1
/
5

デザインでお客様の想いをカタチにする~CIデザインにおける情報設計の仕方〜

今回は、デパートの案件内容を少しお見せしながら、デパートのデザイナーが行なっているCIデザインにおける情報設計の仕方をご紹介します。

ご紹介するのは、弊社の関連会社である「株式会社GLITTERS」のロゴデザイン・コーポレートサイトの制作及びブランディング提案の案件です。

その中の「CIデザイン」について、担当デザイナーの伊藤にインタビューをいたしました。



ーーGLITTERSからどのようなご要望を頂いたのでしょうか。

「株式会社GLITTERS」のロゴデザイン・コーポレートサイトの制作及び、ブランディング提案をご依頼頂きました。

その中で、僕はCIデザインの制作を担当しました。

初回の打合せの際、GLITTERSより、事業内容・企業理念・社名等について、どのような意味が込められているのか、会社の目指す方向性などを直接お伺いしました。

それらの話を踏まえて、ロゴデザインを提案して欲しいとのことでしたので、具体的なご要望はありませんでした。


ーーどのようにCIデザインを行っていったのか、教えてください。

最初、社名である「GLITTERS」に焦点をあて、「輝く」というキーワードから、数種類のロゴデザインを制作しました。

しかし、制作したロゴデザインを見返してみると、少し抽象的に感じました。何故なら、キーワードから探求してしまったことにより、株式会社GLITTERSの本質が見えなかったからです。

社内のアートディレクターと話し合い、事業内容や企業理念等、ヒアリングした情報を整理しながら組み立てる、「情報設計」が重要だという結論に至り、方向転換しました。

まずは、わたしたちデパートの制作チームが達成したいことを、改めて考えました。

それは、「ロゴの作成」と「ロゴを通してGLITTERSのブランドイメージを明確にする」ことです。その為には、まず”GLITTERSが何か”を明確にする必要があるので、その「何か」を可視化することから始めました。



ヒアリングで頂いた「社名の由来」「企業理念」「企業VISION」「行動指針」の情報をすべてまとめると、「GLITTERSと出会うことで素晴らしい経歴・経験を重ね、個々が才能や個性を発揮し、キラキラと輝く。その実現のため、あらゆる可能性を探し続ける。」というのが本質なのではないかという結論に至りました。最終的に、GLITTERSとは「誰もが輝きだす企業」というテーマにたどり着きました。

「輝く」でもなく「輝かせる」でもなく、個々がGLITTERSと出会うことで自ら「輝きだす」。その輝きだす過程を可視化するストーリーを仮説し、ロゴデザインに込めました。

また、全部で3つのストーリーとロゴデザインを制作し、GLITTERSの思い描いているイメージにより近しいものを探求しました。


ーー制作した3つのストーリーとロゴデザインの詳細を教えてください。

まず1案目が、GLITTERSとの出会いを表現し、お互いの色が混ざることにより、勢いが増し、自らが輝きだすというストーリーです。
光りをイメージしたイエローと、フレッシュな人材をイメージしたブルーが重なり合うことで、異なった色のグリーンが現れるというものです。



ロゴデザインは、キラキラ輝くという2つのキラメキを、それぞれ「GLITTERS」と「人材」にたとえ、「i」の文字を人に見立てることで重なり合う出会いを表現しました。

また、全体のフィルムは勢いを表現するため傾斜を付け、躍動感をだしつつもシンプルに仕上げました。



2案目は、「光り輝く」という言葉から宝石に結び付け、GLITTERSと出会うことで石の中に埋もれていた原石が磨かれ、輝きだすというストーリーです。



ロゴデザインは、石の中に埋もれていた原石が取り出され、輝きだす過程を抽象化しました。また、ロゴには「G」「L」「I」のアルファベットを重ねた形にもなっています。

ロゴデザインで使用しているエメラルド色には、希望や幸福といった宝石言葉が込められているので、適していると思い採用しました。


3案目は、GLITTERSの「グリッ」という響きからねじる・ひねる動作を連想し、物事の角度を変えることで、自身が持っていた魅力を再発見し、輝きだすというストーリーです。

ロゴデザインは、ストーリーの説明と被りますが、GLITTERSの「G」の文字をねじることにより、上にむけたベクトルを表現しています。

色は光をイメージしたイエローを使用するなど、全体的に線画タッチのポップな印象に仕上げ、様々なあしらいに展開できるようにしました。
今考えるとおかしな発想から出たアイディアだったなと思いますが、これを考えているときは必死だったので(笑)。寝ても冷めてもGLITTERSのロゴのことを考えており、苦しみながら生み出した1つの案ですね。

最終的には今の3件をご提案させて頂きましたが、他にも色々と作成しました。



ーー決定案と、その理由について教えてください。

実際に採用して頂いたのは、2案目として紹介した、石の中に埋もれていた原石が磨かれて輝くというストーリーのロゴデザインです。この提案が、GLITTERSの想いにマッチしたかと思います。

また、ロゴに使用しているエメラルド色を調べている際、他の宝石もそれぞれ素敵な宝石言葉があることを知りました。人それぞれ個性があり、違った輝き方をする原石、という意味で名刺は全部で4色デザインし選べるようにしたのですが、その提案も気に入って頂きました。

一つ一つのデザインに理由がある上で、提案出来たのが良かったのではないかと思います。


ーー情報設計をすることで、デザインに対する考え方は変わりましたか?

頂いた情報というのは元々整理されているので、もう一度整理を行う必要があるのかと、以前は思うこともありました。

しかし、一度細分化し改めて組み立て直すことで、より本質を理解し、お客様に対する想いも深まったと感じました。そこを理解せずにデザインしてしまうと、自分自身もどのデザインがベストなのか自信を持って提案できません。

お客様から頂いた情報をより深く探求することで、最適なデザインを制作することが出来ると感じました。


ーーデザインを考える上で、重視していることを教えてください。

デザインというのは、どうしても感覚的な部分で成り立ってしまいがちですが、しっかりと設計し、理由や根拠がデザインの意味に繋がるよう、心がけることが大切だと思います。

例えば、感覚的に作成してしまうと、お客様がロゴデザインの理由を聞かれた際に、根拠がないため説明できません。

もちろん、「素敵だから」「かっこよかったから」では通用しません。

探求した提案をできるということが、より求められるCIデザインと思うので、これからもお客様に満足して頂けるデザインを制作していきたいです。


――デザイナーという仕事をしていて、難しいと感じることを教えてください。

デザインというのは完成した時点でお客様にお見せするので、その時点でお客様とのズレが生じてしまうことも、やはりあります。

それが感覚的に異なる場合や、理論的に異なる場合もあります。

ただ、その部分が異なっていたとしても、しっかりと設計し根拠があれば、方向性を改めて認識することができるし、よい方向へと繋げることもできます。

その為には、事前にお客様から頂く情報であったり、ディレクターとの連携やヒアリングが重要になると思います。


ーー伊藤さんは、なぜデザイナーを続けているのでしょうか。

世の中はデザインされたもので溢れていますが、よいデザインに見た時・触れた時に、心が動くんですよね。社会に貢献するなら、僕のデザインを通して、1人でも多くの人の心が動いたらいいなと思っています。

また、デザインを通してお客様に喜んで頂いたり、結果に繋がり、貢献できたら嬉しいです。

株式会社デパート's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more