デジマール株式会社 社員インタビュー File No.5

メンバーインタビュー第5弾は、デジマ―ル事業部で広告運用を担当している松竹 正志(まつたけ ただし)さんにお話を聞いてまいりました。

松竹さんは、ネットワークのセキュリティの領域からデジマ―ルに転職したメンバーです。生まれも育ちも沖縄という松竹さんに、デジマ―ルで働く魅力や働く環境について聞きました。

バンド活動に明け暮れた20代、キャリアを考えIT業界へ

学生時代から音楽を続けていて、仲間と一緒にバンド活動に明け暮れていたという松竹さん。なぜIT業界への転職を考えたのでしょうか。

松竹:20代の頃は、バンド活動をしながら接客のアルバイトをしていました。バンドの仲間がネットワーク系の仕事をしていたこともあり、もともとIT業界には憧れがあったので、その道に進みたいと思うようになりました。

ただ、全く経験がなかったので、ハローワークの職業訓練校に6か月間通って、基本的な知識を身に付けていきました。難しい内容もありましたが、自分に合っていると感じましたし、手に職をつけたいという思いもありました。

その後、東京に本社があるインターネット監視サービス会社の沖縄センターで働くことになりました。クライアントから依頼を受け、違法アップロードの削除申請など、ネットワークの監視業務を担当し、やりがいをもって働いていました。

その会社で4年間経験を積んだ松竹さん。ところが、会社の方針変更で、沖縄センターがなくなることが決定。沖縄を出て県外の拠点に転勤するか、会社を辞めるかを迫られることになります。

松竹:両親もいますし、沖縄を離れることには抵抗がありました。そこで、やむを得ず退職を決めました。その後、ステップアップに繋がる仕事がしたいと探しましたが、仕事を選んでいると、なかなか良い求人が見つからず…。転職活動には苦労をしました。そんな中、ハローワークでたまたまデジマ―ルの求人を見つけたのが、きっかけでした。

応募したところ、たまたま代表の細田が東京から沖縄に出張に来ていたようで、「今日来れますか?」と直接本人から連絡をもらって、すぐ面接に行くことに。その後、トントン拍子で話が進み、入社が決まりました。少人数体制でアットホームな雰囲気が気に入り、自分に合うのではと思いました。それが2018年10月のことです。

前職とはまた違った領域へのキャリアチェンジでしたが、全く心配はなかったそうです。

松竹:パソコンを使った業務ですし、Web業界という意味では前職と同じなので、特に心配はありませんでした。現在は、デジマ―ルでWeb広告運用の業務を担当しています。扱っている商材は、マンション、戸建て、不動産が中心。沖縄のメンバー2,3人でチームを組んで、5~600のアカウントを運用しています。それぞれ期日が決まっているので、モクモクと業務を行いながら、分からないことがあればチャットで聞いて…というように運用の経験を積んでいます。

Web広告運用を担当して1年と少し。1日のタスクややるべきことを早めに終わらせられるよう、業務効率を上げていくことにやりがいを感じていると言います。

松竹:業務効率を上げることで、1人で全ての運用を回すこともできるので、生産性とクオリティを高めることが、やりがいに繋がっていますね。この1年で基本的なことは分かりましたが、この世界はまだまだ奥が深いので、知識の幅を広げていきたいです。前職のネットワークの監視業務はリスクヘッジが中心だったため、Web広告運用には、また違った面白さがあります。

また、デジマ―ルのように「在宅勤務(リモートワーク)OK」という職場環境は初めてだったので、最初は驚いたそうです。

松竹:最初は良いんですかって思いましたね。家が少し遠いので、移動時間を節約できるのが、有難いですね。業務上、近くで仕事をした方が共有しやすいこともあるので、いまは週2日程勤務して、週3日程は自宅で仕事をしています。おかげで、業務にも集中して取り組めています。

今後やりたいことを聞くと、デジマ―ルの中で沖縄の存在意義を高めていきたいという回答でした。これは前職が沖縄センターを撤退したという過去の経験からも思うことのようです。

松竹:ゆくゆくは、沖縄だけで仕事を回せるようにしていきたいですね。いまは、営業は東京が中心ですが、沖縄でも仕事の依頼がもらえるようになれば、より存続価値も高まるのではないかなと思っています。

また、個人的には学生時代から音楽が好きなので、いつかデジマ―ルで音楽系のビジネスもできないかなと思っています。

最後にデジマ―ルの良さと、どんなメンバーがデジマ―ルに合うのかを聞きました。

デジマ―ルの社風は、とてもアットホームで自由。もちろんその分、やるべき仕事を全うする責任はありますが、経験や専門知識が豊富なメンバーが多いので、日々勉強になります。

また、代表の細田は、丁寧で優しくて、仕事の部分でも知識や経験が豊富なので、尊敬している存在です。

チームワークを大切にしたり、お互い補い合ったりしながら、仕事を進めていけるメンバーがデジマ―ルに合っているのではないかと思います。デジマ―ルはまだまだこれからの会社ですが、自分たちで作り上げていけるところが魅力でもあります。優しいメンバーが多いので、一緒に頑張っていきましょう!

デジマールでのデジタルマーケティング業務にご関心のある方は、下記からお気軽にお申し付けください!

https://digimarl.com/recruit/

デジマール株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings