Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

社員インタビュー Vol.4 ディレクター編

合同会社デジリードに入る前

インターネット広告代理店で、10年ほどWebデザイナーとして働いていました。 Webデザイナーだったんですが、沖縄県産品のECサイトも運営していたので、 Web担当自ら農家さんに出向いて、マンゴーやパイナップルを、集荷して梱包して発送、なんて仕事もしてましたけどね(笑) それはそれで、かなり楽しい思い出です。

Webデザイナーとしてのお仕事では、お客様の要望のヒアリングから提案、 デザイン、コーディング、納品まで対応していました。 インターネット広告代理店にいたので、バナー作成やキャンペーンページ、広告用のサイト制作などの広告素材といった、割とニッチな制作に携わることが多かったです。

その環境で学んだことは、いかにユーザーに効果的に特徴や利点を訴求するか、といった部分でかなり今の糧になっている気がします。

現在

これまでの経験を生かして、アプリやウェブを開発する際、 お客様の希望を聞きつつ、更にこちらからの提案もプラスして 形づくっていくといった、設計部分を担当しています。

そして、それを適確にデザイナーやコーダー、開発チームに引き継ぐ、というのが僕の今の仕事ですね。

合同会社デジリードについて

会社自体が皆で立ち上げた小さい会社なので、上下関係や、会社組織というよりも、フラットに自由に、発想し、考えたことを話せるような風通しの良い環境なので、色々なアイディアや提案に繋がるような考え方が出来るようになりました。 こういった、自由な空間はクリエイティブな仕事には最適だと思います。

今後どういうことをしていきたいか

あ、もともと僕、多趣味なんですよ。 ハマったら、とことん追求する性格で。 なんか新しいものにハマったり、人とは違うことをしてみたりするのが好きなんですよね。 それで、今の仕事でも方向性としては、同じで、常に変化を求めてきたような気がします。

技術や情報がどんどん進化していくアプリやウェブ開発というのは、やっぱり僕にとっては魅力的で、 この業界に携わっていく中で、やっぱり、お客様や世の中のニーズを形にしていける設計士になることが使命だと考えるようになったんです。 もともと、設計っていう分野も得意というか、好きですし。

なので、ぼくはアプリやウェブの設計士になろうと思うようになったのは必然だったのかもしれません。 というか、なってみせます!!設計士に、俺はなる!

合同会社デジリードでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=40&width=40
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
2 いいね!
Anonymous
Picture?height=40&width=40
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
2 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon