1
/
5

【社員インタビュー】採用・広報担当として、一人ひとりに真剣に向き合いたい

今回はいつも社員にインタビューをしている広報兼採用担当の多田 誠子さんにインタビューしました。
多田さんは中途入社のため、他社と比較した当社の特徴や、社員の雰囲気について、具体的に教えていただきました。
当社のリアルな社風が少しでも伝われば幸いです。

一人ひとりに真剣に向き合える人でありたい。

-まずは多田さん自身についてお伺いしたいと思います。これまでアパレル業界の店長などを経験している多田さんですが、なぜ当社で働くことを選んだのですか?

いろいろなことを経験した結果、長くしっかりと人と向き合える仕事がしたいと思い、人事系の職種で仕事を探していました。
人事系の職種で複数の企業の面接に行きましたが、ディマージシェアほど私自身に向き合ってくれる会社はありませんでした。
多くの会社は「人事」という役割に対して、必要十分かという視点での質問でしたが、ディマージシェアの面接はそれに加えて、なぜやりたいか?なぜそう思うか?等、私のバックボーンを深く聞いてくださいました。
面接でそこまで向き合ってくれる会社なら、どんな仕事でも真剣に一人ひとりと向き合うことを歓迎してくれると確信して、入社を決めました。

-実際に入ってみてどうでしたか?ギャップなどはありませんでしたか?

私は広報と採用を担う役割ですが、どちらも職務経験はなく、中途入社とはいえ未経験でした。
中途として入社した以上、すぐに自走し、成果を出すことが重要だと、力んで出社したのを覚えています。
自走し、成果を出すというのは当然ですが、思っていた以上に周りに人が一緒に考えてくれるので、それがギャップでした笑
甘えているわけではないですが、1人で走るより速く走れるので、とてもいい環境だと思っています!

-それでは多田さん自身が仕事をする上で、大切にしていることはありますか?

入社前から変わっていませんが、どんなことでも一人ひとりに対して真剣に向き合うことを大切にしています。
その人が置かれている状況や立場によって、同じ内容でも伝わり方が変わることがあります。
だから、一人ひとりについて理解して、相手に正しく伝わるように伝え方や表情など工夫しています。
採用面接をするときはもちろんですが、広報業務でも、社内での振る舞いでもそうです。

-多田さんが入社してから、社内もさらに明るくなった気がしますが、そんな気配りがしっかり成果につながっているのかもしれないですね。

「優秀であり優しい」、そんな目標になる人が活躍する会社

-ではここから、社風に関するところを伺っていこうと思います。まず端的に表現したいので、漢字一文字で表していただけますか?

いきなり難しい質問ですね笑
あえて一つに絞るならば、「優」だと思います!
上述のとおりですが、親身になって一緒に考えてくれるような物腰が柔らな優しい人が多い印象を持っています。
そして当社は9割がエンジニアの方ですが、優れた技術力を持っている印象も強いです。
当社の規模感に比べて、自社製品の拡張性や開発実績等が圧倒的に高いのがそれを物語っていると思います。
広報という立場上、記者さんなどの外部の方とお話をすることも多いですが、当社の製品や開発実績をお話する時に鼻高々です笑

-エンジニアの方はどのような人柄の方が多い印象を持っていますか?

最初は物静かな人が多いなぁという印象でした。
でも話してみると、とても丁寧で優しくて、何より話が面白いです。
あと内なる闘志というかプロ意識を持たれていることが、ひしひしと伝わってきます。

-その中でも活躍している人に共通した特徴はありますか?

確実に共通しているのは、謙虚で誠実な人です。
顧客に対しては当然ですが、社内に対しても同じように謙虚で誠実な対応をしてくれるのです。
どんなに技術力が高くても謙虚な姿勢を保っているので、職種は違えど、私自身もそうなりたいと思ってしまいます。

-最後に意気込みをお願いします。

ガンガン発信していきたいと思います!
小学生っぽいですね笑

職種柄、情報を発信する機会がすごく多いですが、もっともっと相手のことを思いやって、一人ひとりに合うような情報発信を心がけてきたいです。
そして当社のことを知らなかった人にも、「広告やアドテクだったらディマージシェア」と言ってもらえるようにしたいと思っています。

-ありがとうございました!

株式会社ディマージシェア's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more