電通アイソバー新入社員が先輩にインタビュー!どうやったら先輩のようになれますか(後編)

これから電通アイソバーへ入社される予定のみなさん、そして、就活中で社会に出る準備をしている皆さんにとって、社会人1年目の先輩がどんな悩みや疑問を持っているか、気になりますよね。

そこで、今回は今年の4月に電通アイソバーへ入社したばかりの谷口が、入社3年目の神田と2年目の清水に疑問や悩みをぶつけるインタビューを敢行!

前編では先輩たちが1年目のときに苦労したことを中心に話を聞いてみました。ぜひ前編から読んでくださいね。


そして、後編では、広告業界ならではの情報収集方法についてや、より成長していくための工夫を聞いてみます!

神田真美(新卒入社3年目)
2017年新卒入社。メディアプランニング・運用を経験した後、ストラテジストとしてマーケティング戦略の策定に従事。得意領域は、定性調査や、ユーザー視点のコミュニケーション設計(ペルソナ・カスタマージャーニーマップの作成)、KPI設計など。国内外の幅広いクライアントを担当。

清水麗子 (新卒入社2年目)
2018年新卒入社。エクスペリエンスデザイン1部所属。学部では建築を学び、もっと人とのインタラクションをデザインするため、大学院のメディアデザインに進学。大学院時代は人の五感を通して、VR空間と人の行動のインタラクションをデザイン。電通アイソバーに入社後は、コミュニケーションデザインとエクスペリエンスデザインを担当。

谷口寛(新卒入社1年目)
2019年新卒入社。早稲田大学を卒業。 現在クライアントとの交渉・調整を担当するエクスペリエンスマーケティング1部所属。

「自分の中に色んな人格を作る」思考法?!

谷口:僕は広告業界に身を置いてまだ数ヶ月ですが、それでも情報の速度が速くて日々の情報収集が難しいなと思っているのですが、おふたりはどのように情報収集をしていますか?

清水:電通アイソバーのいいところだな、と思うのは社内のコミュニティだね。最新の事例とか、気になるテクノロジーとかの情報交換ができてすごく学びやすい環境。あと、社外の勉強会にもよく参加するようにしてるよ。やっぱり人と話すことが一番大切だなと思う。

神田:情報収集、難しいよね……。流れが速いからキャッチアップするのが本当に大変。

広告業界以外の友達が普段どういうところで情報収集しているのかとか、情報通な友達が何にアンテナを張っているのかはチェックしてる。あとは本も読むようにしている。
そうやってインプットした知識から、新しいテクノロジーやタッチポイントをどう活かすかの考え方を鍛えることも意識してるかな。


清水:違う業界の人がどう考えるのかとか、自分とは異なる視点を持った人がどう考えるのかとかも大事ですよね。

神田:そう!全然価値観が違う人とコミュニケーションをとるようにしてる。
たとえば、ある動画を面白いと思う人と、そうでない人がいた場合、なんでこの人はこう思うんだろう?って「なんで?」をたくさん考えるクセは大事かもね。
それを繰り返していると、自分の中に色んな人格を作れるようになってきて、「あの人だったら面白いって言ってくれるかな」って考えられるようになる。

谷口:自分の中に色んな人格!? 僕も今から広告を作る裏側についてしっかり学びつつも、プライベートでは逆に深く考えすぎずにユーザー目線で触れてみたり、友人にも感想を聞いてみたりするクセは今から意識しておこうと思います。両方の面が必要だということですね。

清水:そうそう、自分の感性の部分は日々の努力というか、ユーザーとしての体験を忘れないことで得られるものだと思うよ。ユーザーとしての自分と、作り手としての自分は分けて考える必要があるよね。

谷口:難しそうですね…。僕も自分の中に色んな人格を持てるようになりたいです (笑)

電通アイソバーは先輩たちがチャンスをたくさんくれる環境

谷口:おふたりは、1年目と比べて「できること」はどれぐらい変わってきましたか?

神田:任される業務の内容と量、それからアウトプットの質が変わってきたと思う。
たとえば、案件のためにペルソナ(※1)やカスタマージャーニー(※2)を作るとなったとき、1~2年目まで任せてもらっていたのはデータ集約とか、指示に従った情報の取捨選択がメインだった。
でも、いまは「こういう目的でペルソナを作る」というお題を私自身にもらって、そこから自分で設計していくことが増えたな。自分でデータを集めて、自分なりに考察して、ターゲットはこういう人だからその人たちはこういう動きをする、という仮説をたてるところまで今はできてきているのは成長だと思う。

谷口:3年目でそこまで行けるものなんですか? ちょっと自信ない……

神田:いや、私もまだまだ発展途上だよ…! だけど、同じ部署の先輩たちが温かく見守りつつ、私が成長する機会を与えてくれたからこそ、「もっと独り立ちせねば」と思えたことは大きかったかも。電通アイソバーは先輩たちがチャンスや裁量をたくさんくれる環境ではあるかもしれないね。

谷口:清水さんは1年目と2年目の変化はいかがでしたか?

清水:神田さんと一緒で、求められる成果の質が変わってきたのは感じるな。1年目は自分ひとりでアウトプットを出さなければいけないことは少なくて、アシスタントとしての業務が多かったんだけど、2年目になってからは自分ひとりで資料を作ることも多くなって。最初の頃は先輩が作った資料と自分の資料を比べて、そのクオリティの差に悔しい思いをすることばっかりだったけどね。

あとは、イベントの立会いでも1年目の自分は本当に「ただ立っているだけ」で終わってしまったりして。自分にもできることがあるはずなのにって何度も悔しい気持ちになったけど、そんな体験を経て「今の私には何ができるだろう」って事前に考えてからイベントなどの立会いに行くようになったのは成長できたことかも。

※1「ペルソナ」:ラテン語で「仮面」という意味の言葉。ここでは、広告制作のプランニング過程で仮定するユーザーの性別や年齢、趣味嗜好などの設定を指す。

※2「カスタマージャーニー」:顧客がどのような体験をするのか、仮のストーリーを作ること。接触した広告の種類や顧客の性別、趣味嗜好によって体験は違ってくるので、それらをまとめたものを「カスタマージャーニーマップ」と呼ぶ。

自分自身がつねに「1人のカスタマー」であることを忘れない

谷口:今、1年目の時をふりかえって、「こうしておけばよかった」というようなことはありますか?

神田:んー……。あれ?意外にない!(笑) 一生懸命頑張ってきたしなぁ…

清水:本当ですか?!すごい!

私は1年目の時にもっと社内の人とコミュニケーションをとっておけばよかったなと。なぜか自分で解決しようと強がってしまったり、遠慮してしまったりしていた部分もあって、もっと先輩に頼ったり、すぐに相談しておくべきだったと反省してる。

谷口:それは2年目になってからは解消されたんですか?

清水:そうだね、先輩に相談しないで自分でやってしまった結果、自分の仕事がムダになることがあったり、先輩の時間を無駄にしてしまうこともあって、それはいけないなと反省した結果かな。
作業に入る前に細かく確認しておくことの大切さを実感した。先に確認しておいた方がスムーズに仕事ができるっていう当たり前のことにも気づけたし。

神田:あ、「1年目にこうしておけばよかった」ことありました!(笑)
もっと自分で経験して自分の足で情報収集をすべきだったなと実感してて…。今、ある飲食チェーンの仕事をしているんだけどね、先輩が現地調査やフィールドワークをすごく重視する方で、その先輩と共に私は毎日同じものを食べてるの(笑)
それまで私は、調査といえばデスクに座った状態で上がってきた情報をもとに仮説をたてることばかりだったんだけど、毎日お店を巡って「どんな人が来ているのか」「何を食べているのか」「どんなクーポンを使っているのか」みたいなことを現地で感じると、資料を見るだけではわからないカスタマーエクスペリエンスが見えてくるのが楽しくて!
1年目の時からそのマインドを持っておくべきだったなー、と思う。

清水:肌感による考察は大事ですよね。私も1年目もっと動けばよかったと思っています。

谷口:なるほど〜。僕はデスクでの作業も多いので、もっと自分が体験することを重視したほうがいいですね。

先輩社員ふたりの、これからのチャレンジは?

谷口:おふたりは今後、どういうことにチャレンジしていきたいですか?

神田:今までの業務では、調査したデータをもとに「ユーザーは何を求めているのか?」を探すことが多かったんだけど、今はそれらの課題について、「解決するためにはどうすべきなのか?」の知見が足りてないなと感じてて、そこをもっと強くしたいかな。
たとえば、クライアントの売り上げが落ちている原因を推測することはできても、そこからどのような広告を打てばいいのか、どんなウェブデザインが必要なのかっていうような提案が、まだできない。今後はそういった提案業務にも積極的に関わっていきたいと思ってる。

清水:私は学生の頃からインタラクション(=双方向)デザインをやりたいと思って電通アイソバーに入社しんだけど、この領域での仕事を増やしたい。
とりあえず、目の前にある挑戦はSNSと音楽フェスでユーザーとブランドが双方向にコミュニケーションする仕掛けを実現させることかな。今まで経験してきたこと、学んできたことも活用できたらいいなと思います。

3人の「______ without Limits.」

谷口:最後になりますが、おふたりの「_____without limits」を教えてください。

神田:「遊びごころwithout limits」。デスクに座って調べものをすることが多かったけど、フィールドワークや先輩との何気ない会話から「それいいね!」とアイディアが浮かぶことも多くて。だからもっと心の余裕とか、遊び心のある方が良いアイディアが浮かぶんじゃないかなと実感してます!

清水:私は、「Learning without limits」。“study”と悩んだんですけど、学問的な意味の“study”よりも、日常的に自分もユーザーとして人と話したこと、見たこと、体験したことを吸収するという意味で“learning”にしました。

谷口:ありがとうございます!
僕なら何だろう……「努力 without limits」かな。初めてやる仕事も多いし、まだまだできないことも多いのですが、今後努力して先輩たちのように一人前になれるように頑張りたいと思います。

神田:色々話してきたけど、今日の話を明日から自分の業務にどのように生かしていこうと思ってる?

谷口:日報みたいな質問ですね(笑)
僕はまだ広告業界に染まり切っていない部分もあるので、ユーザー目線を残しつつ、広告業界の裏側も知りつつ、両方の気持ちを忘れないように頑張っていきたいと思います。

清水:うーん、素晴らしい!一緒にがんばろ!

谷口:はい!ありがとうございました!

自分の新しい一面を発見できる成長環境

1年目の谷口が、2年目・3年目社員にインタビューしたこの企画、いかがだったでしょうか?
実際に社会に出ないとわからない不安、疑問、そして夢。そんなものが少しでも皆さんに伝わればいいなと思います。

この記事を読んで、あなたの中に新しい疑問や夢が浮かんだのなら、ぜひ説明会や研修の場で電通アイソバーの先輩社員に話してみてくださいね!

電通アイソバー株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more