【入社理由】位置情報でクライアント戦略を次のステージへ~アナリティックコンサルタント 大和田 英明の場合~

~これまでのキャリア~

立教大学数学科で学位を取得した後に「数学が世の中の役に立つ実感が欲しい」と思い、レンズメーカーに新卒で入社しました。シックスシグマなどの統計的工程管理手法を身に着け、数学の実用性を肌で感じたのち、「より多様な数学を学んで世の中の役に立ちたい」と思い、ベルリンのフンボルト大学に留学。オペレーションズリサーチの修士号を取得し日本に帰ってきました。

需要予測アナリストを経てパーソルキャリアに転職。企画部門でエグゼクティブに対するデータドリブンな戦略立案に関わる事で、データ/数理モデル/ビジネスの可能性を強く感じ、データサイエンティストとしてコンサル会社に転身しました。複数のクライアント案件を通じプロジェクトマネージメントと機械学習モデルの構築を並行して行う事となります。

~前職での悶々とした日々~

前職で働く中で常に一つの悩みを抱えていました。それは、クライアントのデータとは一期一会である事。つまり、ことデータのノウハウについては広く浅い知見しか溜まらず、「私のデータサイエンティストとしてのスペシャリティはここにあります」と定義できない事でした。

一方、「データと機械学習でビジネスを変革する」為の提案を考える事はこの上なく知的な作業であり喜びを感じていました。この様な相反する状況の板挟みになり始めた時にデータワイズと出会いました。

~位置情報と言うスペシャリティとの出会い~

データワイズは位置情報を主軸としたコンサルティングを事業の一つとして提供しています。ここでは戦略コンサル/営業/データサイエンティスト/エンジニアと、職種を超えて位置情報を共通言語としてクライアントの為に日々学びあい、成長しあうという環境があり刺激的な日々を過ごしています。

位置情報は昔からビジネスに活用されてきましたが、他のデータ領域と同じでここ数年の技術の進歩に伴った発展が顕著な分野です。社内の誰もが頭を動かし、手を動かし、ビッグデータと対話する日々を過ごしながらキャッチアップしている最中です。

~位置情報の成果を全ての組織とその先にいる一人ひとりへ~

日々成長する位置情報と言う名のビッグデータは、時代や業界を問わずすべての人々の身近にあるデータです。この高度な個人情報は扱いを間違えると多くの方を不幸にします。しかし、両刃の剣は人を傷つけるために生まれたのではありません。適切な使い方さえ理解すれば、位置情報は多くの人に利益をもたらせる強い武器となります。

~データワイズではスペシャリティを磨くことができる~

全てのクライアントとその先にいる一人ひとりの為に位置情報と言うスペシャリティを磨きたい方に「データワイズがいる」、そう思って入社いただける組織を目指していきたいと思っています。

株式会社データワイズ's job postings
【入社理由】位置情報でクライアント戦略を次のステージへ~アナリティックコンサルタント 大和田 英明の場合~
Yasuhiro Nakamura
株式会社データワイズ / Manager

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more