【社員インタビュー】大型プロジェクトにPMとして関わることで得られるもの

ー今回インタビューするのは、2014年に中途入社され、主に受託開発案件でPMを担当されている加藤さんです。業務内容を具体的に教えてください。

今はWebサイトのリニューアル案件を担当しています。これだけ聞くと簡単そうですが、Webサイトの規模が大きい上に、現行システムを知っている人がお客様側に誰もいないという状態からのスタートでした。そのため現行システムの分析から始まり、そこにお客様の要望を乗せてリニューアルをするという、やりがいのある案件だと感じています。そのなかで、私はPMというポジションですが、2年目の若手社員を抜擢して、この案件を主導してもらっています。彼は入社当時から技術力が高かったので、もっと早く成長してもらいたいという想いを込めての抜擢ですね。

正確性を要求されている中での挑戦

ー若手社員の今後の活躍も楽しみになりますね。現在関わっている案件は、多くの人が知っているような大規模なサービスサイトですが、お客様からはどのような期待を持たれていますか?

お客様は技術の専門家ではないので、ギャップがないようにいかに正確に意図を汲んで作ってくれるかを私たちに期待いただいているように思います。そのため、開発手法もアジャイル開発にしていて、実際のイメージを先に作ってから意見をもらって修正するという進め方にしています。

ーこの案件におけるエンジニアとしての魅力はどのようなところでしょうか。

一人ひとりがしっかりした役割を持って、上流から大きなプロジェクトに関われるところはもちろん、(フロント側:vue.js ElementUI、マイクロサービスアーキテクチャ 等)を積極的に使っているので、そのような新しい技術に興味がある人にとっては、魅力があると思います。今後はiOS・Androidアプリ開発などへの発展も予定しているので、プロジェクトとしても拡大していきます。

ー知識をたくさん吸収できる場面がありそうですね。当社の強みはなんですか?

社長を含めた上位層、配下メンバーとの距離が共に近く、非常に風通しが良いのが強みだと思っています。だからこそ、試したいことをすぐに実行しやすい環境がありますね。普通は新しい技術を入れると立ち上がりが大変で敬遠されますが、それを希望通りに実践できるのは、有難い限りです…!

上位者が自ら動いて良い環境を作りたい

ー加藤さんが働く上で大切にしていることはありますか?

誰もが働いていると目の前のことで一杯一杯になってしまうことも多いと思うので、みんなが働きやすいように時間をコントロールすることです。うまく時間配分ができれば、モチベーションにも直結するんですよ。例えば、プロジェクト期間中に、上位者の私が休みを取ることで、配下メンバーも休みを取りやすい環境を作るなどして、気をつけています。

ー最後に、どのような人が入社してくれたら嬉しいですか?

自分の軸や意思はしっかり持ちつつも、固定概念にとらわれずに変化を受け入れられる柔軟性も兼ね備えている人です。この業界は市場、会社、顧客ともに変化が早いので、自分がやりたいことをやり続けていてはダメなことも多いです。だからこそ、変化に自分の軸をうまく合わせていける人が強いのではないかと思っています。

ー当社ではまさにそんな変化に対応できる方をお待ちしております!ありがとうございました。

株式会社ディマージシェア's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more