WebGLが得意なフロントエンドエンジニア募集!担当マネージャーに話を聞きました!

本日、新規求人募集をスタートいたしました!WebGLが得意なフロントエンドエンジニアの方、大募集しています!

求人情報はコチラ

また、今回の募集にあたって、詳しい情報を担当マネージャーに聞いてみました!


今回答えてくれたのはこちらのメンバー、I氏(以下I)!現在エンジニアマネージャーとして、VRプロダクト向け分析サービス「AccessiVR(アクセシブル)」の開発を担当しています。それでは早速くわしい情報を聞いてみましょう!


採用担当:今回募集しているフロントエンドエンジニア(WebGL)では、どんなことをやるんですか?


エンジニア I:「AccessiVR(アクセシブル)」の開発に携わっていただく予定です。中でも、VRコンテンツ内でユーザーがどのように行動したかをブラウザでビジュアライズするシステムの開発や運用をお願いしたいと思っています。


採用担当:「ユーザーの行動をビジュアライズする」って面白そうですね!これはアクセシブルの機能なんですよね?そもそも、アクセシブルってどんなサービスなんですか?


エンジニア I:アクセシブルは、VRプロダクト向けの分析サービスですね。一言でいえば、「ユーザーのVR体験を可視化できるサービス」。

VRゲームや360度動画など、様々なVRプロダクトサービスがありますが、実際にHMDを被ったユーザーがどのような体験をしているかが、幅広い観点から分析できます。

例えば、「VRコンテンツをどのような順番でどこを見たか」という視点を含むコンテンツ利用情報の時系列データをタイムライン形式で表示したり、360°動画の視点データをヒートマップ形式で表示したり。

VRならではの分析ができるので、VRプロダクトサービスを運用していくにあたってのPDCAサイクルの循環をサポートすることができるサービスです。


採用担当:話を聞いてるだけでワクワクしてきました……!じゃあ、私がVRで遊んでいるときにどこを見ているかも、アクセシブル上ではバッチリ分かっちゃうんですね。


エンジニア I:そうなりますね。コンテンツをプレイしている採用担当さんがどんな行動をしたか丸わかりです。


採用担当:すごい!開発者にとっては、そういったユーザー体験が開発の助けになりますね。


エンジニア I:そこをサポートしたいと思って生まれたサービスなので、ぜひ活用してもらいたいです。特に今回募集しているフロントエンドエンジニア(WebGL)は、そういったデータを見やすくビジュアライズするシステムを開発することが主になるので、「どうすれば分かりやすく可視化できるか」といった点を考えながら一緒に開発できることが面白いと思いますよ。


採用担当:自分のアイデアも形にできるのは自社サービス開発ならではですね。最後にどんな方に来ていただきたいですか?


エンジニア I:VRに興味がある方はもちろん、エンジニアとしてサービスの品質にこだわりが持てる方だと嬉しいですね。アクセシブルのチームでは、活発に意見交換をしながらサービス開発をしているので、受け身にならずに自発的に業務を推進できる方は歓迎しています。

ダズルのエンジニアとしてだと、技術方針に共感していただける方だと比較的なじみやすいのではないでしょうか。


採用担当:Iさん、お話ありがとうございました!

エンジニア I:ご応募お待ちしております!


VR開発や、アジア初となるサービスの開発にご興味をおもちの方は、ぜひコチラからご応募ください!

その他の採用情報はこちらから!

ぜひ私たちと一緒に「楽しい」「便利」なサービスを生み出していきましょう!

株式会社ダズル's job postings
Anonymous
76161042 e299 4a92 91aa 3f5890a0f5a0?1517301740
10496247 664521843636557 6591525498196986073 o
D76de82a 0118 4d36 8bd0 6e7f7bb0dd46
3 Likes
Anonymous
76161042 e299 4a92 91aa 3f5890a0f5a0?1517301740
10496247 664521843636557 6591525498196986073 o
D76de82a 0118 4d36 8bd0 6e7f7bb0dd46
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon