This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

VRプロダクト分析サービス「アクセシブル」を開発初期から支えたエンジニアが大切にしていること

ダズルの社員にインタビューする本連載「Dazzle member’s INTERVIEW」。

今回は、AccessiVRを担当するエンジニアマネージャーに話を聞きました。アジア初のVRプロダクト分析・運用サポートサービスとしてリリースされた「AccessiVR(アクセシブル)」。プロジェクト発足時からサービスを育て上げ、リリース後も「一つ一つ着実にサービスを育てていきたい」と語る彼。エンジニアとしての歩みと、その中で見つけた「大切にしていること」を話してくれました。

■プロフィール

工業高校在学時に初めてプログラミングに触れ、その後コンピューター系の専門学校へ。卒業後は新卒でSIerとして就職し、基本的なSIもベンチャー系のSIも経験する中で、自社Webサービスを展開する企業へ転職。その後、地元へ帰ろうと思っていたところで、ダズルに誘われ、入社を決意する。AccessiVR(アクセシブル)の企画がちょうど始まったタイミングということもあり、その後はアクセシブルのPMとインフラを担当している。

■学生時代の偶然の出会いから進んだエンジニアの道

地元が昔からモノづくりが盛んな街で、自分も「モノづくりがやりたい」と漠然と考えていた学生時代でした。工業高校に進学し、電気科へ進んだものの、やってみるとできないことばかり。電気回路が苦手だったことに進学してから気付きました(笑)

そんなときに出会ったのがプログラミングです。元々プログラミングがやりたかったわけではありませんでしたが、電気回路のようなハードと違ってソフトは得意だったようで、勉強して、作ってみて、動かしてみる過程が楽しかったことを覚えています。

そこで、コンピューターの専門学校に進学しました。専門学校時代でもその楽しさは変わらなくて、もっとプログラミングを勉強したい、将来はエンジニアになりたい、そんな風に考えるようになりました。

ただ、地元で盛んなモノづくりはどちらかと言えばハードを創る業界。システム業界が地元は弱かったんです。そこで、就職も東京のSIerに決めました。新卒で入社した会社は昔ながらのSIerだったので、一通りの流れを学ぶことができました。その後転職した会社はベンチャー企業だったので、打って変わって早いスピード感の中で業務を行うことが当時は新鮮でしたね。

■アクセシブルの開発を通して経験した新たなチャレンジ

SIerの経験も通算6年ほど積んだタイミングで、Webサービス会社に転職。そこでは自社でWebサービスを展開していたので、システム構築等を主に担当していました。その後は一度地元に帰ることを検討したのですが、これまでシステムまわりをやってきていたこともあり、なかなか地元でピンとくる企業に巡り会えず、悩んでいました。そんなとき、以前同じ会社で働いていたダズルのメンバーに誘われ、ダズルに入社を決意しました。

現在は、AccessiVR(アクセシブル)のプロジェクトマネージャーを担当しつつ、インフラまわりの担当もしています。

入社当時はちょうどAccessiVR(アクセシブル)のプロジェクトがスタートしたタイミングだったので、プロジェクトの成長を間近で見られたことは大きな経験に繋がったと思います。特に、インフラ構築に興味があったので、携われてよかったと感じています。

これまでのキャリアの中で、システム構築はもちろん、Webのフロントまわりの開発や、サーバーサイドも経験し、やりたかったインフラにも携わることができて、やりたかったことは一通り経験できてきたように思えます。経験したことがない領域でも、最新技術を自ら仕入れ、試していくことで自分の力になります。今後もやりたいことがあれば、ずっとチャレンジし続けていきたいですね。

そういった意味では、マネジメントも新たなチャレンジだと思います。通常業務とマネジメントのバランスを取るのは難しいですが、メンバーが快適に業務を遂行できるように管理するためにも、自分自身がいっぱいいっぱいになってはいけない。だからこそ、気付いたら業務を適切に振るように心掛けています。

■徐々に変化した「自分の担当範囲はやりきる」という信念の意味

これまでエンジニアとして様々な業務に携わってきましたが、「自分の担当範囲はやりきる」ということをずっと大切にしています。ただ、マネジメント業務にも携わるようになって、その意味合いも少しずつ変化してきました。

これまでは、「自分がやらないと終わらない」と思っていたので、どんなことでも自分でやりきれるようにしてきました。以前、iOSアプリの開発が未経験だったときに「開発してほしい」と依頼を受け、ゼロから勉強して開発をやりきった経験がまさにそうだったと思います。

ただ、今はマネージャーという立場である以上、それだけではいけないと感じています。自分がパンクしてしまっては、メンバーに負担がかかってしまう。なので、自分にやれる範囲でタスクを引き受け、引き受けたタスクは確実にやりきります。その分、どうしても溢れてしまうタスクに関してはメンバーにお願いしています。メンバーが困ったときに、しっかりフォローに回れるくらいの余力を確保しておくことも大切だと思っています。

AccessiVR(アクセシブル)はまだ成長過程にあります。やるべきことも、やりたいこともたくさんありますが、そのためにもこの考えを大事にしながら、一つ一つ着実にサービスを育てていきたいですね。

株式会社ダズルでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Bddb9471 e77a 4f2e a593 1370e96f962a?1504610898
D76de82a 0118 4d36 8bd0 6e7f7bb0dd46
Picture?height=40&width=40
3 いいね!
Anonymous
Bddb9471 e77a 4f2e a593 1370e96f962a?1504610898
D76de82a 0118 4d36 8bd0 6e7f7bb0dd46
Picture?height=40&width=40
3 いいね!

社員インタビュー

私が今の会社で働くワケ

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon