Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「ここを優秀人材の輩出拠点にする」Google、Twitter、Microsoftなどの外資企業を経て、DeNA Games Osakaを選んだ人事の話

こんにちは、DeNA Games Osaka HRの伊藤です。このたびは経営管理部、部長に就任した民部にお話を聞いてまいりました。

」が事業を成長させると考えている弊社にとって、長らくHR領域でキャリア積んできた力強い仲間が昨年の12月に加わりました!!そんな彼に、これまでのキャリアの話からDeNA Games Osakaで成し遂げたいことなどを聞いてきました。


これまでの経歴

海外留学(米国・英国)から帰国後、ケーブルテレビのオペレーション統括会社にケーブルテレビ加入促進(セールス)担当として新卒入社しました。その会社で、「人事制度改定プロジェクト」に参加する機会があり、「人事」という職務に興味を持ち始め、半ば押しかけるように、人事プロジェクトを担当してくれた人事戦略コンサルティング会社に転職しました。以後、人と組織に関わる仕事を主に外資系のIT会社で担当してきました。DGOでは、2017年1月1日付で発足した、経営管理部で、採用・労務・総務・経理といったバックオフィス機能を統括する役割を担っています。



自分がわくわくできる職場かどうかの見極めは

これまで複数回の転職を経て、DGOにご縁があり、入社したわけですが、転職の際にブレない基軸みたいなものを自分は持っていて、それは、「人」です。
仕事を通して自己成長を実現するには、「ワクワクする仕事が一緒にできる人たちか」を必ず見極めるようにしています。もちろん、面接で得られる情報は限定的であるので、その会社のリアルな姿をイメージできるよう、面接担当以外の現職社員にもお話を聞かせてほしいという要望を伝えるようにしていました。



会社のトップがここまでやるのか!

本題の、「私がDGOに決めた理由」についてお話をさせてください。Wantedlyの求人でDGOの人事労務担当募集を知り、「ぜひお話を聞きたい!」とコンタクトを取らせていただきました。幸いにも面接のプロセスに乗ることができたのですが、自分がいちばん驚き、入社を決定付けた大きな要因があります。

それは保積社長と採用担当の菅野さんの採用への熱量の高さです。Wantedly経由でコンタクトをさせていただき、すぐにお返事を頂いたのに始まり、応募翌週に、わざわざ保積社長と採用担当の菅野さんが東京まで来てくださりました。トップがこれだけ、採用に力を入れている機動力には正直脱帽しました。
私がこれまで勤務してきた会社とは比較にならないほど、経営陣の採用への熱量を感じました。

「これほど真剣に採用にコミットするトップがいたのか!」


と人事・採用を生業としてきた自分にとって、感動の気持ちを抑えることができませんでしたね。


ここはコトに愚直に向かっている社員が多い

DGOはエネルギーに満ちている会社だと思います。もちろん、年齢が皆若い(社長もまだ33歳!)ということもあるのでしょうが、DGOを10年後、20年後も存在感のあるゲーム開発・運用会社にしていくんだというビジョンに共感し、目線を合わせて前進していることを肌に感じることができます。

また、風通しのいい文化で、社員全員が互いを尊重し、自由闊達なコミュニケーションを取っており、とても心地がいいです。変えることというより、これからみんなでユニークな存在であり続けるDGOを作り上げていく、そのために必要な修正は躊躇なくやっていく(ことができる風土である)、という方がしっくりくるかもしれません。



DeNA Games Osakaを優秀人材の輩出拠点に

私はここでの野望があります。保積社長はじめDGO社員のリーダーシップ・レベルを数段高めることです。
そのための施策を実施して、個と組織両方の筋肉化を実現し、究極の人財輩出拠点にしていくことです。

「なんかDGOの社員ってなんかすごくないか?ぜひその秘訣を教えてほしい」

とDeNAグループはもとより社外からも一目置かれる人財を一人でも多く育成したいと思っています。



人事は全社員の最後の砦だと思っている

人事が担保すべき機能は、「社員が安心して働ける環境を確保する」ことに集約できるかと思います。
その機能を実現する「手法」はいくつかあって、一番基礎的な部分で言うと、安定的な人事オペレーションを展開して、社員がストレスなく会社での生活を送れるようにすることではないでしょうか。
その基礎に上乗せする形で、経営と一体となり、社内コミュニケーションを促進する、いわば、コミュニケーションのハブ的役割を果たすことで、職種の垣根を超えた風通しを確保することではないでしょうか。



民部がジョインして、まだ数ヶ月ですが、すでに社内では全社員の優しい父のような存在です!これからの会社がどう変わっていくかが楽しみなほど精力的に動き回り、社員とコミュニケーションを取っている姿をみてHR担当の私としても学ぶことが沢山あります!

これから、DeNA Games Osakaを素晴らしい会社にするべく民部を中心に仕掛ける、社内での様々な施策を追いかけ、紹介していくので、どうぞご期待ください!!


弊社は、関西から世界中のユーザーが熱狂するゲームを提供したい方、自分自身を成長させたい方からの応募をお待ちしております。

下記のリンクからご応募お待ちしております!!

株式会社DeNA Games Osakaでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=40&width=40
F74e8995 57d7 4855 9b83 4c4af909061e
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
14 いいね!
Anonymous
Picture?height=40&width=40
F74e8995 57d7 4855 9b83 4c4af909061e
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
14 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon