたくない」と熱く話されていて、良い会社だなぁ、と。

事業と会社の伸びしろ、そして一緒に働く人の魅力に惹かれて、転職を決めました。


入社後すぐに任された、財務見通し5カ年計画

___ 入社後どんなお仕事をされていますか?

入社後は、経営管理部の財務チームで、事業の予算計画の立案や、予実管理、ファクタリング事業などを幅広く担当しています。

驚いたのは、転職してすぐに自社の5カ年予算計画の立案を任されたこと。転職の際、面接で予算計画に携わりたい希望は伝えていましたが、まさかこんなに早い段階で任されるとは思いませんでした(笑)。

医療業界のことも、自社の事業のこともよく知らない状態からスタートしましたが、各部署の過去の実績や今期の計画を集め、各事業部のトップへのヒアリングを重ねていくうちに、会社全体を把握することができて良い経験になりました。

入社してから数ヶ月が経ちますが、元々身に付けたかった事業支援のスキルに着実につながる仕事ができるのは嬉しいですね。仕事の裁量の大きさとスピードは、スタートアップならではの魅力だと感じています。



成長過程ならではの目まぐるしい「変化」を楽しみたい

___ これから「変化」を起こしたいことを教えてください。

まず、社内のデータ管理の仕組み化です。創業以来ものすごいスピードで事業拡大していて、日々色んなことが変わっていくので、どうしても過去のデータ管理が煩雑になりがちなんですね。

例えば、予算計画を立てるにあたって、様々な指標の数字を見る必要がありましたが、データが点在していて見つけるのに時間がかかってしまうことがありました。どの数字がいつ計測された、どの拠点の数値なのか、一目で分かるスマートなデータ管理を実現したいです。

また、事業の成長をモニタリングするにあたって、様々な指標を設定していますが、その指標の最適化にも挑戦したいと考えています。いち早く現状の課題発見につながる新指標の模索や、モニタリングフローの改善を通じて、事業をもっと円滑にできたらと思っています。

___ どんな人と一緒に働きたいですか?

自分の仕事に責任を持って前向きに取り組める人がいいですね。そして、情報の取捨選択ができると良いと思います。特に、経営管理部では、日々膨大な経営数字を見る必要があるので、その中から重要な情報を見極めて抽出することが必要になります。

あとは、「改善」に意欲的な人だといいですね。

実際、経営管理部では業務における「変えたいこと」が募集されていて、提案できる環境が整っています。言われたことをそのままではなく、もっと良い方法を常に探求する。自ら意欲的に提言して変えていきたい人にとっては、最適な職場環境だと思います。


******

現在、株式会社シーユーシー(旧社名:エムスリードクターサポート株式会社)で募集中のポジションは以下をご確認ください

オープンポジション|日本と世界の医療を変える、医療経営コンサルティング会社

新卒が事業の中核を担う!医療に変革を起こす新卒募集

急成長ベンチャーの次世代労務チームを創るリーダー候補

未経験から医療現場を支える役割を担う訪問診療サポートスタッフ

株式会社シーユーシー's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more