1
/
5

⽇本のヘルステック業界を盛り上げたい。医療機器のスペシ ャリストとして挑む「治療アプリ®」開発


前職では画像診断のAI機器を開発し、事業化までを率いた緒⽅。医療機器のスペシャリストとして、ヘルステック事業に関わる中でCureAppに出会いました。

CureAppでは医療機器を事業化する上で重要な、薬事申請、品質や安全管理を担う薬事部⻑として活躍中。スピード感をもって進む事業の適切なブレーキ役を担います。

挑戦したいのは、CureAppで結果を出し、⽇本のヘルステック業界全体を盛り上げること。

そんな⼤きな夢をもつ緒⽅のこれまでと、これからについて聞きました。


緒方剛(おがたつよし)

GE ヘルスケア・ジャパン株式会社でCT の開発に従事し、ソフトウェアマネージャー、プリンシパルエンジニアを歴任。その後エルピクセル株式会社でディレクター、プロダクトマネージャー等を務め日本初の深層学習を用いたAI 医療機器を事業化する。その後CureApp にて薬事部長(薬事・品質・安全性・保険担当)。

コアにあるのは「モノづくり×社会貢献」

――CureApp に入社する前のお仕事について教えてください。 CT などの画像診断のソフトウェア開発などでご活躍だったということですが、なぜ医療機器のお仕事に進まれたのでしょうか。


小さい頃から手先が器用でモノを作ることが好きでした。木工などが好きで高校時代は美術で成績が良かったり、小学生時代からプログラミングを独学し、ソフトウエア作りもしました。

私の中ではソフトウエアもモノづくりの一つで、「モノづくり×社会貢献」をやりたいなとずっと思ってきて、それが今の医療機器の仕事につながっています。

大学卒業後は、大学の教授がスピンアウトした脳波を研究するベンチャー企業に押しかける形で就職しました。その仕事をする中で、GEヘルスケア・ジャパン株式会社のMRI画像を解析するソフトウェアを担当したのをきっかけに、GE ヘルスケアに転職。そこで17年ほどCT の開発をしていました。

プリンシパルエンジニア時代に、テックベンチャーと共同して、新しいサービスを生み出したいと、社内外で活動を重ねていく中で、前職エルピクセル株式会社の社長と出会い転職しました。

担当したのは、病変を自動で検出し見落としを防止する画像診断のためのAI医療機器の開発です。日本で初めてのディープラーニング(深層学習)を利用したAI医療機器を事業化させました。




目の前の事に全力投球していたら、辿り着いたCureApp

――CureApp との出会いは?

あるヘルステックベンチャー企業から、薬事を手伝ってほしいと声をかけてもらい、本業を続けながら個人事業主として薬事のお手伝いをしていました。CureAppも最初は、品質マネジメントシステム(QMS)のサポートの業務委託で関わっていたんです。

ぼくは「何をするか」も、もちろん大切なのですが、「誰とやるか」も大切にしています。CureAppの方と関わる中で、みなさん優秀で、勉強熱心で人柄もよいので、次第に、この人達と一緒に仕事をしたいと思うようになりました。

あとは、「何をするか」の部分でいうと、これまでずっと「画像診断」という領域でキャリアを重ねてきたので、いわゆる医療のなかでも「治療」に関わる医療機器に携わってみたいと思うようにもなりました。

CureApp の治療アプリ®︎はソフトウエアが主役です。

かつ生活習慣病などの多くの方が罹る疾患に、新しいアプローチをしていくのが魅力的で、ぜひ挑戦してみたいなと。私は年齢も重ねているので、転職には勇気がいりましたが、思い切って飛び込んでみることにしました。




―― これまでの転職は、すべて人とのご縁でつながっているんですね。


そうですね。私は、あまり先を緻密に計画するタイプではなくて。若い頃は特に、その都度、興味があることに突進してきました。

目の前のことに集中してやっているうちに道が切り開けてきたなと思います。

新しい事をやるには勇気が必要ですけど、環境が変わることで自分の幅を広げてこられたのは良かったなと思っています。


薬事には、適切なブレーキ役としての大切な役目がある

―― CureApp ではどのようなお仕事をされていますか。


今は薬事部長として、「薬事申請」、「品質管理」、「安全管理」、「保険」の大きく分けて4つの機能を担当しています。

薬事申請などの医療機器として承認・認証を得るための業務や、品質マネジメントシステム(QMS)を構築・運用して、製品開発と連携しながら、品質を担保していく役割があります。

そして医療機器を扱う上で、とても重要なのが安全管理です。

医療機器は臨床的に効果がある代わりに、常にリスクも伴うので、その効果とリスクのバランスをとりながら、リスクを管理していく仕事はとても重要です。

また、製品がリリースされた際の保険償還についての業務も担っています。


―― やりがいや難しさを感じるところは、どのようなところでしょうか。


一般的には、スタートアップ企業の場合、いかに前のめりにスピード感をもって事業を進めていくかが大事になります。ですが私達の事業が医療機器である以上、患者様に直接届けるものでもあるので、品質や安全面に問題が生じた場合は、社会的に多大な迷惑をかけることにもなります。

また、今CureApp は「デジタル療法」という業界を牽引する役割を担っていると思っているので、品質問題を起こすことは、業界全体の機運に水を指すことにもなりかねません。

そういう意味で、品質保全や安全管理などは、できて当たり前で外から見れば日のあたりにくい部分ではありますが、事業の適切なブレーキ役として、大切な役割を担っています。

事業のスピード感や方向性を理解しながらも、この一線は超えられないという基準づくりやバランス感覚も大事ですし、研修などで、守るべきところは守るというカルチャーを作っていきたいです。

近道はないですが、まだ小さい組織ではあるので、他部署と連携し、過去の事例などを積極的にシェアしながら認識を揃えていきたいとおもいます。

基本的にはチームで、何かを達成するのがすきなので、ワンチームとして品質をつくりこんでいくことに、やりがいを感じています。

―― CureApp で仕事をする中で、驚いたことや入って良かったなと思うことはどんなことでしょうか。


良い意味で、スタートアップらしさがないところでしょうか。

内部統制も含めてですが、手順書を作成したりだとか、良い意味できちんとしているところが、一番おどろいたところでした。CureAppのメンバーはみな優秀ですし、かつ勉強熱心で素直です。

みな改善すべきところはしっかり認めて、常により良くしていこうとするところもすごくオープンでいいなと思いますね。




結果を出すことで、日本のヘルステック業界を盛り上げたい

――今後、挑戦していきたいことはありますか?


⼊社歴が浅いので、まだCureAppではゼロから製品の開発に関わって産みの苦しみを味わった経験がありません。なので、品質管理についても、より愛着を持って関わっていくためにも、全く新しいゼロからの製品を患者様に届けきるところまでを経験し貢献していきたいです。

あとは、CureAppで結果を出すことを通して、⽇本のヘルステック業界を盛り上げたいという想いがあります。前職で関わっていたAI医療機器事業でも、海外には無数の競合がおり市場が広がるスピードも⽇本より速いです。

だからこそ、まず⽇本で患者様にCureAppのサービスが⾏き届く世界を⾒てみたいし、⽇本のヘルステック業界全体を盛り上げたい。

幼い頃から好きだったモノづくりが出発点ではありますが、これからも⼀⽣、製品やサービスを作りながら社会に貢献していきたいと思っています。




(取材ライティング/柳澤聖⼦)

株式会社CureApp's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings