北海道からリモートワークで最新「tech x 医療」に貢献!〜エンジニア 萩原 岳裕さん〜

キュア・アップでは、個々人のライフスタイルに合った柔軟な働き方を尊重しています。今回のインタビューでは、北海道の大自然に魅了され日々自然と向き合いアウトドアな生活をしながら、リモートで大きな貢献をして頂いているエンジニア 萩原さんにお話をうかがいました。

北海道の大自然にいながら、弊社の最新医療開発にエンジニアとして携わるきっかけや日々の業務、さらには北海道の暮らしまでをご紹介いたします。

経歴を教えてください

大阪出身ですが、大学時代から北海道に住んでいます。大学は建築学科で、ITの知識は皆無だったのですが、世の中がどのようなしくみで動いているのかということを理解しておきたいという思いから、IT系の会社に就職しました。 当初はSIerで家電製品やガラケーの開発をしており、その後、WEB系の会社に転職し、現在は高木との縁もあってキュア・アップで開発に携わっています。

キュア・アップとの出会いのきっかけはなんですか?

キュア・アップCTOの高木さんと前職およびお互いフリーだったころに一緒に仕事をしていて、声をかけていただいたのがきっかけです。(開発体制の強化のため、2017年2月より鈴木がCDOとして開発全般、高木がCTOとして技術面を担う体制になりました) 以前から医療分野に興味を持っていた彼が、CureAppに入ってから水を得た魚のように楽しそうだったので、応援したい&羨ましいという気持ちがありました。 また、人の健康に関わる課題に対するソリューションの開発という、社会の役に立っているという感覚をダイレクトに感じられるというのは、とても魅力的なことだと思います。

キュア・アップでの業務担当はなんですか?

現在は、医師の方が患者様の状態を把握して、より適切な指導をできるための医師向けサイトを作成しております。 その他、主にAWSを利用した、環境面の開発作業を担当しました。 クラウドが主流になったおかげで、インフラの作業も場所を問わず対応できるようになりました。

現在北海道にお住まいとのことですが、リモートでお仕事できる良さは?

ゲレンデから30分という場所に住みながら、東京での新しい技術を利用したプロダクト開発に携わることができるというのは、とても幸せなことだと思います。 午前中はパウダースノーを満喫して、午後から開発作業をして、その後、会社で行っている React Native 勉強会に参加する、という日があったりします。 充実した仕事とライフワークバランスという点で、リモートはとても有効な選択肢だと考えています。

実際に—キュア・アップに携わってみて

・技術面: 新しさ・取り組みの面白さ

JavaScript に並々ならぬこだわりを持って、その言語に特化しているという点はとても面白いなと感じています。

ライブラリやエコシステムなどが次々と登場し、そういった新しい事柄にいち早くトライしていくという姿勢はとても刺激になります。 「lerna で monorepo 構成の評価よろしく」といったような、チャレンジングなタスクに日常的に取り組むことができるので、 開発者として、業務を通じて技術力の向上を実感でき、高いモチベーションを維持できる環境だと考えています。

・医療として: 新しさ・取り組みの可能性

ランニング距離、歩数、体重など、スマートフォンで自己の生活を管理することが、自分を含め、徐々に一般化してきていると感じています。 それと同時に、AIが、様々な分野で実用化されてきています。

そのような状況を考えると、病気をアプリで治療するという CureApp の考えは、来なければいけない未来、というようにも考えられる気がします。 自分達の力で人々の生活を良いものに、ということが実現できる場所ではないでしょうか。

・職場として:環境(雰囲気、働き方の柔軟性、など)

リモートなので当初はコミュニケーション面での不安は多少ありましたが、CureAppはリモートワークのノウハウが充実しており、とてもスムーズに業務できていると感じでいます。

具体的には、基本的なコミュニケーションは Slack で行っているのですが、ちょっと迷ったり、相談したいことがあると、 すぐに appear.in (ブラウザでのビデオ会議) を使って face to face でやりとりをします。 そうすることで、机を並べているのと遜色なく、雑談ベースの相談を気軽に行うことができ、そこから新しいアイデアが生まれたりもしています。

アウトドアな生活について教えてください

スノーボードが好きで、ゲレンデだけでなくバックカントリーにもよく行っています。 バックカントリーの場合、上りはスノーシューやスプリットボードで歩いて登るのですが、 夏と違って決まった道があるわけではなく、一面真っ白の大地を自由に突き進んで行き、とても開放感があります。

先行者がいない場合などは、周りは狐や鹿などの動物の足跡しかなく、自分の前に道は無く、自分の後に道ができる感覚です。 もちろん下りは最高の滑りが待っています、6時間ラッセルして登った山でも、滑って下りると10分程度で麓までついたりします。

最後に北海道の良さを教えてください!

自然が豊か、食べ物が美味しい、物価が安いなど数え切れないほどあると思いますが、自分にとっては『 no snow no life 』の一点ですね。 リモートという働き方で、首都圏と地方のいいとこ取りした環境が実現できれば、と思っています。

キュア・アップではエンジニア・ディレクターなどの開発職、医師・看護師などの医療職など新しい仲間を募集中です! 「テクノロジーで生み出す新しい医療」に興味がある方はぜひご覧ください! https://www.wantedly.com/companies/cureapp/projects

株式会社キュア・アップ's job postings
Anonymous
5968dbb2 d38f 4d6f ac2d d1d66dc9e2c3
297094a9 b8a2 4018 996b 2500ee7937bb
9e9648cf f375 4df1 9f01 22a3d37b1b68
3c61433d a5fd 467b 9a16 41dab2ffa62c
2deaed20 556a 4ed1 b939 2b4035c7fe57
11 Like
Anonymous
5968dbb2 d38f 4d6f ac2d d1d66dc9e2c3
297094a9 b8a2 4018 996b 2500ee7937bb
9e9648cf f375 4df1 9f01 22a3d37b1b68
3c61433d a5fd 467b 9a16 41dab2ffa62c
2deaed20 556a 4ed1 b939 2b4035c7fe57
11 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon