司法書士として働いていた私がdelyでバックオフィスに携わっている理由

元塾経営者や学生起業家、ベンチャー役員など、様々なバックグラウンドを持つ選りすぐりのメンバーが働いてるdely株式会社。そんな個性豊かなメンバーが「どうしてdelyを選んだのか?」「どういう想いで働いているのか?」など、実際にインタビューをしてお伝えしていきます!今回は、dely管理部でバックオフィス業務を担当する司法書士の小林磨衣子さんにお話を伺いました!

~プロフィール~

小林 磨衣子(まいこはん)

愛知県常滑市出身。名古屋大学法学部卒。2012年、司法書士試験に合格。司法書士法人において、主に個人のクライアントの案件を担当するチームに所属。セミナー講師、グループ法人社員向け厚生活動の運営等も担当。2015年9月からは女性弁護士1名の法律事務所において、唯一の事務職員としてバックオフィス業務を幅広く担当。プライベートにおいては、映画、書等に関する活動に精を出す。映画に関しては、地元映画祭のスタッフとして知多半島を舞台とした映画制作にも携わる。2017年8月東京へ転居。10月よりdely株式会社に入社。幅広くバックオフィス業務を担う。

困っている人の助けになるため司法書士に

2つ前の職場では司法書士として働き、その後は弁護士事務所の事務員として働いていました。

昔から何となく弱い立場の人とか、困っている人を助けたいという想いがあって、大学は法学部に入りました。法学部に入ったので、何か法律系の資格を取ろうと考えていた中で司法書士の存在を知り、弁護士よりも敷居が低く、市民により身近な法律家であるという、所に惹かれて司法書士の勉強を始めました。

卒業後に資格を取ってからは、司法書士法人で司法書士として働いていました。不動産登記、遺言の作成や、認知症などで判断能力が低下した方の財産を管理する成年後見など、主に個人のクライアントに対する法務サービスに携わっていたのですが、2年程働くなかで徐々に「自分のやりたいこととは何か違うんじゃないか」「好きなことは他にあるのに」という想いが強くなっていきました。そこで一旦司法書士からは離れることを決意しました。

今思うと、恥ずかしい話ですが、学生時代、自分は就職活動もせず、資格の勉強しかしていなかったので、自分の本当に好きなこと・やりたいことにちゃんと向き合うことをしなかったのがここへきて噴き出してきたというのもあったんだと思います。

転職活動をする中で自分が尊敬できる思いを持つ女性弁護士先生と出会い、司法書士として前面に立つのではなく、サポートする側で法律には携わり続けてみようと事務員として働き始めました。

また、仕事外の時間には、それまで向き合っていなかった「やりたいこと・好きなこと」を思い切りやっていました。例えば有名な俳優さんが監督・主演を務める映画の制作や映画祭の運営に携わったり、大好きな歌や書道に打ち込んだりしていました。とにかく純粋に自分の好きなことを思い切りやっていましたね。

大切なテーマとビジョンが重なったのがdelyだった

弁護士事務所で働く傍ら、プライベートで刺激的な出会いがたくさんあり、プロの映画監督さんや俳優さん、歌や書に真摯に打ち込む方々とお話する機会が多くありました。

彼らは自分の好きなことを仕事にして、思い切り打ち込んでいるのですが、当時の自分は仕事とプライベートを切り分けていたので、純粋に自分の好きな一つのことにエネルギーを注ぐ人たちと話をするときに自信を持って臨めない自分が情けなくてすごく悔しかったんですね。それがきっかけで、自分のやりたいこと・好きなことと仕事を一つにまとめてそこにエネルギーを注いで思いっきり取り組みたいと思い、転職を考えました。

仕事やプライベートも含め、それまでの自分を改めて振り返ってみて、「誰にでも分け隔てなく使ってもらって、喜んでもらえるもの」「人の生活にプラスαの感動を与えられるようなもの」に携わっていたいというテーマに行きついたので、そういうサービスに携われる企業を探していました。

また、周りにベンチャー企業で仕事に打ち込んで楽しそうに働いている友人も多かったので、ベンチャー企業中心に探していたのですが、その折にwantedlyでスカウトメールを頂いたのがdelyと出会ったきっかけです。

実際に面接で会った人たちの話を聞いてとてもワクワクしましたし、kurashiruの「70億人に1日3回の幸せを届ける」というクラシルのミッションも自分が大切にしたいテーマと重なっていたのでdelyに入社しました。

自分の好きなことが仕事になっているからこそ生まれるやりがい

現在はdelyでバックオフィスの業務を担当しています。司法書士として前線に立つ側から、弁護士事務所でサポートする側に回ってみて、私は前線で頑張っている人のサポートに向いていて、その人を支えられることに喜びを感じることに気づきました。

また、前の仕事では事務員が私一人で、弁護士がやる仕事以外の何でもやっていたのですが、幅広く出来ることが楽しかったので、今まさに業務が広範に渡るバックオフィス業務をやれていてやりがいを感じています。

また、delyのメンバーは私よりも若い方が多いですけど皆優秀だし、目標にまっすぐに頑張っているので、尊敬しています。そういう風に、心から魅力的だな、尊敬できるなと思える人たちのサポートを出来ること自体が喜ばしいことですし、そんなメンバーから「ありがとう」って言ってもらえる機会があるのも嬉しいですね。

若さとスピードが刺激をもたらす環境

みんな若く優秀で、素直に一生懸命仕事しているのを見てると常に刺激を受けますし、いい意味で焦りにも繋がります。焦るけど、それがあるから私も頑張れるし、向上心を持って仕事に取り組めるので、そういう刺激を貰えるのがdelyという組織の良いところかなと思います。

それからスピード感ですね。めちゃめちゃスピードが速いから、そこを必死に生き抜いていくだけでも何か成長につながるような感覚があります。

日々やることが変わるというか、元々経理のお仕事を一部やらせてもらっていて、それは日々の仕事なんですけど、それ以外の総務や法務などやらなきゃいけないことがどんどん変わっていくので、その分飽きなくて面白いというか、新しいことができるので楽しいし、自分の幅が広がりますね。

今管理部は私含め3人ですが、年齢層も上の方なのでdelyの中では比較的落ち着いた雰囲気で仕事をさせてもらっています。あとみんなお酒が大好きですね(笑)

各々が専門知識を持っていて、法律、労務、経理とかそこに対して強みを発揮するんですけど、それぞれが有機的につながって、チームとして働けています。

「delyのミッションやビジョンを体現出来る人になるべきだなと思っています。」

全部署、全社員と関わるポジションにいるので、社員の方たちがいつでも気軽に話したり、気づいたことを言ったりできるよう、安心感のある、コミュニケーションがしやすい雰囲気づくりを心掛けています。

あとみなさんとの関りが多い管理部に所属しているので、delyのミッションやビジョンを体現出来る人になるべきだなと思っています。まだまだではあるんですけど、みなさんのお手本になるようなdelyらしい人を目指す、ということは大切にしています。

コーポレートビジョンが”BE THE SUN”で、説明文の冒頭に「世界をより明るく、楽しく、平和に、誰もが幸せで笑顔溢れる場所にしたい」という一文があるんですね。

それを願う組織ならまずはdelyがそういう場所にならないといけないと思っています。なので、「delyをより明るく、楽しく、平和に、誰もが幸せで笑顔溢れる職場にしたい」というのがdelyでバックオフィスとして働く私のテーマだと思っていて、それを実現するために頑張っていきたいです。

そのテーマの実現のためには、みんながイキイキと働けるための制度や仕組みなどを今以上に整える必要があると思うので、そこに注力していきたいですね


どんな人と働きたいか

バックオフィス業務は前線で頑張ってる人たちをサポートする立場なので、思いやりを持って人と接することが出来る人ですね。例えば、自分がどう動いたらこの人は働きやすいかな、楽しくやれるのかなとかそういうことを考えながら働ける人が向いているのかなと思います。

あとは、スピード感があって変化も激しい環境で、例えば、法務をやってたと思ったら経理、総務とか色々なお仕事をすることになると思うので、やることを一つに固めないで何でもやってみるような柔軟性を持って仕事が出来る人に向いているのかなと思います。

どんどん仕組みや制度を作っていかないといけない段階なので、一緒に頑張ってくれる人にお会いできるのを楽しみにしています!


