【5年目社員対談】いつまでも変わらない「同期の心強さ」(後編)

ついに2020年卒の就職活動が本格化!これを読んでいる就活生のみなさんもエントリーシートの内容や面接について考えられている時期ではないでしょうか?エントリーシートや面接などに忙しいことでしょう。でも、ここで少し立ち止まっていざ希望の企業に入社したあとのことを少し想像してみてください。そこには、必ず「同期」という存在がいます。

前編では、平と小野という2人の5年目社員が新人時代にどう過ごしてきたのかを中心に話を聞きました。この後編では、みなさん気になる最終面接のこと、そして「同期」とはどんな存在なのかについて聞いてみました。


エクスペリエンスマーケティング2部 ソリューションアーキテクト 平さん
2014年入社。ディレクターとして、コーポレートサイトやECサイトのリニューアルを担当。現在は、企業のデジタルマーケティング活動を支援する業務システムの導入と活用を、日本や海外のパートナー企業と連携しつつ展開。

エクスペリエンスマーケティング1部 アカウントエグゼクティブ 小野さん
ディレクターとしてWebサイト制作やSNS運用担当後、現在の部署へ。アパレルから不動産まで、多種多様なクライアントの新規案件の創出や、既存顧客のマーケティングサポートに従事。キャンペーン/メディア/システムなど多領域のアカウントを担当。

聞き手:塚岡雄太 フリーランスの編集者・ライター。
出版社、広告制作会社、ウェブサービス運営会社と8年の社会人経験あり。

素のままの自分で臨める採用面接

――前編では今のお仕事について、そして新人時代の経験について伺いました。後編ではさらに時計の針を巻き戻して就活していた頃について聞きたいと思います。お二人とも、もともと広告系を希望していたんですか?

小野:私は理工学部でしたが早く働きたいと思い、大学院へ進まず就職活動をしました。時間をかけて様々な企業を見ていた中でしっくりしたのがこの業界で、プロダクション(制作会社)から代理店まで、広告系を中心にいろいろ受けましたね。

:僕は、もともと新しいビジネスやデバイスを作ってみたいという思いがあったので、広告系と合わせて新規事業室とかメディアのデジタル部門とか、外資系企業のビジネス戦略室みたいなとことも受けてました。

――他の志望企業と比較して、電通アイソバーの面接で印象に残ったことって何かありましたか?

:けっこうラフでしたね。和やかだったというか。

小野:そうですね、なるべく素を見ようとしてくれているような雰囲気だった気がします。

:質問もけっこう変わってて「デジタルの好き度合いを表現してください」と聞かれたり、「1,000万円あったら何をしますか?」とか「新しいビジネスモデルを考えてみてください」みたいな質問もあって、面白い会社だなぁと思ったのは覚えてます。

小野:そんな質問あったの?

:うん。デジタルの好き度合いは、「体全体を使って表現してもらって構いません」と補足されたのを覚えてます(笑)。

小野:もう、素で答えるしかないね(笑)。

素で挑んだ最終面接

――お二人はこうして電通アイソバーに入られているということは最終面接を通過したということですが、その内容は覚えてますか?

小野:プレゼンしたやつだっけ?

:そう。自己紹介のプレゼンをしたやつ。今はなくなったみたいですね。

小野:私は、たしか画用紙をくり抜いて、iPadを入れて、紙芝居みたいなことをしました。オフラインとオンラインの融合...みたいな。両方使えば、いろんなことができますよね、ということを表現しようとした...んだと思います(笑)。

:僕は、前日まで普通のプレゼンを用意していたのですが「自分が出せていない」と思って、当日の朝に全部変えたんです。
今考えると恥ずかしいですが、自分自身をダイヤモンドの原石に例え、磨けば光ることをアピールする形に変えました。実際に持っていったのは、原石に見立てたスイカ大の新聞紙なんですが...(笑)

小野:え?どういうこと?

:自分はまだまだ原石だし、磨けば、キラリと光るものがあるってことを比喩で表現したかったんだけど、入社した今でも、本当に意図が伝わったかどうかはわかりません(笑)。
ただ、等身大の自分を受け入れてもらえる会社だということは、確かに感じました。

同期は、友達とビジネスパートナーの間

――なかなか楽しい最終面接だったということで(笑)、続いては読者の方が気になっているであろう「同期」という存在について聞いてみたいと思います。大学時代の「友達」とは違うものなんだと思いますが、どういう存在と捉えていますか?

小野:今でも同期とチャットは頻繁にしていて、3ヶ月に1回くらいは飲みに行きますし、誕生日にプレゼントを贈りあったりもしています。

――でも、喧嘩をしたこともあったと聞いていますが、それは?

小野:入社当時は1年目が担当する業務が多く、中でも会社全体の忘年会と新年会を企画/から実施まで任せていただいた時は、みなさんに楽しんでいただくために、毎日と言っていいほど激しい議論をしていましたね。

:そのことについては謝らないといけないんですけど、当時の僕はオフショア開発を担当してまして物理的に日本にいないということも多かったんです。

小野:平もそうですし、1年目でもそれなりにクライアント案件業務を任せてもらえるので、忙しくて、1年目同士で進める社内プロジェクトなどに時間を割けなかったりするんですよね。それでうまく進まず、でも時間はどんどん減っていくのでピリピリする...みたいな(笑)。みんな良いものを作ろうと思っていた証拠でもあると思いますし、議論の仕方や結論の出し方を学ぶ良い機会にもなったと思います。

――そういった衝突が、今のようないい関係の同期を作っているんですね。

:それぞれ別々の個性だったからこそ、相性が良かったかもしれないです。それぞれがあまり気を遣わずにいられるのは大きいですね。

小野:各部門の動きとか、新しい情報とか、同期で一番にシェアできるっていうのもありますよね。信頼しているので、最新の情報もいち早く共有し合ったりして。グループ会社の同期研修もあったので、私はその同期とも今でも旅行に行ったりしています。

:こうして年次を重ねていくと、それぞれ専門分野がはっきりしてきて助けを求めやすいというのもあると思いますね。

小野:先輩とか上司とかに相談する前に、もっとラフな感じで「この領域が得意な方ってどなたかな?」みたいに相談し合うこともありますね。そういう意味では、友達でもあるしビジネスパートナーでもある。そのちょうど中間くらいの関係という感じがします。

2人の「______ without Limits.」

――そろそろインタビューも終盤です。これは毎回聞かせてもらっているのですが、アイソバーグループのコーポレートカルチャー「Ideas without Limits.」にかけて、お二人の「______ without Limits.」を聞かせてください。

小野・平:(せーの)Inspiration(インスピレーション)!

――その心は?

:いろんな刺激に溢れている、と。

小野:いろんな人と、いろんな仕事ができる。パートナー、クライアント、もちろん社内も含めて、いろんな方と仕事をする中で刺激を受けられるのが楽しいです。

:新しい取り組みとか、サービスとか、プロジェクトとか。手を挙げれば取り組むことができるのは楽しいですね。インスピレーションに制限をかけない環境があると思います。

「素」のままで臨み、「素」のままで働ける環境

インタビューの終わりに、電通アイソバーの面接を受けるコツは?と聞いたとき、お二人とも「素のままで」と答えました。仕事の環境、人間関係など、インタビュー全体を通じて感じた「人を活かす」社風は面接にも通じるようです。

平さんはこれから異業種同士のコラボレーションを推進する仕事を、小野さんはクライアントと質の高い仕事をしていきたいという2人。

これからの選考や、入社してからもし会う機会があればあなたの夢も話してみてください。

電通アイソバー株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more