突き抜けたい人たち座談会(前編)

「突き抜けたい人、募集。」に応募して、2017年4月から入社に至った新入社員・4名に、座談会を行っていただきました!ざっくばらんに、転職理由や、入社した感想について語ります。    

左より青木(東京本校配属)、石野(STUDIO新宿配属)、坂上(東京本校配属)、佐野(大学院配属)


Q.デジハリを初めて知ったのはいつ?

(青木) 前職の時、そろそろ何か新しいことを始めたいなと思って、手に職をつけるためにWebデザイナーの学校を探し始めた。それでデジタルハリウッドSTUDIO京都校を見つけて、学生として入学したのが、デジハリを最初に知ったきっかけです。


(佐野) なんか、面接の答えみたいだな(笑) 青木くんと石野さんは、デジハリの学生から社員になったパターンだよね。


(石野) そう。私は前職が印刷会社だったから、営業の切り口としてデザインの話が必要だった。自分の仕事のスキルアップのために、デジハリに学生として入学したのが最初のきっかけ。


(佐野) 僕は、まったく接点のない状態から入社した感じ。初めて知ったのは、高校の、受験の時。

(坂上) 模試ね!

(佐野) そう。「模試の志望校に、ふざけてデジタルハリウッド大学の名前を書く人がたくさんいて、偏差値が とんでもないほど高くなってる」っていう、あの現象で知った。

(坂上) 私が初めて知ったのは、忘れもしない2016年12月19日。

(石野)よく覚えてるね!

(坂上) 家でのんびりしてた時、『ニュースZERO』に、いきなりデジハリが出てきて。東京国際プロジェクションマッピングアワードの特集で、最優秀賞を取ったのがデジタルハリウッド大学の学生だったの。「こんな大学知らない!」と思って、そこからWebで調べて、デジハリの採用情報を見つけた。

▲東京プロジェクションマッピングアワードで最優秀賞を獲得した、本学学生の作品「Overframe」

(青木)運命的な。

(坂上)うん。私は新卒入社だから、そのころちょうど就活中で、教育関連の企業を探してた。それで、デジハリのWebを見て、「自分が探していた就職先とめっちゃ合ってるじゃん!」て、なんか運命を感じた。


●転職しようと思った理由は?

(佐野)僕は前職が代理店で、デジハリと同じようにプログラミング教育をやってたんだけど、イベントの当日だけしか受講生と付き合いがなかった。もっと人が学んでいく姿を見ながら、どういう風に変化していくのか知りたい、教育をやりたい!と思ったのが志望動機。


(石野) なるほど。私は、デジハリはモチベーションの高い人が多いと思ったから。どこの企業でも、社員さんは表向きみんないい顔してるでしょ!でもデジハリは、学生の姿を見ても本当に頑張ってる人たちがたくさんいた。やる気が高い人たちといると、自分もやる気が出る。だからモチベーションの高い人たちと一緒に仕事がしたいと思ったのが、転職の理由。

(青木) 僕の場合は、前職が船の業界なんだけど、なかなか進歩がゆっくりだなと思ってしまった。もっと前衛的なことをバリバリやっていきたいなと思って、転職を決めた。


●どうしてデジタルハリウッドを選んだの?


(佐野)単純に面白そうだと思った。

(青木)うん。学生として通っていても面白かった。

(坂上)私はもともとデジハリを知らなかったけど、『ニュースZERO』の数分の間だけで、これは絶対おもしろそうじゃん、と思った。そもそもカタカナの大学って無いし、Webサイト開いたときもインパクトが凄かった。『バカにされよう。世界を変えよう』って書いてあって、野性的で、他とは違う香りがした。自分の直感を信じて、応募した。


(石野)インパクトあるよね。杉山学長とか。

(佐野)大学って言っても、普通の大学とは全然違う。

(石野)私は転職エージェントに登録して転職活動をしたこともあったんだけど、会ったこともない人に会社をすすめられても、私のこと何がわかるの?と思ってしまった(笑)そんな時、たまたまFacebookでデジハリの採用ページを見つけて、「これ、やらなかったらどうする?何も変わらないぜ」と思って、応募締切の日付が変わる直前に応募した。何もやらずにウダウダしている自分を変えたくて。

(佐野)「突き抜けたい人、募集。」っていうメッセージは共感できたよね。これから先の未来を見る感じ。

(坂上)応募しないで後悔するより、ダメ元で応募したら次の経験になる。デジハリ受けてダメだったら、就活やめようと思ってたくらい、ここしかないと思った。


●採用選考はどうでしたか?


(佐野)前職がかなり忙しい会社だったから、面接の時間とか、かなり融通をきかせてもらって助かった。

(坂上)こちらの要望に応じてくれる。お互い寄り合う感じだった。

(佐野)あまりシステマチックではなくて、人がちゃんと見えた。

(青木)デジタルって冷たい印象もあるけど、優しい。それがデジハリらしさだなと思った。


(石野)面接も、圧迫とかでは決してなく、和気あいあいとおしゃべりする感じだった。なんで入社しようと思ったの?とか、普通のやり取り。

(青木)僕は滋賀在住だったから、面接のたびに「本当に東京に来て大丈夫?奥さんも一緒に来るの?」と聞かれた。

(石野)そこまでちゃんと気にしてくれてるんだね。

(佐野)僕も「オタクなの?お金のかかる趣味ばっかりだけど大丈夫?」と心配されて、この面接、新しいなと思った(笑)

(坂上)履歴書って、自分にとって不利益なことは書かないし、今までは趣味もありふれたものを書いてた。でも、デジハリの面接では「最後だから行っちゃえ」と思って、バンドをやっていることを書いた。そしたらそこに注目してくれて、「どんな音楽やってるの?」と話がめっちゃ膨らんだ。最終的には自分のバンドの動画をスマホで流した。

(石野)そうそうないよね。

(佐野)個人の部分を聞かれることが多い。

(石野)最終面接で、自分の知らないことを聞かれて、「何も知識ないです」と正直に答えた。これで不合格だったら、合わなかったんだなと思ったけど、結局、採用していただいた。きれいなことを言うから受かる、とかじゃなくて、この会社は人柄を見ているんだと思った。嘘つかなくてよかった。

(佐野)とりつくろう必要はないよね。僕は最終面接で社長と地下アイドルの話をした。「ライブとか行くの?」みたいな(笑)

(石野)社長はいつもTシャツ着てるよね。アラビア語のやつとか。え、あの人社長?って(笑)


(後編に続く)

デジタルハリウッド株式会社's job postings
Anonymous
18699884 1690139824344333 4739377926079627809 n
11350418 823489537747664 6366121675753477180 n
Picture?1522981477
3 Likes
Anonymous
18699884 1690139824344333 4739377926079627809 n
11350418 823489537747664 6366121675753477180 n
Picture?1522981477
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon