起業に至る経緯

ディライト社の始まりは、偶然です。

テレビ局に務める大学のテニスサークルの先輩と、弊社の創立者(案野)が数年ぶりに 仕事を通じて偶然再会し、ところで、最近テニスやっている? と話をしたのが、 1999年の夏になる前でした。

それから、ネットを通じて対戦相手を探したり、消息不明の仲間と出会えたり新しい仲間さがしが できるホームページがあったらいいね話をしたところから話が始まりました。

その後、「テニスに限らず、日本に限らずいろいろチャンスがあるね」と話はどんどん大きくなって、 ビジネスとしてやっても夢があっておもしろいのではないかと思うようになりました。

そしてついに、創業者の案野は、2000年に総合商社マン生活にピリオドを打ち  ネットバブルの最中、甘い夢をみて起業しました。

起業してみると考えていたビジネスモデルや会社運営の問題が、当初想定した通りににはうまくいかず経済的に難しい状況になりました。 両親などには、何故 会社員をやめたのか責められ、反発するも売上が伴わない状況となり疎遠になりました。困った時だけ連絡する悪い息子でした。

やはて、「スポーツに理解があり、交渉のスキルがあるビジネスマン」ということで、 外人(日本人に帰化)の元日本代表バスケットボール選手の移籍交渉を頼まれる機会があり、 素人だが交渉は得意だということでスポーツエージェントとしての活動が本格的に始まりました。

また、ITを活用したイベント運営のニーズが中国であることを知り 中国でのマラソン完走計測ビジネスを始めたところ、中国最高峰の北京マラソン、上海マラソンなど大型大会での完走記録計測業務を受託するなど成長軌道にのりました。

うまくいっているときの注意が足りず、日本での売掛金の未払い問題や、うまくいっていた中国ビジネスでの苦労など、交通事故のような困難が同時にやってきました。

倒産しそうなときは会社員時代に鍛えた個人のスキルを武器に、世界を代表する大企業のから中小企業までいろいろな方から仕事を頂き助けていただきました。

その後、会社としての体制整備とビジネスモデルに更なる磨きをかけ、現在に至ります。
まだまだ不十分ですが、面白いこと、別のやり方、新しいこと、社会のためになることに挑戦していく企業でありたいと考えています。

引き続きご支援を賜りたく、何卒、よろしくお願いいたします。

株式会社ディライト's job postings

Weekly ranking

Show other rankings