【アクセシビリティワークショップ開催!】
弱視・全盲・車椅子ユーザーとサイボウズ社員がチームを組み、ワークショップを行いました。

3回のワークショップに、デザイナー、エンジニア、人事・総務など、のべ60名ほどの社員が参加しました。
内容は、デザイン思考のフレーム「ユーザー観察」と「問題定義」を使って以下のお題に取り組むことです。
・サイボウズ製品の課題発見
・オフィス周辺環境の課題発見

今回の大きな気付きは、障がいのある方とともに発見した課題が、実は、多くのユーザーにとっても解決すべきものだということ。
障がいのある方の視点を借り解像度をあげて日常を観察すると、普段気づかない(ふりをしてしまっている)製品や環境、社会的な課題が見えてきました。

サイボウズでは、「チームワークあふれる社会」のために、これからも、障がいのある方“にも”使いやすいデザイン、働きやすい環境づくりに向けた活動を進めてまいります!

ワークショップ協力:
株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズ様
http://i-d-sol.com/

439c1b2e 1ce7 4cca b2bd 4f2c03f798c9

Page top icon