1
/
5

【お年賀争奪戦】D2C dotのオンライン忘年会!!

こんにちは、広報の山内です。

年内最後にメンバー同士、社長や役員とメンバー間のコミュニケーション機会を作ることを目的にオンライン忘年会を開催しました!
コーポレート室が一丸となりクイックに準備から開催まで運んだことと、その内容についてご紹介しようと思います!

|やると決めてから

11月最終週にふと「いろいろあった2021年、忘年会をしないと今年が終われない!」と、強い衝動に駆られたのが事の発端でした。
私の頭の中は、、、「いつやるんだ?」「内容はどうするんだ?」「経費使っていいのか?」「勝手に決めたから1人でやるのか?」「Remoってまだ使えるんだっけ?」

・・・・

そんなこんながばーーっと駆け巡りました。

思い立ったら即行動!ということですぐに社長に相談を。

「岡さん、忘年会やっていいですか!」 (←既にやる前提)
「いくら使っていいですか!!」 (←もはや経費使える前提)
「社長交代があったので、最後に社長と社員の顔合わせの機会を創りたいんですお願いします!!」

すんなりOKを出してくださった社長。
時間もないのでD2C dot5周年パーティーの時のナレッジをそのまま横展開しようと思い、まずはコーポレート室のメンバーに協力のお願いをしました。

この時点で、開催まであと17日。

|決めた後の後手後手

ここまでは至って順調でしたが、人間というのは“まだ時間がある”と思うと安心してしまう生き物なのですね、忙しさにかまけて“あしたやろう”が積み重なりました。。

チーフに、「せっかくやるならなるべくたくさんの人に参加してもらいたいから、早めに告知お願いします」と背中を押され、ここから挽回しました!!

この時点で、開催まであと1週間。

ここから一気に進めました。
各担当の方が一緒に進めてくれたおかげで、全て間に合いました!

・タイムスケジュール
・役割決め
・ファシリの仕込み
・イベント内容検討
・操作マニュアル更新
・Remoルーム分け
・経費申請/精算
・スライド用意
・当日の練習数回

この時点で、開催まであと3日。。

|イベントスタート

■前回の気づき
次回はテーブルにテーマを決めず、完全フリーでもいいのでは?という声も届いているので、今回実施してみての反省点と次回試してみたいことを踏まえ、検討していきたいと思います。

これを踏まえて、今回は入社年ごとにルームを分けてみました。
入社年次の近いメンバーとの交流の機会が生まれたことや、任意参加だけどとりあえずこの場に参加しよう!と思って来てくれたメンバーがたくさんいました。
また、開催日が12月23日だったので、クリスマス仕様の背景を選んでみました!

▼続きはこちらをご覧ください

株式会社D2Cdotでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング