1
/
5

セールスから管理部へ!他部署の経験を活かしてさらにスキルアップ!

今回は新卒で入社し、現在は管理部門で働く女性社員にインタビュー!
入社時の配属先はセールス部門で、その後、管理部門へと異動したそうですが、
異動を経験したからこそ伝えることができる「交換できるくん」の魅力について語ってもらいました!

なぜ交換できるくんに入社を決めたのですか?

学生時代の就職活動中にエージェントから紹介された会社の1つが当社だったのですが、当時面接官であった落久保さんの人柄に惹かれて興味を持ったのがきっかけです。落久保さんは初回の面接で会社紹介やビジョンの説明をしてくださいました。会社を取巻く環境やビジネスの仕組みなどは、正直、学生にとってはなかなかイメージしづらい部分でもあるかと思うのですが、落久保さんの説明はとてもわかりやすく面白かっため、どんどん話に引き込まれてしまいました。初めてお会いしたのにとても会話を楽しんでいたことを覚えています。落久保さんから社内の雰囲気が伝わり、入社後の働いている自分が強くイメージできたため入社を決意しました。

現在の部署や業務内容について教えてください!

現在は管理部の経理グループとして、決算書作成の元となる仕訳の作成や与信管理業務をメインに行っています。仕訳の作成は、会社のさまざまな取引やお金の流れを会計システムに記録していく業務です。与信管理業務では、例えばクレジットカードでお支払い予定のお客様のカードがきちんとご利用いただけるか、銀行振込をご希望のお客様が事前にお振込みいただけているか、といった情報を1件ずつ確認して回収漏れがないようチェックしています。特に与信管理業務は、お金に関わる業務ですので、対応を間違えるとお客様からお叱りを受けかねません。サービス品質にも関わることですので、緊張感を持ちつつ、日々取組んでいます。

経理グループに所属する以前はどの部署に所属していたのですか?

入社当時はセールス部門で通販を担当していました。

通販では、注文をいただいた商品のお届け日の調整が主な業務です。お急ぎのお客様や新築物件に取付けるための商品を購入されるお客様もいらっしゃるので、納品日にスムーズにお届けできるよう事前に綿密な打合わせを必要とします。

その後、通販担当から、工事をご注文いただいたお客様との工事日程を管理・調整するスケジュール管理グループへと異動しました。工事日程の打合わせが中心の業務であるため、日程調整という点では通販との共通点は多いです。しかし、この業務ではお客様とのやり取りだけではなく、工事を担当する職人さんが関わってきますので、必要な情報を漏れなく伝達して段取りを怠らないよう、常に小さな気配りを忘れないよう心掛けていました。

経理グループでの業務で必要なスキルはありますか?

簿記のスキルなども大切なのは事実ですが、業務の性質上、部署をまたいだ業務が多く発生するため、円滑なコミュニケーションを取ることが重要だと思っています。ミスや漏れがないようにしっかりと関係部署と連携をしなくてはならないのですが、一方通行の会話にならないように気をつけながら話をするように意識をしています。例えば、「〜日までに請求書をください」といきなり伝えると角が立つこともありますし、何より自分がセールス部門を経験しているので忙しいタイミングも理解しています。コミュニケーションの入口として、世間話をして最近の仕事の話を聞いたり、ちょっとした「会話」を楽しみながら、その流れでお願いをすることが多いですね。

経理グループにジョブローテーションをしたことで身についたスキルはありますか?

管理部門にいることで、元々いたセールス部門では見えづらかった会社の業務やお金の流れを俯瞰して見れるようになりました。実際にお客様対応の業務をしていた頃は、「なんでこんな処理をしなければならないの?」というようなことも多くあったのですが、会社全体の流れが分かったことで一つひとつの業務に意味があることを理解できました。コミュニケーションの話にも通じるのですが、会社全体の業務の流れや相手の業務内容を理解したことで、次の部門に業務を回すときに、どのようにパスを出すのが1番良いかを考えられるようになりました。

また、業務上、正確でスピーディーな仕事が求められます。

セールス部門にいる時も求められてはいましたが、管理部門ではそれ以上に神経を使うことが多いです。日々数字と向き合いながら、スピードを意識しつつ、正確さを磨けていると感じています。

現在一番力を入れている事は何ですか?

直近では、業務改善に携わっています。経費精算のフォーマットをより使いやすく改善することで、データ化を進め、工数削減を図っている最中です。経理業務においてもミスをするリスクが少なくなりますし、申請する側では作成の手間が減り、双方にとって有効な改善だと感じています。

経理グループで働く中でのやりがいはどのようなところにありますか?

決算は日々の細かい仕訳の積み重ねのため、毎日の業務でミスができない緊張感はあります。大変でもありますが、その分、数字が固まって決算が終わったときの達成感は大きいですね。

管理部はどのような雰囲気ですか?

ミスができない部署でもあるので、社内でとても緊張感を持って取組んでいる部署だと思います。静かに集中して業務をしていることが多いので、受け身な部署に感じやすいかもしれませんが、積極性も大切にしている部署でもあります。些細なことでも気づいたことは発信していって、OKがもらえたら挑戦してみることも多いです。適度に部長がアイデアを求めてくれるので、発信もしやすいと感じています。


1日のスケジュールを教えてください!

1日のスケジュールは大体このような感じです。

8時過ぎ :出社 メールやスラックのチェック、1日の準備、身の周りの掃除
9時~  :仕訳作成、与信管理業務、代表電話・来客対応
13時~ :昼食
14時~ :施工案件の報告書チェック、請求処理業務、請求書作成、与信管理データ作成
18時  :退社

月末や月初には別途書類作成の業務が増えますが、
ルーティン業務はこのような感じです。

これまでの業務で印象に残ったエピソードはありますか?

スケジュール管理グループにいた時は、常にスケジュールのことを考えていたので、夢の中でも日程を組んでいることが度々ありました。今ではもう夢に出てくることはありませんが、今となってはいい思い出になっています。あとは、自分が良かれと思った気遣いが喜ばれたときには、やはり嬉しいです。お客様対応をしていたときは、気遣いから出てきた提案がお客様に感謝されることも多かったです。現在は社内での対応がメインにはなりますが、他部署のことを考えて対応したことが円滑な業務に繋がったこともあります。

今後の目標やキャリアプランはありますか?

現在は作業ベースでの業務が多いですが、会計に関する知識を体系的に把握してより理解を深めていきたいです。また、セールス部門だけでなく社内全体がより最適なかたちで業務に取り組めるよう、業務改善やマニュアル作成による業務の標準化を進めていきたいと考えています。

最後に新卒で入社を考えている後輩にメッセージをお願いします!

交換できるくんは本当にアットホームな環境で、困ったことがあれば、すぐに相談に乗ってくれる方がたくさんいます。私は、新卒で入社し、右も左もわからない状態でしたが、基本から丁寧に学ぶことができたので先輩方を頼りながら働ける職場だと感じています。

また、お客様の声がモチベーションにもなる仕事でもあります。

部署から部署へのバトンパスによってお客様にサービスが届けられるため、自分の仕事を次の部署へいいかたちで繋げ、結果的にお客様から喜びの声が返ってきたときの達成感は大きいです。


交換できるくん その他インタビューはこちらから

株式会社 交換できるくんでは一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング