3年間勤めた広告代理店を辞めて、男だらけのスタートアップに入社しました

3月2日、トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社に、初の女性社員が入社しました。

社員は男性のみ。渋谷のオフィスはさながら部室。そして社員の口からは「おしっこ」「うんこ」という単語が頻繁に出てくる。それもそのはず、Triple W は、排泄のタイミングを予知する世界初のデバイス『DFree』を作っているからです。普段の会話では話しづらい「排泄」に関する会社になぜ入社を決めたのか?

その理由とこれからについて、Triple W 初の女性社員、齊藤美和子にインタビューしました。


・ 過敏性腸症候群だった中学生時代

突然ですが、急な便意で気を失いかけたことはありますか?

中学生時代「過敏性腸症候群」だった齊藤は、突然の便意に襲われ、失神しかけたことが何度もありました。



「冷や汗は止まらないし、目の前は砂嵐みたいでした。そんな状態でフラフラになりながら這うみたいにトイレに行くんですが、すぐそばにあるはずなのに果てしなく遠く感じてまるで地獄でした!」

今でこそ「図太くなった」(本人談)齊藤ですが、中学生という多感な時期に排泄に苦しまされた経験もあり、「DFree」を初めてニュースで知った時「これはすごい!」と純粋に驚いたと言います。


※過敏性腸症候群…

 主として大腸の運動および分泌機能の低下により起こる病気の総称。日本人のおよそ10人に1人が罹患しているといわれている。ストレスの多い先進国に多い病気である。

・入社前、そして面接で感じ取った違和感。もしやこれは…


 齊藤は大学卒業後すぐにとある広告代理店に入社しました。目の前の仕事を必死でこなす日々に少しずつ、心が削られている感覚があったそうです。そんな中、長時間労働や過労死が大きくメディアに取り上げられ、きっかけとなった事件の舞台が広告代理店だったこともあり齊藤は転職を決意します。

「もともと前職で医療事務に携わった経験もあったので、ヘルスケアの分野に対しては関心がありました。色々な会社の募集を見ていたら、Triple Wの求人を見つけて…。『あ!前にニュースで見たところだ!』と思ってすぐに応募しちゃいました」

しかし面接を受けに来た齊藤は、ある違和感を覚えました。

靴箱に並ぶ大きな靴。殺風景なオフィス。チラッと見えた社内には、女性の影は全くなし…。

そう、当時のTriple W には男性社員しかいませんでした。

・男くさい空間で三日間のインターン

男性ばかりのオフィスに幾何の不安を感じつつも、一旦は3日間のインターンをすることに。

オフィスの机には一般的なオフィス風景にはそぐわないドライバーや謎の工具、電子機器がいたるところにあったり、ひとたび社長が出先から戻ると急に柔道部のような雰囲気になったりと、男所帯な雰囲気に最初は戸惑うこともあったそうです。



「でも、戸惑ってたのは最初だけで一緒にランチをしたり、ダイパー会長(社内で飼われているハムスター)について話したりしているうちにすぐに打ち解けることができました。一番印象的だったのはDFreeのデモ機が届いたときですね。本当に全員が心の底から喜んでる姿を見て『この輪の中に入りたいな』と自然と思えました」

インターン中には実際に導入を進めている介護施設にも足を運び、そこで聞いた「失禁してしまうのが申し訳ない」「テレビで見て使いたいと思っていた」という高齢者の方の声に、必要性とやりがいを実感したと語ります。

・入社の決め手は「10分後にうんこが出ます」

3日間のインターンを終えた齊藤にとって、入社の最後の決め手となったのは意外にも社長の著書『10分後にうんこが出ます』だったそうです。

「3日間とはいえメンバーと一緒に働いて、実際に利用されている介護施設に行くことで利用者の方々の生の声を聴くことで、Triple Wで働くことに対してすごく前向きではあったんですが、社長の本を読んでここにいたるまでの困難や葛藤、そして喜びを知ったことで入社を決めました!」

著書では排泄予知のアイディアを思いつくきっかけとなった「うんこお漏らし事件」や、まるで少年漫画のように次々と仲間を巻き込み「DFree」の開発を実現していく過程が描かれており、『DFree』、そしてTriple Wをより深く知れたと齊藤は言います。




※「10分後にうんこが出ます−排泄予知デバイス開発物語」新潮社より絶賛発売中!(¥1,404/税込)


・ 今、そしてこれから・・・

現在、発送や問い合わせ対応、社内環境整備、経理等、さながら「御用聞き」のように前職とはほとんど関係のない仕事を担当している齊藤ですが、新しい経験に対して毎日貪欲に取り組んでいるそうです。

そして今後のキャリアプランについてこう語ります。

「今後は介護施設での導入やその後のアフターケアなど、現場に寄り添ったサポートもできるようになりたいと思っています。また、海外からの問い合わせも多いので、その対応もできるよう英語を勉強中です!」

そして最後に、

「男くさい会社ですが、いいものを作って、世の中に広めよう!というガッツが毎日感じられる、とても楽しい会社です!」

ととびきりの笑顔で締めくくってくれました。


DFreeは、今月から介護施設向けへの販売開始が予定されており、現在、Triple Wではさらに業務を拡大していくために多くの人員を募集しています。

排泄予知デバイスで共に世界を変えていく仲間をお待ちしています!

少しでも気になった方はまずはお気軽にご連絡ください。

トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社's job postings
Anonymous
392f1687 2b5b 416f a995 d212bc969665?1532656509
12961664 1077979108932330 1494127521962809691 n
Picture?1523221365
Picture?height=40&width=40
998365 486953698047437 1911445740 n
18 Likes
Anonymous
392f1687 2b5b 416f a995 d212bc969665?1532656509
12961664 1077979108932330 1494127521962809691 n
Picture?1523221365
Picture?height=40&width=40
998365 486953698047437 1911445740 n
18 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon