1
/
5

【社員インタビュー】インフラの変革期だからこそ、技術力も追求し続ける必要がある

ー当社でもやや珍しいポジションを担当されている小出さんにお話を聞いていこうと思います。まずは、自己紹介をお願いします。

2012年に新卒で入社して、現在、ITストラテジーにて案件横串の技術支援をしています。
現在は、特に私の得意領域であるインフラ周辺のサポートを複数案件同時に支援しています。インフラ以外でも、各プロジェクトの弱いところを補うのが私のミッションだと持っています。

ー小出さんはずっとインフラ業務を行われてきたんですか?

インフラの比重が多くなったのは最近のことで、入社してからはアプリケーションの受託開発がメインでした。私の当時の感覚では、大手企業の受託開発に長く関わるなかで、インフラにも触れていたというレベルでした。複数案件を担当しているうちに、他の案件を持っている社員からインフラについて相談を受けるようになって、いつの間にか他の人より得意になっていたようです。インフラを含めたシステム全体の構築を行う考え方ができるようになっていたことが、他の案件でも応用できるスキルに変わっていた要因だと思います。


ー蓄えてきた知識がいまに活きているんですね。インフラ業務の魅力とは?

最適な設計ができたときのコストインパクトは開発以上だと思っているので、その影響力の大きさが魅力です。初期に費用が発生するのみアプリケーション開発に対して、インフラの場合はシステム稼働後から継続的にコストが発生するので、お客様も開発費用以上に気にするポイントになっています。
また、AWSやAzureなど日々進化するインフラ技術へのキャッチアップや実践が日常的に行えているので、とてもやりがいに感じています。実際に、数年前まではオンプレで自社サイトも運用していた当社も、時代の推移に伴ってクラウドに移管したところ、インフラコストが10分の1になったんですよ!技術が日々刻々と進化しているように、それだけ可能性がある業務なんだと思います。

ーなるほど。これから技術が進歩すれば、社員の技術力もそれなりに必要になってくるでしょうね。そんな未来を見据えて、これからはどのようにしていきたいですか?

そうですね。今、会社は拡大期を迎えているので、もっと自分ができることを増やしていかないといけないなと思っています。そうすると、さらに全体の業務量も増えていくと思うので、自然と働き方も変えていかないといけなくなるでしょう。
社内インフラの機能も担っている身としては、積極的にリモートワークの促進に取り組んでいきたいです!

ー会社が拡大期に入れば、個人の働き方が変わるのは必然かもしれませんね。現在の当社での働きやすさについてはどのように見ていますか?

資格試験の受験料補助や、図書の購入補助、ワーキンググループという研究活動への補助など、いろいろな角度から積極的に「成長」に関わる支援してくれている手厚い会社というふうに見ています。


ー最後に、当社で活躍している人はどのような方ですか?

3つの人材があげられると思います。当社は一次請けとして顧客と相対する機会が圧倒的に多いので、まずは相手のことを自分事として捉えて行動できる人。次に、技術あるいはコミュニケーションやマネジメントなど、自分の武器を持っている人。武器は、1つの武器を尖らせるでも、複数の武器を持ち合わせてもいいと思いますが、私はどちらかというと後者のタイプですね!最後にあげるのは、どうしたらできるかを常にポジティブに考えて行動できる人。しっかりと情報収集をした上で、その情報を元に手を動かしてみたり、抽象、応用、言語化する必要があると思います。

ー当社の将来に向けての働き方を考えさせられるような時間でした。ありがとうございました!

株式会社ディマージシェア's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more