経理
経理からdelyの成長を支える。正確&高速な仕事に「自信アリ」な方!
delyは国内No.1(※1)のレシピ動画サービス「クラシル」を中心に、下記複数の事業を展開しています。また、事業の拡大、および多角化を見据え、M&Aも積極的に行っています。 〈クラシル〉 「クラシル」は「くらしをおいしく、あたたかく」をサービスコンセプトに、3万8,000本以上の「かんたんにおいしく作れるレシピ」を提供するレシピ動画サービスです。「クラシルシェフ」と呼ばれる調理人が管理栄養士の監修のもと、ユーザーの方に喜んでいただけるレシピを日々考案しています。 https://www.kurashiru.com/ 〈クラシルストア〉 「クラシル」が展開する、生産者・製造者の想いごとお客様にお届けするECサイトです。コロナウイルス感染拡大の影響を受けた飲食店・ホテル支援企画も行っています。 〈TRILL〉 「TRILL」は国内No.1(※2)の女性向けメディアです。月間利用者数が4,000万を超える巨大メディアであり、ファッション・恋愛・結婚・お金・ライフスタイルなど、あらゆるユーザーのニーズを満たすバラエティ豊かなコンテンツを保有しています。 〈Basecamp〉 クリエイターズギルド「Basecamp」は、徹底的にユーザー体験の本質に向き合ったモノづくりを追求するデザイン・インキュベーション・スタジオです。業のデザインに関する課題解決を行なっています。 「クラシル」のお客さまは、全世界の方々です。80億人に1日3回の幸せを届けるべく、今後も事業の拡大を進めてまいります。 ◆おいしいdelyの作り方 ◆ https://youtu.be/SI_9zaBzckY ◆参考記事 『新生delyはこれから、モノを売り、1兆円企業をめざす』 TechCrunch https://jp.techcrunch.com/2018/07/11/dely/ 「日本一の人材を求めていた」—坪田朋をCXOに迎え、delyが作る技術者主体の事業と組織 - FASTGROW https://www.fastgrow.jp/articles/dely-tsubota-otake delyは2018年7月にヤフー株式会社との資本提携を結びましたが、引き続きIPOを目指した経営を行なっています。delyがヤフーとの提携を選んだ裏側はこちらから ◎delyがこの道を選んだ裏側 -堀江裕介- https://note.mu/yusukehorie/n/nfe959fc08dce (※1) 料理レシピ動画サービスにおける月間ユニークユーザー数が1位 (分析期間:2019年10月〜2019年12月)SimilarWeb および料理レシピ動画アプリにおける、日本国内ダウンロード数および平均月間アクティブユーザー数が1位(iOS/Google Play合算値) (調査期間:2019年1月1日~2019年12月31日) App Annie (※2) 「美容とコスメ」「ファッション&アパレル」にカテゴライズされているメディアサービスと比較しWeb月間合計訪問数No.1【2020年2月SimilarWeb】
dely株式会社


人事・総務
攻めの人事・労務を募集中!
delyは国内No.1(※1)のレシピ動画サービス「クラシル」を中心に、下記複数の事業を展開しています。また、事業の拡大、および多角化を見据え、M&Aも積極的に行っています。 〈クラシル〉 「クラシル」は「くらしをおいしく、あたたかく」をサービスコンセプトに、3万8,000本以上の「かんたんにおいしく作れるレシピ」を提供するレシピ動画サービスです。「クラシルシェフ」と呼ばれる調理人が管理栄養士の監修のもと、ユーザーの方に喜んでいただけるレシピを日々考案しています。 https://www.kurashiru.com/ 〈クラシルストア〉 「クラシル」が展開する、生産者・製造者の想いごとお客様にお届けするECサイトです。コロナウイルス感染拡大の影響を受けた飲食店・ホテル支援企画も行っています。 〈TRILL〉 「TRILL」は国内No.1(※2)の女性向けメディアです。月間利用者数が4,000万を超える巨大メディアであり、ファッション・恋愛・結婚・お金・ライフスタイルなど、あらゆるユーザーのニーズを満たすバラエティ豊かなコンテンツを保有しています。 〈Basecamp〉 クリエイターズギルド「Basecamp」は、徹底的にユーザー体験の本質に向き合ったモノづくりを追求するデザイン・インキュベーション・スタジオです。業のデザインに関する課題解決を行なっています。 「クラシル」のお客さまは、全世界の方々です。80億人に1日3回の幸せを届けるべく、今後も事業の拡大を進めてまいります。 ◆おいしいdelyの作り方 ◆ https://youtu.be/SI_9zaBzckY ◆参考記事 『新生delyはこれから、モノを売り、1兆円企業をめざす』 TechCrunch https://jp.techcrunch.com/2018/07/11/dely/ 「日本一の人材を求めていた」—坪田朋をCXOに迎え、delyが作る技術者主体の事業と組織 - FASTGROW https://www.fastgrow.jp/articles/dely-tsubota-otake delyは2018年7月にヤフー株式会社との資本提携を結びましたが、引き続きIPOを目指した経営を行なっています。delyがヤフーとの提携を選んだ裏側はこちらから ◎delyがこの道を選んだ裏側 -堀江裕介- https://note.mu/yusukehorie/n/nfe959fc08dce (※1) 料理レシピ動画サービスにおける月間ユニークユーザー数が1位 (分析期間:2019年10月〜2019年12月)SimilarWeb および料理レシピ動画アプリにおける、日本国内ダウンロード数および平均月間アクティブユーザー数が1位(iOS/Google Play合算値) (調査期間:2019年1月1日~2019年12月31日) App Annie (※2) 「美容とコスメ」「ファッション&アパレル」にカテゴライズされているメディアサービスと比較しWeb月間合計訪問数No.1【2020年2月SimilarWeb】
dely株式会社


経営企画・社長室
dely経営チームを助けるオールラウンダーな「社長室長」候補を募集します!
delyは国内No.1(※1)のレシピ動画サービス「クラシル」を中心に、下記複数の事業を展開しています。また、事業の拡大、および多角化を見据え、M&Aも積極的に行っています。 〈クラシル〉 「クラシル」は「くらしをおいしく、あたたかく」をサービスコンセプトに、3万8,000本以上の「かんたんにおいしく作れるレシピ」を提供するレシピ動画サービスです。「クラシルシェフ」と呼ばれる調理人が管理栄養士の監修のもと、ユーザーの方に喜んでいただけるレシピを日々考案しています。 https://www.kurashiru.com/ 〈クラシルストア〉 「クラシル」が展開する、生産者・製造者の想いごとお客様にお届けするECサイトです。コロナウイルス感染拡大の影響を受けた飲食店・ホテル支援企画も行っています。 〈TRILL〉 「TRILL」は国内No.1(※2)の女性向けメディアです。月間利用者数が4,000万を超える巨大メディアであり、ファッション・恋愛・結婚・お金・ライフスタイルなど、あらゆるユーザーのニーズを満たすバラエティ豊かなコンテンツを保有しています。 〈Basecamp〉 クリエイターズギルド「Basecamp」は、徹底的にユーザー体験の本質に向き合ったモノづくりを追求するデザイン・インキュベーション・スタジオです。業のデザインに関する課題解決を行なっています。 「クラシル」のお客さまは、全世界の方々です。80億人に1日3回の幸せを届けるべく、今後も事業の拡大を進めてまいります。 ◆おいしいdelyの作り方 ◆ https://youtu.be/SI_9zaBzckY ◆参考記事 『新生delyはこれから、モノを売り、1兆円企業をめざす』 TechCrunch https://jp.techcrunch.com/2018/07/11/dely/ 「日本一の人材を求めていた」—坪田朋をCXOに迎え、delyが作る技術者主体の事業と組織 - FASTGROW https://www.fastgrow.jp/articles/dely-tsubota-otake delyは2018年7月にヤフー株式会社との資本提携を結びましたが、引き続きIPOを目指した経営を行なっています。delyがヤフーとの提携を選んだ裏側はこちらから ◎delyがこの道を選んだ裏側 -堀江裕介- https://note.mu/yusukehorie/n/nfe959fc08dce (※1) 料理レシピ動画サービスにおける月間ユニークユーザー数が1位 (分析期間:2019年10月〜2019年12月)SimilarWeb および料理レシピ動画アプリにおける、日本国内ダウンロード数および平均月間アクティブユーザー数が1位(iOS/Google Play合算値) (調査期間:2019年1月1日~2019年12月31日) App Annie (※2) 「美容とコスメ」「ファッション&アパレル」にカテゴライズされているメディアサービスと比較しWeb月間合計訪問数No.1【2020年2月SimilarWeb】
dely株式会社
dely株式会社's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings